汗かぶれ(汗あれ)に効く市販薬|ステロイド配合・無配合の塗り薬を紹介

更新日:

薬剤師監修日:

汗かぶれ(汗あれ)には、ステロイドやステロイド以外の抗炎症成分が配合された市販薬を使用するのがよいでしょう。 汗かぶれによるかゆみがある場合は、かゆみ止め成分が配合された市販薬を選びましょう。 汗かぶれに効く市販薬は、症状によって適した成分や剤形が異なるため、ご自身の症状にあった薬を選ぶとよいでしょう。 この記事では汗かぶれに効く市販薬やあせもとの違い、汗かぶれの予防・対策方法などについて解説しています。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
朝比奈 裕介 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 朝比奈 裕介
Share

汗かぶれ(汗あれ)とは?

汗かぶれ(汗あれ)は、汗でふやけた皮膚と洋服などがこすれ合う、汗に含まれる塩分やアンモニアが皮膚を刺激する、ことなどによって起こる皮膚トラブルです。かぶれ症状があらわれている皮膚全体の赤みや、かゆみなどの症状があらわれます。

汗かぶれとあせもとの違い

汗かぶれと似た症状にあせもがあります。

あせもは赤いブツブツが多くみられるなどの特徴が、汗かぶれはかぶれの症状があらわれている皮膚全体が赤くなるなどの特徴があります。ただし、汗かぶれの場合もブツブツの症状があらわれることがあります。

このように、汗かぶれとあせもは症状が似ていて見分けることが難しいため、汗かぶれかどうかの判断が難しい場合は、医師に相談するとよいでしょう。

以下の記事では、あせもの原因やあせもに効く市販薬などについて解説しています。

汗かぶれ(汗あれ)の治し方|市販薬の選び方を紹介

汗かぶれ(汗あれ)ができたときは、市販薬を使用し早めの対処をすることが大切です。

汗かぶれには、ステロイドやステロイド以外の抗炎症成分が配合された市販薬を使用するのがよいでしょう。汗かぶれによるかゆみがある場合は、かゆみ止め成分が配合された市販薬を選びましょう。

また、かゆみがひどい場合には、抗ヒスタミン成分配合の飲み薬も補助的に用いることができます。

アレジンAZ錠【第二類医薬品】

アレジンAZ錠は、アレルギー症状をしずめる第2世代の抗ヒスタミン薬が配合された市販薬です。特にかゆみが気になる場合に、塗り薬と合わせて使うことができます。

ステロイドを使用するときの注意点

ステロイドは赤みやかゆみの原因となる皮膚の炎症をおさえます。

ステロイド配合薬を使用する際は、顔への広範囲の使用を避けましょう。また、市販薬の添付文書に記載された日数を過ぎても症状がよくならない、または悪化するような場合は、市販薬の使用をやめ、病院を受診するようにしましょう。

ステロイドの強さ

ステロイドは薬の強さで5段階にランク分けされています。

市販のステロイドに配合される成分はストロング・ミディアム・ウィークの3つで、ストロングが一番強くウィークが一番弱いです。

また、ステロイド成分のなかには、ステロイド特有の副作用を比較的起こしにくい特性をもっているアンテドラッグタイプがあります。

※アンテドラッグ:皮膚表面の患部で消炎効果を発揮したあと、体内に吸収されると活性が下がる性質の薬

汗かぶれ(汗あれ)に効く市販薬を紹介|ステロイド配合

汗かぶれ(汗あれ)には、ステロイドやステロイド以外の抗炎症成分が配合された市販薬を使用するのがよいでしょう。

汗かぶれによるかゆみがある場合は、かゆみ止め成分が配合された市販薬を選びましょう。

商品画像 特徴
ラシュリアPEクリーム

ラシュリアPEクリーム

・ステロイド配合(ミディアム)

・アンテドラッグ(副作用の少ないステロイド)の市販薬

・かゆみ止め成分配合

・伸びがよく広範囲に塗りやすいクリームタイプ

液体アセムヒ

液体アセムヒ

・ステロイド配合(ミディアム)

・アンテドラッグ(副作用の少ないステロイド)の市販薬

・肌への汗の浸入を防ぐ成分配合

・かゆみ止め成分配合

・手が汚れず塗りやすいスポンジヘッド容器

リンデロンVsクリーム

リンデロンVsクリーム

・ステロイド配合(ストロング)

・伸びがよく塗りやすいクリームタイプ

ラシュリアPEクリーム|ミディアムランク

ラシュリアPEクリーム【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
リドカイン
イソプロピルメチルフェノール
トコフェロール酢酸エステル
クリーム

ラシュリアPEクリームは、ステロイドとかゆみ止め成分、殺菌成分、血行促進成分が配合された市販薬です。

ステロイドが汗かぶれなどによる赤みを、かゆみ止め成分がかゆみをおさえます。また、殺菌成分が患部を殺菌消毒し、血行促進成分が荒れた肌の回復を促します。

クリームタイプのため、伸びがよく広範囲に塗りやすい、という特徴があります。

ラシュリアPEクリームに配合されているプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは、アンテドラッグのステロイド剤であり、ステロイド特有の副作用を比較的起こしにくい特性をもっています。

※アンテドラッグ:皮膚表面の患部で消炎効果を発揮したあと、体内に吸収されると活性が下がる性質の薬

液体アセムヒ|肌への汗の侵入を防ぐ成分配合

液体アセムヒEX【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
ジフェンヒドラミン塩酸塩
l−メントール
タンニン酸
液体

液体アセムヒは、ステロイドとかゆみ止め成分、清涼感を与える成分、肌への汗の侵入を防ぐ成分が配合された市販薬です。

ステロイドが汗かぶれなどによる赤みを、かゆみ止め成分がかゆみをおさえます。また、タンニン酸が肌をひきしめて肌への汗の侵入を防ぎます。スポンジヘッド容器のため、手を汚さずに使用できます。

液体アセムヒに配合されているプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは、アンテドラッグのステロイド剤であり、ステロイド特有の副作用を比較的起こしにくい特性をもっています。

※アンテドラッグ:皮膚表面の患部で消炎効果を発揮したあと、体内に吸収されると活性が下がる性質の薬

リンデロンVsクリーム|ストロングタイプ

リンデロンVsクリーム 10g【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形
ベタメタゾン吉草酸エステル クリーム

リンデロンVsクリームは、有効成分がステロイドのみ配合された市販薬です。

ステロイドが汗かぶれなどによる赤みをおさえます。

リンデロンVsクリーム配合されているステロイドは、市販のステロイドの中でも最も作用が強いストロングタイプに分類されているステロイドです。

なお、湿疹のでている箇所が広範囲(指を含む手のひら2枚分以上)の場合は、市販薬のなかでは最も作用が強い、ストロングタイプのステロイドの使用は適していません。また、ストロングタイプのステロイドを使用する際は、顔面への広範囲の使用、長期連用を避けましょう。

汗かぶれ(汗あれ)に効く市販薬を紹介|ステロイド無配合

ステロイドの使用に抵抗がある方などは、ステロイド無配合の市販薬を使用するとよいでしょう。

商品画像 特徴
オイラックスソフト

オイラックスソフト

・ステロイド無配合

・抗炎症成分配合

・荒れた肌の修復をうながす成分配合

・伸びがよく白残りしにくいクリームタイプ

レスタミンコーワパウダークリーム

レスタミンコーワパウダークリーム

・ステロイド無配合

・抗炎症成分配合

・皮膚表面を保護する成分配合

・パウダー状にサラッとかわくクリームタイプ

デリナースクール

デリナースクール

・ステロイド無配合

・2種類のかゆみ止め成分配合

・清涼感のあるクリームタイプ

・伸びがよく広範囲に塗りやすい

オイラックスソフト|荒れた肌の修復をうながす成分配合

オイラックスソフト 16g【第三類医薬品】

有効成分 剤形
クロタミトン
ジフェンヒドラミン塩酸塩
グリチルレチン酸
アラントイン
イソプロピルメチルフェノール
トコフェロール酢酸エステル
クリーム

オイラックスソフトは、2種類のかゆみ止め成分と抗炎症成分、殺菌成分、血行促進成分などが配合された市販薬です。

抗炎症成分が汗かぶれによる赤みを、2種類のかゆみ止め成分がかゆみをおさえます。また、殺菌成分が雑菌の繁殖をおさえ、血行促進成分が荒れた肌の修復をうながします。

のびがよく、白残りしにくいクリームタイプの塗り薬です。

レスタミンコーワパウダークリーム|皮膚を保護し炎症をおさえる成分配合

レスタミンコーワパウダークリーム【第三類医薬品】

有効成分 剤形
ジフェンヒドラミン塩酸塩
酸化亜鉛
グリチルレチン酸
クリーム

レスタミンコーワパウダークリームは、かゆみ止め成分と抗炎症成分、収れん・保護成分などが配合された市販薬です。

抗炎症成分が汗かぶれなどによる赤みを、かゆみ止め成分がかゆみをおさえます。また、収れん・保護成分が皮膚表面を保護し治りを助けます。

パウダー状にサラッとかわくクリームタイプの塗り薬です。

デリナースクール|清涼感のあるクリームタイプ

デリナースクール【第二類医薬品】

有効成分 剤形
リドカイン
ジフェンヒドラミン塩酸塩
イソプロピルメチルフェノール
トコフェロール酢酸エステル
l-メントール
クリーム

デリナースクールは、2種類のかゆみ止め成分と殺菌成分、血行促進成分、清涼感をもたらす成分が配合された市販薬です。

2種類のかゆみ止め成分が汗かぶれなどによるかゆみを、殺菌成分が雑菌の繁殖をおさえて皮膚を清潔に保ちます。また、血行促進成分が荒れた肌の修復をうながします。

クリームタイプのため、伸びがよく広範囲に塗りやすい、という特徴があります。スーッとした使い心地も特徴の一つです。

汗かぶれ(汗あれ)の原因

汗かぶれ(汗あれ)は、汗でふやけた皮膚と洋服などがこすれ合う、汗に含まれる塩分やアンモニアが皮膚を刺激することに起こる皮膚トラブルです。かぶれ症状があらわれている皮膚全体の赤みや、かゆみなどの症状があらわれます。

汗を拭かないままでいたり、皮膚のバリア機能が低下していたりすると、汗かぶれの症状があらわれやすいです。

汗かぶれがあらわれやすい部位

汗かぶれは、シャツの襟が密着する首回りや、女性の下着で締め付けられる脇の下や胸の下、パンツやズボンで締め付けられるウエスト周りなどにあらわれやすいです。

汗かぶれ(汗あれ)の予防と対策

汗かぶれ(汗あれ)を予防・対策するためには、日常生活でのケアが重要です。

皮膚のバリア機能を高める、汗をかいたままにしないなどして、汗かぶれができにくい環境を整えましょう。

汗をこまめに拭く

汗かぶれの予防・対策には、汗をかいたままにしないことが大切です。

汗をかいたらこまめにふく、市販の汗ふきシートを使って体をふくなどして、汗をかいたままの状態をつくらないようにしましょう。

お風呂上がりに保湿剤を塗る

肌が乾燥していると、皮膚を外的刺激から守るバリア機能が低下し、汗かぶれになるリスクが高くなります。

お風呂上がりには保湿剤を塗って肌を守り、肌が元々持っているバリア機能を高めてあげましょう。

ヘパリン類似物質 乳状液 50g【第二類医薬品】

ヘパリン類似物質 乳状液 「JM」は、処方薬のヒルドイドソフト軟膏と同じヘパリン類似物質を配合した保湿剤です。乾皮症や小児の乾燥性皮ふなどに適応があり、肌が乾燥がちのときに使用することもできます。

伸びが良くて塗りやすい、しっとりなじむ乳液タイプの塗り薬です。ノンステロイド・無香料・無着色で赤ちゃんにも使用できます。

通気性・速乾性の良い衣服を着る

汗かぶれは衣服で身体が締め付けられて、汗がたまりやすい部位に出ることが多いため、体のサイズに合った通気性の良い衣服を着るようにしましょう。

通気性が良い素材には、綿や麻などの天然繊維のものがあります。天然繊維のものは、吸湿性があり、日常の中で発生する汗を吸収するのに適しています。

ただし、運動など大量に汗をかく場合は、綿や麻ではなくポリエステルやナイロンなどの合成繊維などが適していることもあります。合成繊維は、綿や麻などの天然繊維に比べて、軽量かつ速乾性に優れています。

日焼け対策をする

日焼けによって肌がダメージを受けると、皮膚を外的刺激から守るバリア機能が低下し、汗かぶれになるリスクが高くなります。アームカバーや日焼け止めなどで日焼け対策を行い、肌へのダメージを軽減してあげましょう。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。

ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター朝比奈 裕介

看護師歴10年の経験をいかして、『正確でわかりやすい』医療情報の発信をおこないます。ミナカラのライターとして、ヘルスケアがもっと身近で感動的になる世界をつくっていきます。

編集者ページへ
朝比奈 裕介 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。