水虫が治らない:水虫と間違えやすい皮膚の病気について

更新日:

薬剤師監修日:

水虫の薬を2週間使用しても症状が良くならない場合は、他の皮膚疾患にかかっている可能性があります。この記事では水虫と間違えやすい皮膚の病気と、それぞれに使用する治療薬について解説します。

Edit
後藤 純 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 後藤 純
田所 亜希子 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 田所 亜希子
Share

この記事は1年以上前に医療従事者により監修されたものです。情報が古い可能性があります。

症状が良くならない方へ:水虫に似た皮膚の病気の可能性

ミナカラの水虫薬「ハイミズムシールEXクリーム」を使用しても症状が良くならない場合、他の皮膚疾患にかかっている可能性があります。皮膚の病気は症状が似ていることが多く、水虫と間違えやすい皮膚疾患には次のものがあります。使用する薬は病気によって異なります。

汗疱(かんぽう)

汗疱は足の裏や手のひら、指の間に小さな水ぶくれができ、かゆみをともないます。その後、皮がめくれて皮膚がガサガサすることもあり、水虫と皮膚症状が非常に似ている病気です。

症状は似ていますが原因は全くの別物で、水虫は白癬菌が原因であるのに対し、汗疱はアレルギー反応が原因と考えられています。ステロイド外用剤で治療するケースが多いです。

接触皮膚炎

人によって原因は異なりますが、衣服との摩擦や汗による刺激、何らかの物質に接触することによるアレルギー反応で炎症が起こる皮膚病です。いわゆる皮膚のかぶれのことですが、かゆみや痛みをともなうことがあります。また、水虫でないのに皮膚に水虫の薬を塗ることによってアレルギー反応が起こり、接触性皮膚炎になる場合もあります。治療にはステロイド外用剤が使用されます。

細菌感染

皮膚にできた傷や湿疹から細菌が感染し、炎症を起こす皮膚疾患です。いわゆる化膿の症状ですが、治療には抗生物質を使用します。

皮脂欠乏性湿疹

冬場の乾燥や洗いすぎが原因で皮膚の表面の脂が少なくなり、乾燥を生じてしまう病気です。かかとがひび割れしたり、皮膚がカサカサして剥がれ落ちます。かゆみをともなうこともあり、カサカサ系の水虫と間違われることが多いです。保湿剤やステロイド外用剤で治療します。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手や足の裏に膿んだ水疱が現れる病気です。皮が向けたり、かゆみがともなうことがあるため、水虫と間違える方も多いです。患者さんの喫煙率が高いというデータもありますが、原因ははっきりとは分かっていません。基本的にはステロイド外用剤で治療をします。

病院を一度受診してみましょう

症状が似ていても、原因が違えば治療方法も異なります。ハイミズムシールを2週間使用しても症状が良くならない方は、他の皮膚疾患にかかっている可能性があるため、一度病院で検査を受けた方が良いでしょう。原因を明確にすれば適切な治療方法が分かります。

また、原因が水虫ではないのに水虫の薬を使い続けると、皮膚の症状が悪化する危険性もあります。薬の使用は中止し、まずは原因特定のために病院を受診しましょう。

宅配で病院の薬を受け取れます!

ミナカラ薬局が提供するオンライン服薬指導は、病院で受け取った処方箋をもとに、病院で処方される薬をご自宅などで受け取ることができるサービスです。

子どもの世話や仕事で忙しく薬局での待ち時間を少しでも減らしたい方、薬局内での二次感染のリスクを減らしたい方におすすめです。

また、ミナカラ薬局のオンライン服薬指導は、各医療機関が行っているオンライン診療(自宅で医師の診察を受けられるサービス)とあわせて利用することが可能です。医師の診察から薬の受け取りまでの全てをご自宅で行うことができます。

感染症を予防するためにも、便利なオンライン服薬指導・オンライン診療を活用しましょう!

▼オンライン診療からオンライン服薬指導までの流れ▼

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師後藤 純

(経歴)
  • 静岡県立大学薬学部薬学科卒業
  • アステラス ファーマ テック株式会社
  • 有限会社わかくさ調剤薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
後藤 純 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター田所 亜希子

中央大学法学部政治学科出身,株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局

田所 亜希子 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。