リスミーの市販薬はある?代用で使用できる薬を紹介

更新日:

薬剤師監修日:

リスミーは病院で処方される睡眠薬(睡眠導入剤)です。この記事では、リスミーと同じ有効成分を配合したOTC医薬品(市販薬)の有無について解説するとともに、リスミーの代用で使用できる類似した作用をもつ不眠症状を改善する市販薬を紹介します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和

リスミーと同じ成分の市販薬はある?

リスミーは睡眠導入剤で、不眠症に対して病院で処方される医療用医薬品です。現在、リスミーの有効成分であるリルマザホン塩酸塩を配合した市販薬は販売されていません。

病院に行く時間がないなどでリスミーの代わりとなる薬を使用したい場合は、類似した作用をもつ市販薬を使用することも治療の選択肢のひとつです。

しかしながら、医療用医薬品と市販薬では対応できる症状が異なるため、薬を選択する際は注意が必要です。

リスミーの代わりに使用できる具体的な薬については、この記事で紹介します。

※2023年7月現在の情報

リスミーはどんな薬?

リスミーは、ベンゾジアゼピン系という種類に分類される睡眠薬(睡眠導入剤)で、睡眠・鎮静効果があります。

睡眠薬(睡眠導入剤)は効果時間によって4つに分類されます。リスミーは短時間型に分類され、効くまでが早く、持続時間は短いという特徴があります。そのため、なかなか寝付けない入眠障害に悩む方に適しています。

睡眠薬 リスミー 市販薬

代わりの薬を選ぶ前に|睡眠改善の市販薬の種類

リスミーなどの睡眠薬(睡眠導入剤)は市販で販売されていませんが、不眠症状を改善する市販薬は薬局やネットなどでも購入することができます。

睡眠を改善する市販薬を大きく2つの種類に分けて紹介します。

睡眠改善の市販薬の種類 特徴
漢方薬

・長期的に服用できる

・不眠の原因となっている精神症状を緩和する

睡眠改善薬

・長期的な服用はできない

・一時的な不眠症状に使用される

漢方薬|不眠の原因を取り除いて症状の改善をめざす

漢方薬は西洋薬と異なり、直接的に眠気をうながす成分は配合していません。

しかし、精神的な疲れや不安、イライラなどからくる不眠症状には効果的で、不眠を原因から改善していくことができます。

睡眠改善薬|一時的な不眠に有効

市販の睡眠改善薬には、ヒスタミンの作用をおさえる成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩が配合されています。ヒスタミンは脳の覚醒の維持や調整に関わっている成分で、有効成分がヒスタミンの働きを抑制することにより眠気を引き起こします。

睡眠改善薬は一時的な不眠に対して使用する薬のため、2~3回服用しても効果が感じられない場合は病院を受診してください。

しかし、病院で不眠症と診断されている方は、リスミーなどの睡眠薬の代用としては使用することはできません。

リスミーの代わりに使える市販薬

リスミーの代わりに使える市販の漢方薬と睡眠改善薬を紹介します。

漢方ナイトミン|不眠症を改善する薬

漢方ナイトミン 72錠(第2類医薬品)【第二類医薬品】

酸棗仁湯は、どちらかといえば体力がなく、心身が疲れて眠れない方に適した漢方薬です。
漢方の酸棗仁湯処方のお薬である漢方ナイトミンは、心身のバランスを整え、続く不眠を改善します。
錠剤のため、漢方独特の苦味が苦手な方でも比較的飲みやすいお薬です。

効能効果
体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの次の諸症:
不眠症、神経症

ドリエル|睡眠改善薬

ドリエル 6錠【指定第二類医薬品】

ドリエルは、ジフェンヒドラミン塩酸塩を主成分とした代表的な睡眠改善薬です。寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠の症状に効果があります。

ただし、不眠症の診断を受けている場合は使用に適さないため、必ず病院を病院を受診してください。

効能効果
一時的な不眠の次の症状の緩和:寝つきが悪い、眠りが浅い

リポスミン|睡眠改善薬

リポスミン 12錠【指定第二類医薬品】

リポスミンは、ジフェンヒドラミン塩酸塩を主成分とした代表的な睡眠改善薬です。寝つきが悪い、眠りが浅いといった一時的な不眠の症状に効果があります。

ただし、不眠症の診断を受けている場合は使用に適さないため、必ず病院を病院を受診してください。

効能効果
一時的な不眠の次の症状の緩和:寝つきが悪い、眠りが浅い

睡眠薬と睡眠改善薬の違い

病院で処方されるリスミーなどの睡眠薬(睡眠導入剤)と、薬局やネットなどで市販されている睡眠改善薬は、成分や作用などだけでなく使用に適した症状が異なります。

適した症状
睡眠薬・睡眠導入剤
(処方薬)
不眠症状全般
睡眠改善薬
(市販薬)
一時的な不眠症状

市販の睡眠改善薬は、慢性的な不眠症状には適しておらず、一時的な不眠症状に使用される薬です。市販の睡眠改善薬を2~3日使用しても不眠の症状が続く場合は、病院を受診してください。

時差ボケで眠れなかったり、不規則な生活リズムで一時的な不眠に悩んでいるという方であれば、睡眠改善薬を使用することができます。

リスミーを通販や個人輸入で購入しないこと

リスミーが通販サイトや個人輸入サイトなどで売られていることがありますが、購入することは避けてください。

個人輸入代行業者によって売られる薬は、医薬品としての安全性が保障されていないため、思わぬ健康トラブルが起こるおそれがあります。

また、厚生労働省は個人輸入の薬によって起こった健康被害については医薬品副作用被害救済制度の対象にならないと明記しています。

正しい治療を行うためにも、個人輸入・通販によるリスミーの購入は避けましょう。

もしリスミーを入手したい場合は、病院を受診するか、代替の市販薬を購入することをおすすめします。

記事で紹介されている商品一覧

メルマガ登録ですぐに使えるクーポンをGET!

ミナカラのメールマガジンでは、お得なクーポンやセール情報、健康管理に役立つ豆知識を発信中! メルマガの新規登録で、すぐに使える500円OFFクーポンがご利用いただけます! ご登録方法はメールアドレスを入力するだけ! 不要になったら配信停止も簡単です。

ミナカラ マガジンの登録はこちら 通常価格の約59% OFF

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

編集者ページへ
島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • noteで書く noteで書く

関連記事

ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。