送料無料キャンペーン中!

口角炎・口唇炎に効く市販薬を紹介|塗り薬と飲み薬の違いも解説【唇のひび割れ・ただれに】

更新日:

薬剤師監修日:

口唇炎・口角炎は唇の端、または全体に炎症が起きている状態で、ひび割れや唇が切れるなどの症状があらわれます。この記事では、口唇炎や口角炎、唇の荒れやただれに効く市販薬(塗り薬・飲み薬)について解説しています。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
朝比奈 裕介 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 朝比奈 裕介

口唇炎・口角炎とは

口唇炎とは、唇全体に炎症が起きる症状です。唇が全体的に乾燥し、皮がむけたり、ひび割れたり、かゆみがあったりする場合もあります。 

口角炎とは、口角(唇の端)に炎症が起き赤く腫れる症状です。皮がむけたり、唇の端が切れたり、ひび割れたりする場合もあります。

口唇炎と口角炎の違いは?

口角のみに症状が出ているか、唇全体に症状が出ているかが大きな違いですが、一概には判断できません。

口唇炎・口角炎はどちらも市販薬の選び方に違いはありません。ただし、症状の原因によっては市販薬での対処ができない場合もあるため、症状がひどい場合や、市販薬を使用しても治らない場合は病院を受診してください。

 

口唇炎・口角炎に効く市販薬の選び方

口唇炎や口角炎は市販の塗り薬や飲み薬で治療することができます。この記事では、市販薬を選ぶ際の2つのポイントを解説します。

医薬品を選ぶ

パッケージなどに医薬品医薬部外品などの記載がされている市販薬は、添付されている説明文書に効能・効果の欄があり、薬としての効果が証明されています

しかし、医薬部外品は治療ではなく、特定の症状の防止が目的として作られているため、すでに口角炎・口唇炎の症状があらわれている場合には、治療が目的として作られている医薬品に分類される市販薬を選びましょう。

●医薬品と医薬部外品の違い

医薬品

・病気の治療や予防への使用が目的。

医薬部外品

・特定の症状の防止が目的。

・人体に対する作用が緩和なもの。

塗り薬と飲み薬の違い

口唇炎・口角炎に効く塗り薬は原因を問わず、幅広い症状に使いやすい薬です。

対して飲み薬(ビタミン剤)は、ビタミン不足からくる口唇炎・口角炎には有効です。ビタミンB6などが不足すると唇の荒れなどの皮膚トラブルがあらわれます。

ただし、ビタミン剤は効くまでに時間がかかるため、すぐに症状をおさえたい場合は塗り薬との併用がおすすめです。

塗り薬
(リップクリーム)

・原因を問わず使いやすい。

・様々な原因による口唇炎・口角炎に効く。

飲み薬
(ビタミン剤)

・食生活が不規則な方におすすめ。

・ビタミン不足による口唇炎・口角炎に効く。

口唇炎・口角炎に効く市販薬一覧

商品画像 薬の紹介
デンタルピルクリーム

デンタルピルクリーム

・ステロイド成分配合

・炎症(赤み)が強い症状に

チョコラBBプラス

チョコラBBプラス

・飲み薬(ビタミン剤)

・ビタミン不足からくる皮膚トラブルに

口角炎・口唇炎に効く塗り薬

デンタルピルクリーム|ステロイド配合

デンタルピルクリーム 5g(指定第2類医薬品)【指定第二類医薬品】

分類 剤形 メントール

指定第二類医薬品

クリーム(チューブ)

無し

口角炎や口唇炎だけでなく、口内炎や歯肉炎にも使える塗り薬です。クリームを指先や脱脂綿に付けて、患部に塗布します。

デンタルピルクリームに配合されたステロイド成分が患部の炎症(赤み)をおさえ、殺菌消毒成分が細菌の繫殖をおさえ化膿を防ぎます。

 

口角炎・口唇炎に効く飲み薬|ビタミン剤

チョコラBBプラス

チョコラBBプラス 60錠【第三類医薬品】

分類 薬の種類

第三類医薬品

ビタミン剤(飲み薬)

ビタミン不足からくる口唇炎や口角炎、肌荒れやニキビなどの皮膚症状に効果があります。吸収にすぐれた活性型ビタミンB2が、細胞の新陳代謝を助けて皮膚・粘膜の症状を改善します。

 

口唇炎・口角炎にステロイドは使える?

ステロイドは、口唇炎・口角炎による炎症が強い場合には、治療の選択肢のひとつになります。ただし、カンジダやヘルペスなどの感染が炎症の原因になっている場合はステロイドの使用によって悪化してしまうおそれもあるため注意が必要です。

カンジダによる炎症は区別が難しいですが、ヘルペスの場合は唇の周辺に水疱(すいほう)ができるのが特徴です。

過去に病院で口唇ヘルペスの診断を受けた場合は市販薬を使用することができます。口唇ヘルペスの再発に使える市販薬はこちらの記事で紹介しています。

ただし、はじめてヘルペスとみられる症状が現れた場合は市販薬を使用せずに病院を受診してください。

ステロイドとは

ステロイドとは、炎症をおさえる作用がある成分のことです。病院で処方されるロコイドやドルマイシン、リンデロン、ゲンタシンなどの軟膏やクリームもステロイドの塗り薬です。

病院で処方される薬は、医師の診察のもと特定の症状に対して使用します。医師が処方した症状以外に使用することは避けてください。

 

病院へ行く目安|治らない場合は病院へ

唇の炎症がひどいときや、市販薬を使用しても症状の改善がみられない場合は病院を受診してください。また、唇の周辺に水疱(すいほう)がみられる場合は、口唇ヘルペスのおそれがあるため、過去に口唇ヘルペスと診断されたことがない方は市販薬を使用せず病院を受診しましょう。

病院を受診する目安

・唇の炎症がひどい

・市販薬を使用しても症状が改善しない

・唇の周辺に水疱(すいほう)がある

 

口唇炎・口角炎の種類と原因

口唇炎や口角炎の原因は様々です。自身の唇の荒れの原因を理解することで、再発を防止しましょう。

口唇炎・口角炎の種類と原因

・唇をなめる癖(舌なめずり皮膚炎/剥脱性口唇炎)

・乾燥

・感染症(カンジダ/ヘルペス)

・ストレス、疲労、栄養不足

・化粧品などの物理的な刺激(接触性口唇炎) など

唇をなめる癖(舌なめずり皮膚炎/剥脱性口唇炎)

唇をなめると、唇の油分が減り、乾燥しやすくなっていまいます。

唇をなめる癖がついていると炎症が再発する可能性も高いため、癖を直すように意識しましょう。

乾燥

唇が乾燥しやすい方は、保湿効果のあるリップクリームなどを使って保湿し乾燥を防ぎましょう。

感染症(カンジダ/ヘルペス)

カンジダによる炎症は他との区別が難しいですが、市販薬では治療できないため、病院を受診する必要があります。

ヘルペスの場合は、唇の周りに水疱(すいほう)があらわれることが特徴です。過去に病院で口唇ヘルペスと診断されたことがある場合は、再発時に市販薬を使用することができます。

ストレス、疲労、栄養不足

ストレスや疲労によって体の免疫力が落ちると、カンジダ菌による炎症を助長する場合もあります。また、ビタミンB群の不足によっても唇が炎症をおこしやすくなります。

普段から睡眠・休息・栄養をしっかり摂り、免疫力が下がらないようにしましょう。

化粧品などの刺激(接触性口唇炎)

リップクリームや口紅、洗顔料、歯磨き粉、歯科の矯正器具が唇に触れる刺激によって炎症をおこすことがあります。

 

 

 

記事で紹介されている商品一覧

メルマガ登録ですぐに使えるクーポンをGET!

ミナカラのメールマガジンでは、お得なクーポンやセール情報、健康管理に役立つ豆知識を発信中! メルマガの新規登録で、すぐに使える500円OFFクーポンがご利用いただけます! ご登録方法はメールアドレスを入力するだけ! 不要になったら配信停止も簡単です。

ミナカラ マガジンの登録はこちら 通常価格の約59% OFF

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター朝比奈 裕介

看護師歴10年の経験をいかして、『正確でわかりやすい』医療情報の発信をおこないます。ミナカラのライターとして、ヘルスケアがもっと身近で感動的になる世界をつくっていきます。

編集者ページへ
朝比奈 裕介 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • noteで書く noteで書く

関連記事

リップクリームの選び方|医薬品と薬用の違いは?【唇の荒れ・乾燥のケア】

リップクリームは医薬品・医薬部外品(薬用)・化粧品の大きく3つに分けられます。唇の荒れや乾燥、ひび割れ、カサカサやガサガサ、ヒリヒリとした炎症などの症状は医薬品で治療します。また、こういった症状の予防には医薬部外品や化粧品を使用しましょう。この記事では、用途に応じたおすすめのリップクリームについて解説しています。

口唇ヘルペスに効く市販薬|おすすめの選び方や日常生活の注意点を紹介

口唇ヘルペスは市販薬での対処が可能ですが、それは過去に病院で口唇ヘルペスの診断を受けた方に限ります。 初めて口唇ヘルペスらしき症状が出たという方は、まずは病院へ行き、医師の診察を受けるようにしましょう。 この記事では口唇ヘルペスに効く市販薬の紹介、薬の選び方と再発させないための注意点などについて解説しています。

ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。