カルボシステインに市販薬はある?|痰に効く市販薬を解説

更新日:

薬剤師監修日:

カルボシステインは、痰を出しやすくするだけではなく、副鼻腔炎や中耳炎など幅広く使用される処方薬です。カルボシステインに市販薬はあるのかどうか、カルボシステインの成分を含む市販薬を紹介します!

Share

カルボシステインとはどんな薬?

カルボシステインは「気道粘液修復薬」といって、気道粘膜を正常化し痰の流動性を高め、気道から出しやすくする作用があります。

風邪を引いて痰が絡むときや、副鼻腔炎のときに最もよく使われる痰や鼻づまりの切れを良くする薬です。

また、中耳炎のときにもにも使用され、幅広い症状や年齢層に使用されている薬です。

なお、カルボシステインは、「ムコダイン」のジェネリック医薬品で医療機関の処方箋が必要な薬です。成分名は「L-カルボシステイン」です。

カルボシステインの使用方法や気をつけるべきポイントや効果・副作用などはムコダインのこちらの記事で詳しく説明しています。

カルボシステインの作用

去痰、上気道炎(咽頭炎、喉頭炎)、急性気管支炎、気管支喘息、 慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核 ・慢性副鼻腔炎の排膿、中耳炎などの治療に使われます。

症状 カルボシステインの作用
気道に対しては痰の粘度を調整して出しやすくします
慢性気管支炎 気管支粘膜上皮の繊毛細胞の修復を促進します
副鼻腔炎 慢性副鼻腔炎患者の鼻粘膜粘液繊毛輸送機能低下の改善、副鼻腔粘膜障害修復をします
中耳炎 中耳腔 貯留液排泄促進作用、粘膜正常化にします

カルボシステインは薬局で購入できる?

カルボシステインは市販薬として販売されていません。(2018年3月現在)

ただし、「L-カルボシステイン」が以下のような他の成分とともに配合された市販薬は販売されています。

・咳止め成分
・アレルギー性の咳や、鼻水、鼻づまりをおさえる成分
・痰の粘度を下げて出しやすくする成分
・解熱成分

L-カルボシステインが配合された市販薬

以下の自分の症状に合わせて「L-カルボシステイン」が配合された市販薬を選択しましょう。

・痰のみの症状がある方、痰が絡む方
・痰以外に咳や鼻水もある方
・痰以外に熱や咳の症状がある方(総合感冒薬)

痰のみの症状がある方・痰が絡む方

痰が絡んでつらい、とにかく痰を出したい方には、以下の2つの成分が配合された市販薬がおすすめです。

・カルボシステイン
t円ブロムヘキシン塩酸塩

ブロムヘキシン塩酸塩は処方薬の「ビソルボン」と同じ成分です。

気道粘液溶解剤といわれ、気道粘膜などの分泌を増加し、分泌液の酵素で酸性糖蛋白が溶解され痰をやわらかくして、痰を出しやすくします。

ストナ去たんカプセル 18カプセル ムコダインと同じ成分配合 市販薬(第2類医薬品) ※セルフメディケーション税制対象【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

クールワン去たんソフトカプセル【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

去痰CB錠【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

おわりに

病院でよく処方されるカルボシステイン。市販薬としては販売されていませんが、成分「L-カルボシステイン」が配合されたお薬はあります。ご自身の症状によって適切な市販薬を選ぶようにしましょう。

もし、副鼻腔炎、中耳炎の治療でカルボシステインを求められる場合は、病院を受診するようにしてください。市販薬には副鼻腔炎や中耳炎の治療には不要な成分も含まれているものもあり、また、医師の判断でカルボシステインの用量用法が増減されるため適切な治療を受けることをおすすめいたします。

記事で紹介されている商品一覧

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。