顔・目の周りに使える乾燥肌の薬|症状別のおすすめ市販薬

Date:

この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

カサカサ肌・かゆみなど、乾燥肌の症状に合わせておすすめの薬を紹介します。乾燥肌の薬はさまざまな種類が販売されていますが、顔や目の周りに使える薬は限られています。自分の症状に合わせて薬を選択しましょう。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

須永 賢太

須永 賢太_プロフィール画像

顔・目の周りの乾燥肌に市販薬は使える?

カサカサに粉吹いたり、かゆみや赤みがでたり、乾燥肌は誰にでも起こりやすい皮膚トラブルです。特に顔や目の周りは、手足に比べると皮膚が薄く皮脂の分泌が少ないため、乾燥しやすい部位になっています。

乾燥肌の症状が軽い場合には、市販薬で対処することも可能です。

ただし、乾燥肌に使用できる市販薬の中でも、顔と目の周りに使用できる市販薬は比較的少なく、「顔には使用しないこと」「目の周りには使用しないでください」といった注意書きのある市販薬も多くあります。

顔や目の周りに薬を使う場合は、必ず添付文書などで使用可能かどうか確認してから購入しましょう。

ここでは、顔や目の周りに支える市販薬をピックアップして紹介します。

肌がカサカサ乾燥しているとき

乾燥肌には保湿力の高いヘパリン類似物質を配合した保湿剤を使用するのが良いでしょう。

乳液タイプはしっとりとした使用感で伸びも良いです。一方クリームタイプは、乳液タイプよりも油分が多く、高い保湿作用を持っているのが特徴です。

全身に伸びの良い乳液タイプ、より保湿をしっかりしたい部位にはクリームタイプという使いわけもできます。

ヘパリン類似物質 乳状液 50g

ヒフメイド油性クリーム

乾燥によるかゆみがあるとき

乾燥肌の症状のほかに、肌にかゆみがあるときは、ヘパリン類似物質に加えてジフェンヒドラミンやクロタミトンなどのかゆみ止めの成分が入っているヘパソフトプラスなどの市販薬が適しています。

肌に合わない成分がある方

パラベンやアルコールなど肌に合わない成分がある方は、刺激の少ない白色ワセリンを塗り、皮膚を保護しましょう。

白色ワセリンにはヘパリン類似物質のような水分を吸着する作用はなく、油分の膜で水分が蒸発するのを防ぎ、皮膚の保護の役割をします。入浴後は肌が潤いを保っているうちに、できるだけ早く塗りましょう。

普段化粧水を使用している方は、先に水分を補ってから白色ワセリンを使用すると効果的です。

白色ワセリンソフト

日常的に使える保湿剤

医薬品の保湿剤やかゆみ止めは、乾燥肌の症状が改善してしばらくしたら、基本的には使用を中止することが推奨されます。

しかし、予防として、「ヘパリン類似物質」などの保湿成分の入った保湿剤を使いたい方も多いのではないでしょうか。

乾燥肌の予防対策をしたい方は、薬用(医薬部外品)の保湿商品を試すのもひとつの手です。肌の乾燥予防として、毎日の保湿ケアに使用できます。

ヒルドプレミアム50g ヘパリン類似物質 薬用クリーム 医薬部外品

ヘパソフト 薬用 顔ローション 100g【医薬部外品】

保湿成分のヘパリン類似物質、炎症を鎮めるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれた医薬部外品は、医薬品ではないため、ほかの製品よりヘパリン類似物質の配合量は少ないと考えられますが、乾燥予防として長く使うことができる製品です。

乾燥肌の市販薬はいつまで使えば良いの?

乾燥肌の市販薬をどの程度の期間使用して良いかは、症状が改善している場合としていない場合で異なります。

また、保湿成分のみが配合された保湿剤と、保湿成分とかゆみ止め成分の両方が配合された市販薬とでも使用期間が異なります。

ヘパリン類似物質が配合された市販薬

ヘパリン類似物質が配合された市販薬は、少なくとも5〜6日間は使い続けて、様子をみることをおすすめします。

5~6日間の使用を目安として、症状がまったく改善していない場合や、使用中に悪化した場合は、添付文書を持って皮膚科の医師などに相談してください。5~6日間使用して改善が見られたら、しばらく使い続けましょう。

年齢による差や個人差がありますが、肌のターンオーバーには、おおむね14〜50日程度の時間が必要です。

乾燥肌の症状が改善した場合は使用を中止して、乾燥肌の予防に使用できるヘパソフト薬用顔ローションなどの保湿剤に切り替えてください。

また、しばらく使っても治りきらない、症状の改善の停滞がみられる、治ってもすぐに乾燥とジュクジュクした炎症を繰り返すといった場合は、薬の使用を一度中止して、医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

白色ワセリン

白色ワセリンは、皮膚の保護を効能効果としており、特に期間は定められていません。日々のセルフケアに長く使用できる市販薬といえます。

おわりに

乾燥肌は基本的には市販薬でケアすることができます。自分の症状にあった市販薬・保湿ケア商品を選び、肌症状のケアをしてください。

ただし、症状がひどかったり、出血やジュクジュクした炎症を繰り返したりする場合は、別の皮膚疾患のおそれもあるため、一度皮膚科を受信しましょう。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

須永 賢太

(経歴)
  • 昭和薬科大学薬学部薬学科卒業
  • 総合メディカル株式会社 調剤薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
須永 賢太_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。