ビタミンC(アスコルビン酸)配合の市販薬

更新日:

薬剤師監修日:

ビタミンC(アスコルビン酸)を摂取するならサプリメントと市販薬のどちらが良いのかについて解説しています。また、ビタミンCを配合したおすすめの市販薬も紹介しています。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和
Share

ビタミンC(アスコルビン酸)の市販品は医薬品とサプリどっちがいい?

ビタミンC(アスコルビン酸)を医薬品とサプリメントのどちらから摂取した方が良いかについては、ビタミンCを摂取する目的によって答えが変わります。

サプリメントと医薬品の違い

サプリメントは「食品」に分類されるため、医薬品と異なり「〜に効く」「〜を治す」といった表現をすることは禁止されています。

医薬品的な効果効能を標ぼうするものは、医薬品医療機器等法上の医薬品とみなされ、野菜、果物、調理品等その外観、形状等から明らかに食品と認識される物を除き、原則として、医薬品医療機器等法上の承認を受けずにその名称、製造方法、効能、効果に関する広告をしてはならない

消費者庁|健康食品に関する 景品表示法及び健康増進法上の留意事項について より引用

つまり、サプリメントはあくまで食品であるのに対し、医薬品は国の許可を得て病気の予防や治療に使用できるものという違いがあります。

ただし、ビタミンCに関しては食品として販売する場合でも上限量が定められていないため、サプリメントであっても医薬品と同量のビタミンCが含まれていることがあります。

ビタミンCはサプリと医薬品どっちから摂取した方がいい?

ビタミンCを摂取する目的が、現在食生活に偏りがあるなど、普段から栄養が足りない方で食事の補助的な役割を求めているのであればサプリメントが良いでしょう。

一方、シミの改善や肉体疲労時・妊娠・授乳期・病中病後の体力低下時・老年期などのビタミンCの補給、などを目的にしているのであれば、効能効果が保証されていて医薬品を選択することをおすすめします。

ビタミンCは目的にあった商品から摂取しましょう。

ビタミンC配合のおすすめの市販薬|シミの改善に

ビタミンC(アスコルビン酸)を配合した市販薬の中でもシミの改善におすすめの薬を紹介します。

ホワイティフル

ホワイティフル 180錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
成分 分量(成人1日量)
アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg
コハク酸d-α-トコフェロール(天然型ビタミンE) 50mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
30日分 2回

ビタミンCとL-システインが肌に沈着したメラニンを無色化し、新しいメラニンの生成を抑制します。ビタミンB2とB6が肌のターンオーバーを促進し、ビタミンEが血行を良くします。パウチ型で持ち運びやすく、1日2回の服用で済むことが特徴です。

ホワイティフルは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

ビタミンC配合のおすすめの市販薬|肉体疲労時のビタミンCの補給に

ビタミンC(アスコルビン酸)を配合した市販薬の中でも肉体疲労時・妊娠・授乳期・病中病後の体力低下時・老年期などのビタミンCの補給におすすめの薬を紹介します。

ビタミンC錠2000「クニキチ」

ビタミンC錠2000「クニキチ」 320錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
成分 分量(成人1日最大量)
ビタミンCとして 2000mg
リボフラビン(ビタミンB2) 4mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
約26日分(320錠) 2〜3回

新しいメラニンの生成を抑制するビタミンCと、皮膚に関連するビタミンB2を配合しています。ビタミンCは成人1日最大量で2000mg配合しています。

噛んで服用できるので水がなくても大丈夫です。

ビタミンC「タケダ」

ビタミンC<タケダ> 300T(第3類医薬品)【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
成分 分量(成人1日最大量)
ビタミンCとして 2000mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
約50日分(300錠) 2回

新しいメラニンの生成を抑制するビタミンCと、皮膚に関連するビタミンB2を配合しています。ビタミンCは成人1日最大量で2000mg配合しています。

服用しやすい小型の錠剤タイプです。

ハイシー1000|散剤タイプのビタミンC

ハイシー1000 84包(第3類医薬品)【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
成分 分量(成人1日最大量)
ビタミンCとして 2000mg
リボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2酪酸エステル) 12mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数
約42日分(84包) 1〜2回

新しいメラニンの生成を抑制するビタミンCと、皮膚に関連するビタミンB2を配合しています。ビタミンCは成人1日最大量で2000mg配合しています。

サッと溶ける散剤で、甘酸っぱい味がします。分包タイプなので持ち運びにも便利です。

ビタミンC配合のおすすめの市販薬|二日酔いに

ビタミンC(アスコルビン酸)を配合した市販薬の中でも二日酔いの改善におすすめの薬を紹介します。

紹介する市販薬が二日酔いにも効果を発揮するメカニズムは、有効成分のL-システインが、アルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドと直接反応して無毒化したり、アルコールを無害な物質に変える酵素の働きを助けたりするためです。

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティア 120錠【第三類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます
成分 分量(成人1日量)
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 500mg
パントテン酸カルシウム 30mg
内容量(15歳以上の方の場合) 1日の服用回数

30日分(120錠)

2回

ビタミンC(アスコルビン酸)は大量摂取すると効果が高まる?

ビタミンCには肉体疲労時・妊娠・授乳期・病中病後の体力低下時・老年期などのビタミンCの補給やシミの改善などさまざまな効果がありますが、大量に摂取したからといって改善効果が高まったり早く治ったりするわけではありません。

健康な人がビタミンCを過剰に摂取したとしても、消化管からの吸収率が低下し、尿中への排泄が増加することより体内のビタミンCレベルは一定に維持されます。

なお、ビタミンCは、日本人の食事摂取基準(2020年版)では、耐容上限量(過剰摂取による健康被害を起こす危険のない最大摂取量)は、定められておりません。

そのため、大量摂取しても重篤な副作用は生じないと考えられますが、人によっては吐き気、下痢、腹痛などが生じることがあります。

いずれにしても、ビタミンCを必要以上に大量摂取することのメリットは少なく、健康に負の影響を与えるリスクのが上回るため、適量を摂取することを推奨します。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。