タイレノールと同じ成分の市販薬|アセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤

更新日:

薬剤師監修日:

タイレノールはアセトアミノフェンが配合されている解熱鎮痛剤です。アセトアミノフェンは胃腸の副作用が比較的少ない成分です。この記事ではタイレノールと同じ成分(アセトアミノフェン)を含む市販薬について解説します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
田所 亜希子 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 田所 亜希子
Share

タイレノールはアセトアミノフェン配合の解熱鎮痛剤

タイレノールは、アセトアミノフェンを有効成分とした薬で、主に脳の中枢神経に作用して熱や痛みをおさえる薬です。イブプロフェンやロキソニンなどのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれる薬のグループに比べ、効果が比較的おだやかな代わりに、胃腸への副作用リスクが比較的少ない薬です。

タイレノールA 10錠【第二類医薬品】

カロナールと同成分配合の市販薬

アセトアミノフェンのみを成分とする処方薬にカロナールがあります。カロナール錠は成分量によって3種類あり、1錠あたりに含まれるアセトアミノフェン量が200mg、300mg、500mgのものがあります。

市販薬であるタイレノールAにはアセトアミノフェンが1錠あたり300mg配合されています。

子供や妊婦はタイレノールを飲めるか?

用法・用量

1回1錠を1日3回まで
続けて飲む場合は4時間以上あける

服用できる年齢 15歳以上
妊娠中の服用 要相談
授乳中の服用 要相談

処方薬のカロナールは赤ちゃんでも服用できる成分ですが、医師の服薬指導が無い市販薬という側面から、タイレノールが服用できる年齢は15歳以上となっています。

15歳未満でアセトアミノフェン配合の解熱鎮痛薬を使用したい場合は、以下で紹介する子供用の市販薬を購入しましょう。

また、妊娠・授乳中の方がタイレノールを服用する場合は医師、薬剤師または登録販売者に相談するようにしましょう。

 

 

タイレノールと同じ成分を含む市販薬

タイレノールは主成分がアセトアミノフェンのみの薬となっており、NSAIDsなどの他成分が含まれていません。タイレノールや処方薬のカロナールと同様に、アセトアミノフェンだけを成分とする市販薬はこちらです。

 

ラックル 12錠(第2類医薬品)【第二類医薬品】

有効成分 特徴

アセトアミノフェン

水に触れるとすぐに溶ける

ラックルは1錠中にアセトアミノフェンを300mg配合しています。

ラックルは水にすぐ溶けるタイプの速溶錠です。口の中で噛み砕くか、軽く口の中で溶かしてから水と一緒に服用してください。

本商品のパッケージには「腰痛 神経痛に早く効く」といった効能が記載されていますが、腰痛や神経痛のみならず、発熱や頭痛時にもお使いいただけます。

子供も飲めるアセトアミノフェン市販薬

タイレノールは15歳未満の服用が禁止されていますが、小児も使えるアセトアミノフェンだけを配合した解熱鎮痛剤はこちらです。

 

バファリンルナJ【第二類医薬品】

有効成分 特徴

アセトアミノフェン

・水なしで飲める

・7歳から使用可能

7歳から大人まで服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが100mg含まれています。

水なしで飲めるチュアブル錠で、フルーツ味のため比較的飲みやすく、小・中・高校生の発熱や頭痛、生理痛にも適しています。

 

 

小児用バファリンC2 16錠(第2類医薬品)【第二類医薬品】

有効成分 特徴

アセトアミノフェン

・小粒の錠剤なので比較的飲みやすい

・フルーツ味

3歳から14歳まで服用でき、1錠中にアセトアミノフェンが33mg含まれています。

有効成分がアセトアミノフェンのみで、眠くなる成分は含まれていません。苦味のないフルーツ味の小粒で、子どもでも比較的服用しやすくなっています。

 

小さなお子様や妊娠中・授乳中の方は、ご自身の体調などによって、服用の際に注意すべき成分が薬に入っている可能性があります。購入の際に薬剤師に相談するのが安心ですが、今回ご紹介した商品の購入先「ミナカラ薬局」では、薬の購入時・購入後に電話やメール、LINEチャットで薬剤師に相談することが可能です。ぜひ活用してください。

タイレノールと同じ成分の市販薬を購入する時の注意点

タイレノールの主成分であるアセトアミノフェンが含まれる市販薬を購入する際は以下の点に注意しましょう。

アセトアミノフェン以外の成分に注意

アセトアミノフェンが含まれる市販薬の中には、NSAIDsなどが含まれる複合剤が存在します。副作用のリスクを考えてNSAIDsなどを避けたい方は、アセトアミノフェン以外の成分も必ず確認するようにしましょう。

服用量に注意

アセトアミノフェンは服用量を誤ると肝機能障害が起こる危険性があります。

効果がなかなか出ないからといって、多量に服用しないよう注意してください。

服用の際は必ず用法・用量を守ってください。

 

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター田所 亜希子

中央大学法学部政治学科出身,株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局

編集者ページへ
田所 亜希子 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

アセトアミノフェン配合の市販薬|カロナールとの違いなど

アセトアミノフェンには、頭痛や生理痛、腰痛、筋肉痛、歯痛などのさまざまな痛みを鎮める鎮痛作用や、発熱時の解熱作用があります。アセトアミノフェンが配合された市販薬には、アセトアミノフェンのみが配合されたものと、アセトアミノフェン+NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)など他の成分も配合されている配合剤があります。この記事では、アセトアミノフェン配合の市販薬やアセトアミノフェンなど解熱鎮痛剤に関するQ&Aなどについてをご紹介ています。

アセトアミノフェン配合の市販薬|カロナールとの違いなど

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬【3回目・4回目接種の備えに】

コロナワクチン接種後の痛みや発熱などの副反応に対して、厚生労働省では市販薬で対処できると公表しています。3回目の追加接種時にも副反応対策として市販薬を準備しておくと安心です。ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ、どの製薬会社のワクチンでも市販薬の選び方に違いはありません。この記事では、痛みや発熱に使用できる解熱鎮痛薬(解熱剤)と、モデルナアームに使える塗り薬について解説しています。

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬【3回目・4回目接種の備えに】
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。