トランサミン(トラネキサム酸)の市販薬はある?|同じ成分の薬を解説

更新日:

薬剤師監修日:

トランサミンは、『トラネキサム酸』を主成分とした処方薬です。止血剤・抗アレルギー剤・抗炎症剤などに使われます。トラネキサム酸を含む市販薬には、のどの腫れ・痛みや口内炎に効く薬と、しみの中でも肝斑に効く薬があります。この記事では、両方の市販薬を紹介します。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
都筑 亜希 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 都筑 亜希
Share

トランサミンとは?

トランサミンは、出血時の止血目的の他、扁桃炎などによる、のどの炎症をおさえる目的、湿疹やじんましんのかゆみや炎症をおさえる目的、口内炎における痛みなどに用いられる処方薬です。また、皮膚科においてしみの中でも肝斑に対して処方されることがありますが、保険適用とはなりません。

トランサミンの剤形は、錠剤、カプセル、散剤(粉薬)、シロップ、注射の5種類があります。また、5種類の剤形それぞれにジェネリック医薬品があります。

成分は『トラネキサム酸』

トランサミンの成分は『トラネキサム酸』です。トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、プラスミンという血液を溶かす物質の働きを阻止することで、出血を止め、アレルギー反応や炎症反応をおさえます。

また、トラネキサム酸は市販薬において初めて肝斑の改善が効能として認められた成分です。トラネキサム酸がメラニン発生要因ともなるプラスミンをブロックすることで、肝斑の原因となるメラニンの発生がおさえられ、肝斑を薄くする作用があると考えられています。

トランサミンと同じ成分の市販薬はある?

トランサミンの成分『トラネキサム酸』が配合された市販薬は、のどの腫れ・痛みや口内炎に効く薬と、しみの中でも肝斑に効く薬の2種類あります。

のどの腫れ・痛みや口内炎に効く薬と肝斑に効く薬は、『トラネキサム酸』を含むもののそれぞれ効能・効果が異なるため、異なる効能・効果の薬は使わないようにしましょう。

▶︎のどの腫れ・痛みや口内炎に効く薬はこちら

▶︎肝斑に効く薬はこちら

また、トラネキサム酸は含まれていませんが、肝斑以外のしみ・そばかすに効く薬については、以下で解説しています。

▶︎肝斑以外のしみ・そばかすに効く薬はこちら

トランサミンの代わりに使える市販薬|のどの腫れ・痛み・口内炎

『トラネキサム酸』を含む市販薬は、咽頭炎や扁桃炎(のどの腫れ・痛み)や口内炎に効く薬以外にも、風邪薬など様々な種類が販売されています。

風邪薬については、以下の記事で詳しく紹介しています。のどの腫れや痛み以外に複数の風邪の症状がある場合は、こちらをご覧ください。

のどの腫れ・痛みや口内炎に効く薬を紹介します。

ペラックT錠

ペラックT錠 18錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

トランサミンと同じ成分であるトラネキサム酸とカンゾウ乾燥エキスが、のどの炎症をおさえます。さらに3種類のビタミンが皮膚や粘膜の機能をサポートします。

眠くなる成分が含まれていないため、眠くなっては困る方(受験生や機械などを運転操作する人など)にもおすすめです。

トラフル錠

トラフル錠 24錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ペラックT錠と同じ成分が同じ用量で配合されています。痛くて食べるのもつらいような口内炎やのどの痛み・腫れによく効きます。

口内炎を飲んで治したい方や痛い口内炎を内側から治療したい時におすすめです。

ハレナース

ハレナース 9包(第3類医薬品)【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ペラックT錠と同じ成分が同じ用量で配合されています。冷感のあるスッキリとした味の顆粒タイプで、水なしでも飲むことができます。

顆粒タイプをお好みの方におすすめです。

トランサミンの処方薬と市販薬の違い

処方薬トランサミンと上記の代わりとなる市販薬は、使える範囲とトラネキサム酸の含有量に違いがあります。また代わりとなる市販薬には、トラネキサム酸に加え様々な効果がある成分が配合されております。

トランサミン 代わりとなる市販薬
使える範囲

・止血・抗アレルギー・抗炎症剤などに用いられる

・咽頭炎・扁桃炎(のどの腫れ・痛み)

・口内炎

有効成分
(1日の用量)

・トラネキサム酸(750~2,000mg)(※)

・トラネキサム酸(750mg)

カンゾウエキス(198mg)

・ビタミンB2(12mg)

・ビタミンB6(50mg)

・ビタミンC(500mg) など

(※)咽頭炎などの用量は、成人の場合、通常1日750~2,000mgのトラネキサム酸を3~4回に分割経口投与されます。ただし、用量は年齢、症状により適宜増減します。

代わりとなる市販薬に含まれている成分

代わりとなる市販薬に配合されていることが多い成分の一例を紹介します。以下の成分はトランサミンには含まれていない成分です。

●カンゾウエキス

生薬のひとつで、炎症やアレルギーをおさえる作用があります。生薬は漢方薬を構成する原料で、植物の葉、茎、根などや鉱物、動物のなかで薬効があるとされる一部分を加工したものです。

●ビタミン(B2・B6・C)

ビタミンB2・B6には、皮膚や粘膜の機能を正常にはたらかせる作用があります。ビタミンCには、酸化防止作用があります。さらにビタミンCは、傷の治癒に必要なたんぱく質であるコラーゲンを生成するためにも必要となります。

トランサミンの代わりに使える市販薬|肝斑

『トラネキサム酸』を含む肝斑に使える市販薬として、トランシーノⅡがあります。

トランシーノⅡ

トランシーノ* 240錠【第一類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

処方薬トランサミンと同じトラネキサム酸を肝斑に効く成分として配合した薬です。トラネキサム酸に加えて、L-システインがメラニンを作る酵素を阻害したり、皮膚のターンオーバーを活発にすることで、メラニンの排出を促します。また、ビタミンCには、メラニンの産生量をおさえるだけでなく、すでに蓄積されてしまったメラニンに直接作用し、色を薄くする働きがあります。

肝斑とは?

肝斑とは、しみの一種です。肝斑は両頬やあご、鼻の下にできる薄茶色の色素沈着で、ほぼ左右対称、同じ大きさ、形で現れるのが特徴です。

一般的なしみの場合、輪郭がくっきりしているのに対し、肝斑は全体的に境がはっきりしないぼやけた形で見えます。

肝斑の原因は、日光によるダメージ・加齢・ホルモンバランスなどであると考えられています。顔にできたしみが肝斑がどうか判断がつかない場合は、一度皮膚科を受診するようにしましょう。

トランサミンとトランシーノⅡの違い

トランサミンとトランシーノⅡの違いは、使える症状とトラネキサム酸の含有量です。

トランシーノⅡは、しみの中でも肝斑のみに効きますが、肝斑以外のしみ(老人性色素斑、炎症後色素沈着、そばかす等)には効果が確認されていません。また、トラネキサム酸に加え様々な効果がある成分が配合されております。

トランサミン トランシーノII
使える症状

・止血・抗アレルギー・抗炎症剤として用いられる

・肝斑の治療に使われることもある(ただし保険適用外)

・肝斑のみ
有効成分
(1日の最大用量)

・トラネキサム酸(用量は医師の指示による)

・トラネキサム酸(750mg)

・L-システイン(240mg)

・ビタミンC(300mg)

・ビタミンB6(6mg)

・パントテン酸カルシウム(24mg)

▶︎トランシーノⅡに含まれる成分の詳細はこちら

肝斑以外のしみ・そばかすに効く市販薬

顔にできたしみが肝斑ではない場合、以下のようなビタミンCなどが含まれたビタミン剤でしみ・そばかすを改善することができます。

ホワイティフル|5つの成分がしみ・そばかす・日焼けによる色素沈着を改善

ホワイティフル 180錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

ビタミンCとL-システインが肌に沈着した黒色メラニンを無色化し、新しい黒色メラニンの生成を抑制します。ビタミンB2とB6が肌のターンオーバーを促進し、ビタミンEが血行を促します。パウチ型で持ち運びやすく、1日2回の服用で済むことが特徴です。

ホワイティフルは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

ハイチオールCホワイティア|3つの成分がしみ・そばかすに効く

ハイチオールCホワイティア 120錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

L-システインが肌細胞の生まれ変わりを正常化し、しみ・そばかすの原因でもある黒色メラニンが沈着した角質を排出しやすくします。また、ビタミンCとともに黒色メラニンの生成を抑制し、肌に沈着した黒色メラニンを無色化します。さらに、パントテン酸カルシウムが皮膚の健康を維持します。

トランシーノⅡやしみ・そばかすに効く市販薬に含まれる成分

トランシーノⅡやしみ・そばかすに効く代用薬に配合されていることが多い成分の一例を紹介します。以下の成分はトランサミンには含まれていない成分です。

●L-システイン

アミノ酸の一種で、しみの原因となる黒色メラニンの生成をおさえ、体外へ排出する働きを促します。

●ビタミンC

体の老化を防ぐ抗酸化作用があります。そのほかにも、コラーゲンの合成や、鉄分の吸収を高める効果などさまざまな効果があります。

●ビタミンB2・B6

ともに皮膚の健康を保つ働きをします。炭水化物やたんぱく質、脂質などの代謝も助けます。

●パントテン酸カルシウム

別名ビタミンB5とも呼ばれ、多くの食品に含まれています。糖分、脂質、たんぱく質の代謝を促し、皮膚を正常に保つ効果があります。

●ビタミンE

血液の流れをスムーズにする血行改善作用があり、ビタミンCと一緒に摂取することで相乗効果が得られます。

使用上の注意|治らない場合は病院へ

医師から処方された薬の代用として市販薬を使用する場合は、使用しても問題ないか医師や薬剤師に相談しましょう。

また上記の市販薬を使用する際は、薬の説明書(添付文書)に記載された使用期間や用法・用量を守り、症状がよくならない場合や他にも気になる症状がある場合には早めに医療機関を受診しましょう。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬や症状について心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みにお応えします。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター都筑 亜希

2016年より2年間タイを中心に約50の病院を擁する東南アジアの病院グループにて医療通訳他事業企画等の実務に従事。皆さまの暮らしに寄り添った健康づくりを応援していきます。

都筑 亜希 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。