アゼラスチン塩酸塩の市販薬はある?具体的な薬を紹介

Date:

アゼラスチン塩酸塩錠(アゼプチン)は、花粉症などのアレルギー症状をおさえる第2世代抗ヒスタミン薬です。この記事では、アゼラスチン塩酸塩錠と同じ有効成分を配合した市販薬(OTC医薬品)を紹介するとともに、アゼラスチン塩酸塩の特徴を解説します。

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

高橋 伊津美

高橋 伊津美_プロフィール画像

編集者

株式会社ミナカラ

登録販売者

島村 洋和

島村 洋和_プロフィール画像

アゼラスチン塩酸塩(アゼプチン)と同成分の市販薬はある?

現在、アゼラスチン塩酸塩錠(先発品:アゼプチン)の有効成分であるアゼラスチン塩酸塩を配合した市販薬(OTC医薬品)は販売されています。

病院に行く時間がないなどでアゼラスチン塩酸塩錠の代わりとなる薬を使用したい場合は、同じ成分を配合した市販薬、あるいは類似した作用をもつ市販薬を使用することも治療の選択肢のひとつです。

※2021年8月の情報

アゼラスチン塩酸塩を配合した処方薬と市販薬の違い

アゼラスチン塩酸塩錠やアゼプチン錠といった処方薬と同じアゼラスチン塩酸塩を配合した市販薬であっても、医療用医薬品と市販薬では使用できる症状が異なるため、市販薬をそのまま使えるとは限りません。

処方薬のアゼラスチン塩酸塩錠が使える症状は以下の通りです。

気管支喘息

アレルギー性鼻炎

蕁麻疹(じんましん)、湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症、痒疹(ようしん)

                                     アゼプチン錠0.5mg/1mg添付文書より引用

上述の通り、処方薬の場合は気管支喘息やアトピー性皮膚炎に対応できますが、市販薬の場合は対応できません。

アゼラスチン塩酸塩の市販薬を使用するのは、症状がじんましん・皮膚のかゆみ・鼻のアレルギー症状のときのみにしましょう。

アゼラスチン塩酸塩と同成分を配合した市販薬

じんましんや皮膚のかゆみ、鼻のアレルギー症状にアゼラスチン塩酸塩を使用していた場合は、アゼラスチン塩酸塩を配合した市販薬を使用するのも治療の選択肢のひとつです。

ここではアゼラスチン塩酸塩を配合した市販薬を紹介します。

アレジンAZ錠|アゼラスチン塩酸塩配合の市販薬

【第2類医薬品】アレジンAZ錠 24錠【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

アゼラスチン塩酸塩が配合された薬です。じんましんや湿疹・かぶれによる皮膚のかゆみを改善します。アゼラスチン塩酸塩は『抗炎症作用』があるため、皮膚のかゆみだけではなく、皮膚の腫れにも効果を発揮します。

また、アゼラスチン塩酸塩が花粉による鼻水、鼻づまり、くしゃみの症状をやわらげます。

じんましんに効く薬の選び方

じんましんの対処には基本的には抗ヒスタミン成分の飲み薬が適していますが、局所的なじんましんでかゆみの症状が強い場合は、飲み薬とあわせて塗り薬を使用することもできます。

じんましんに効く飲み薬と塗り薬の選び方は、以下の記事で詳しく解説しています。

鼻のアレルギー症状に効く薬の選び方

抗ヒスタミン成分にはさまざまな種類があります。

同様に市販薬にもたくさんの種類があり、目的の症状によって薬を使い分ける必要があるため、何を基準に選ぶかといった選び方を知ることはとても大切です。

鼻のアレルギー症状に効く市販薬の選び方について、詳しくはこちらの記事をごらんください。

アゼラスチン塩酸塩の特徴と注意点

アゼラスチン塩酸塩の特徴

アゼラスチン塩酸塩錠は第2世代抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬とは、体内でヒスタミンという物質の作用をブロックし、花粉やハウスダストによる鼻のアレルギー症状やじんましんなどの皮膚の症状に効果を示す薬です。

第1世代抗ヒスタミン薬は眠気や口の渇きなどの副作用が強く現れることが特徴です。一方、第2世代抗ヒスタミン薬では、第1世代の効果をできるだけ維持したまま、眠気などの副作用が比較的出づらいように作られています。

よって、第2世代抗ヒスタミン成分であるアゼラスチン塩酸塩は第1世代抗ヒスタミン成分に比べて比較的副作用が出にくい薬といえます。

アゼラスチン塩酸塩の市販薬を使用するときの注意点

アゼラスチン塩酸塩は花粉などによるアレルギー性の鼻炎には効果がありますが、風邪などが原因となる鼻炎症状には使用できません。

また、虫刺されや化膿などによる皮膚のはれ、かゆみにも使用できません。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

監修薬剤師

ミナカラ薬局

薬剤師

高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美_プロフィール画像

編集者

株式会社ミナカラ

登録販売者

島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

島村 洋和_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。