天候の急変により出荷・配送が通常より大幅に遅延する可能性があります。あらかじめご了承のほどよろしくお願いいたします。

日焼けを早く治すには?正しいアフターケアとおすすめの市販薬

更新日:

薬剤師監修日:

日焼けを早く治すにはどうすればいい?の疑問に答えるべく、日焼けを早く治す正しいアフターケア方法を詳しく解説。サンバーンやサンタンなど、日焼けの種類ごとの治す方法についても紹介。また、日焼けによる肌荒れや色素沈着に効くおすすめの市販薬も紹介。

Edit
山田 真理子 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 山田 真理子
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和
Share

この記事は1年以上前に医療従事者により監修されたものです。情報が古い可能性があります。

日焼けを早く治すには?正しいアフターケア方法

日焼けは、紫外線により皮膚が炎症を起こしている状態です。

日焼けをしたら後に響かせないためにもなるべく早めにアフターケアをすることが大切です。

まずはできるだけ早めに患部を冷やしてください。濡れタオルや市販の冷却シート、氷嚢など冷たいものであれば何でも使用可能です。

また、しっかりと保湿をすることも大切です。日焼けした肌は水分が減っており、皮膚のバリア機能が低下しているので、保湿することで皮膚を守ることができます。

まとめると、日焼けを早く治すアフターケアとしては、冷やして保湿することが重要です。

日焼けの種類ごとの治す方法

日焼けには大きくわけて「サンバーン」と「サンタン」の2種類にわけられます。

「サンバーン」は、紫外線を浴びて赤くなって痛み、重症な場合には水疱や発熱を起こしている日焼けで、「サンタン」は、紫外線から体を守るために作られるメラニンによって皮膚が黒くなる日焼けです。

日焼けの種類ごとの対処法を解説します。

サンバーン|赤いヒリヒリした日焼けを治す方法

赤いヒリヒリとした日焼けは、まだ日焼けして間もなく皮膚が炎症を起こしているため、しっかりと冷却することが大切です。

皮膚を冷やすことで炎症をおさえ、症状が悪化するのを防ぎます。皮膚の冷却とあわせて保湿をすることも有効です。

ただし、症状がひどかったり大きな水ぶくれができているようであれば、セルフケアで対応せずに皮膚科を受診することをおすすめします。

サンタン|日焼けによる色素沈着を治す方法

日焼けによる色素沈着

日焼けをしてから時間が経過し、皮膚に黒い色素沈着の症状が現れている場合は、ビタミンCやL-システインなどを配合した内服薬を使用することが効果的です。

皮膚が黒くなるのは紫外線による刺激でメラニン色素が大量に生成されたことが原因のため、色素沈着を改善するにはメラニン色素の生成を抑制したり、皮膚からの排出を促進したりすることが大切になります。

メラニン色素の生成や排出をするためには、ビタミンCやL-システインなどの成分が有効なため、内服薬で内側からケアしていくことで色素沈着を改善することができます。

日焼けによる肌荒れを治す方法

皮膚は紫外線を浴びることでバリア機能が低下し、角質層から水分が失われやすい状態が続きます。

そのため、日焼け後のケアがうまくできていないと、乾燥や肌荒れのトラブルを起こしやすくなると考えられます。

すでに日焼けによる乾燥や肌荒れがある場合には、保湿効果のある市販薬を使用して、皮膚の状態を整えることで、肌荒れの悪化を防ぐことにつながります。

日焼けによる色素沈着を治す市販薬

日焼けによる色素沈着は、市販薬を使用することで薄く目立たなくすることができます。

市販薬によって、色素沈着の原因であるメラニンの生成を抑制したり、沈着したメラニン色素を体外へ排出する効果が期待できます。

ここでは色素沈着によるしみに効果がある市販薬を紹介します。成分や内容量、服用回数を参考に、自身に合った薬を選びましょう。

ホワイティフル|色素沈着におすすめ

ホワイティフル 180錠【第三類医薬品】

成分 分量(成人1日量)
アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 50mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
30日分 2回

ビタミンCとL-システインが肌に沈着したメラニンを無色化し、新しいメラニンの生成を抑制します。ビタミンB2とB6が肌のターンオーバーを促進し、ビタミンEが血行を良くします。パウチ型で持ち運びやすく、1日2回の服用で済むことが特徴です。

ホワイティフルは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

ハイチオールCホワイティア|シンプル処方

ハイチオールCホワイティア 120錠【第三類医薬品】

成分 分量(成人1日量)
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
パントテン酸カルシウム 30mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
30日分(120錠入) 2回

ビタミンCとL-システインが肌に沈着したメラニンの無色化、新しいメラニンの生成の抑制、肌のターンオーバーの正常化、角質の排出といったさまざまな効果を発揮します。

さらに、パントテン酸が皮膚の健康を維持します。

ビタミンC錠2000クニキチ

ビタミンC錠2000「クニキチ」 320錠【第三類医薬品】

成分 分量(成人1日最大量)
ビタミンCとして 2000mg
リボフラビン(ビタミンB2) 4mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
約26日分(320錠入り・最大服用時) 2〜3回

ビタミンCが過剰に作られたメラニンを無色化します。ビタミンCの1日分配合量が多いのが特徴です。

  • ビタミンCのナトリウム塩を配合して、ビタミンCの酸味を和らげ、胃に対する負担を軽く(胃に優しく)している点も特徴です。

日焼けに効く市販薬

日焼けの症状を改善したいのであれば、日焼けによる肌の炎症をおさえる薬を使用するのも選択肢のひとつです。

パンパス軟膏

メディケア パンパス軟膏 15g【第二類医薬品】

日焼けややけどにより炎症を起こした、ヒリヒリとした肌に効果を発揮する軟膏です。

酸化亜鉛が炎症をおさえて保護し、イソプロピルメチルフェノールが殺菌消毒し、化膿を防ぎます。

また、サリチル酸が角質を軟化し、ヨークレシチンが血行を促進することで治りを早めます。

日焼けによる肌荒れを治す市販薬

日焼けにより肌荒れが生じている場合は、保湿成分を配合した市販薬が有効です。

市販薬の保湿成分の中でも、ヘパリン類似物質は、角質層に水分を補う効果があり、肌荒れや乾燥肌に治療効果を発揮します。また、冬場に起こりやすいしもやけ・あかぎれにも効果があります。

使用感で使いわける

ヘパリン類似物質の市販薬には、乳液タイプやローションタイプ、クリームタイプがあります。

それぞれヘパリン類似物質の含まれる量は同じですが、使用感や皮膚の被覆性が異なります。

使用する部位や時間に応じて、使いやすいヘパリン類似物質の市販薬を選びましょう。

しっとりする使用感が気になる場合には、さっぱりした使用感のローションタイプ、よりしっかり保湿したい場合には、乳液タイプやクリームタイプの使用を検討してみてください。

また、使用感の違いで乳液タイプやローションタイプを日中に使い、夜はクリームタイプで保湿をするという使いわけもできます。

ヘパリン類似物質「JM」|しっとりとした使用感の乳液タイプ

ヘパリン類似物質 乳状液 50g【第二類医薬品】

乳液タイプのヘパリン類似物質は、しっとりとした使用感で伸びも良いため、体全体の保湿に適しています。

HPローション|さっぱりとした使用感のローションタイプ

HPローション 50ml【第二類医薬品】

HPローションは、乳液タイプよりもさっぱりとした使用感のローションタイプです。

乳液タイプのしっとりする使用感が気になる方や、べとつきが気になりやすい日中の顔への使用などに適した市販薬です。

さっぱりした使用感のクリーム:ピアソンHPクリーム

ピアソンHPクリーム【第二類医薬品】

ピアソンHPクリームは、クリームのため、ヒフメイド油性クリームよりもさっぱりとした使用感です。

またヒフメイド油性クリームと同様に部分使いだけでなく、全身の保湿に使用することができます。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師山田 真理子

(経歴)
  • 同志社女子大学薬学部医療薬学科卒業
  • 医療法人徳洲会岸和田徳洲会病院
  • 有限会社わかば薬局
  • 株式会社杏林堂薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
山田 真理子 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

編集者ページへ
島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

肌の日焼け・かぶれによる色素沈着を治す市販薬|薬の選び方も解説

肌に現れる黒ずみは、外的な刺激によって生成されたメラニン色素が肌に沈着してしまうことが原因です。この記事では、日焼け・かぶれによる色素沈着に使える市販薬と、普段の生活の中でできるセルフケアの方法について解説します。また、飲み薬と塗り薬のどちらが良いかについても解説します。

肌の日焼け・かぶれによる色素沈着を治す市販薬|薬の選び方も解説

汗かぶれ(汗あれ)に効く市販薬|ステロイド配合・無配合の塗り薬を紹介

汗かぶれ(汗あれ)には、ステロイドやステロイド以外の抗炎症成分が配合された市販薬を使用するのがよいでしょう。 汗かぶれによるかゆみがある場合は、かゆみ止め成分が配合された市販薬を選びましょう。 汗かぶれに効く市販薬は、症状によって適した成分や剤形が異なるため、ご自身の症状にあった薬を選ぶとよいでしょう。 この記事では汗かぶれに効く市販薬やあせもとの違い、汗かぶれの予防・対策方法などについて解説しています。

汗かぶれ(汗あれ)に効く市販薬|ステロイド配合・無配合の塗り薬を紹介
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。