男性の肌トラブルについて解説|肌荒れの予防法は?

更新日:

薬剤師監修日:

肌トラブルを予防するために男性もしっかりとケアを行う必要があります。この記事では、男性の肌の特徴や肌のタイプを解説するとともに、男性によく起こる肌トラブルや、肌荒れの予防法などについても紹介します。

Edit
山崎 亜主美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 山崎 亜主美
Share

男性の肌の特徴

男性の肌は、女性の肌と比べると皮脂の量が多いことが特徴です。額と鼻筋のラインを指す「Tゾーン」では皮脂が多く分泌されます。そのため、「肌を保湿する必要はない」と認識し、スキンケアをしない男性が少なくありません。

しかし、頬からあごのUゾーン」にかけては、顔の中では皮脂の分泌量が少ない上に、ひげ剃りの影響もあり乾燥しがちなため、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

男性に多い肌トラブル

男性の肌トラブルは主に皮脂の過剰分泌と乾燥が原因で引き起こされます。

ここでは、男性によく現れる2つの肌トラブルとその原因について紹介します。

ニキビ

ニキビは、過剰な皮脂の分泌が過剰によって皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖することで起こります。

皮脂の過剰分泌は、ストレス・食生活の乱れ・睡眠不足などによって亢進されることがあります。また、思春期の男性は、ホルモンバランスが崩れることによってもニキビができやすくなることがあります。

乾燥による肌荒れ

肌のバリア機能は、「角質層」と呼ばれる部分に天然保湿因子や皮脂がバランスよく保たれることで、水分が蒸発しないようにする働きをします。

しかし、誤ったスキンケアや空気の乾燥などが原因でこれらのバランスが崩れると水分が不足し、バリア機能が低下するのです。

バリア機能が低下すると外部からの刺激が皮膚の内部に侵入し、かゆみや湿疹などの肌荒れを引き起こすことがあります。

また、冬場の空気の乾燥、暖房器具の使用による空気の乾燥、入浴後の水分蒸発なども肌が乾燥する原因になることがあります。

肌トラブル・肌荒れを予防するためには?

皮脂の過剰分泌や乾燥による肌トラブル・肌荒れを予防するには、正しいスキンケアを日頃から行う必要があります。

優しく洗顔を行う

洗顔をする際、汚れを落としたいがために力を入れて洗ってしまいがちですが、あまり強くこすってしまうと必要な皮脂まで落ちてしまいます。

洗顔を行うときは、優しく撫でるように洗うだけで十分に汚れを落とすことができます。

はじめにぬるま湯で顔を軽く洗ったあと、しっかりとあわ立てた洗顔料で優しく洗います。

このとき、手のひらと顔の間で泡をころがすようにするとよいでしょう。

泡を洗い流すときにもぬるま湯を使用します。あごの下や髪の生え際に泡が残らないように洗い流しましょう。

タオルで顔を拭くときは、タオルを顔に押し当てるようにして水気を取ってください。力を入れてゴシゴシと拭くと、肌に刺激を与えてしまうため避けましょう。

こまめに保湿を行う

さまざまな肌トラブルの原因となる乾燥を防ぐために、日頃から保湿をこまめに行うことが大切です。化粧水だけでは保湿が足りないと感じる場合は、乳液やクリームも使用すると良いでしょう。

ただし、アルコールなど肌に刺激を与えやすい成分が配合されているものは肌に合わない場合があるため、できるだけ低刺激のものを使用しましょう。

ヘパリン類似物質 乳状液 50g【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ヘパリン類似物質 乳状液は珍しい乳液タイプの保湿剤です。

顔などの敏感な肌にも使用できます。(目や粘膜の周りには使用しないでください。)

ヘパリン類似物質が、皮膚が本来持っている水分保持機能を改善し、皮膚の乾燥を防ぎます。

ヘパリン類似物質 乳状液は、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ヘパリン類似物質が100中0.3g含まれています。アルコール無配合のローションタイプの市販薬です。サラッとした使用感がお好みの方のおすすめです。

ヒゲ剃りは必ずシェービングフォームを使う

カミソリ負けによる肌トラブルを防ぐためには、肌を傷つけずにヒゲを剃る必要があります。そのためには、ヒゲ剃り専用のシェービングフォームを使用しましょう。

何もつけなかったり、通常の洗顔料を使って剃ったりすると、肌への負担が大きくなってしまうため絶対に避けてください。

また、シェービング後は十分に保湿ケアをしましょう。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師山崎 亜主美

(経歴)
  • 明治薬科大学薬学部薬学科卒業
  • 総合メディカル株式会社 調剤薬局
  • 株式会社EPファーマライン DIメディカルコミュニケーター
  • 株式会社ミナカラ/ミナカラ薬局
山崎 亜主美 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。