送料無料キャンペーン中!

妊娠中・授乳中でも飲めるかぜ薬はある?|薬の種類や注意点を解説

更新日:

薬剤師監修日:

妊娠中・授乳中に市販のかぜ薬を服用したい場合、まずは医師・薬剤師にご相談いただくことが大切です。この記事では市販のかぜ薬や妊娠中・授乳中の使用可否に加え、うがい薬の使用やかぜを早く治すために気をつけたいことなどの注意点を解説します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
朝比奈 裕介 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 朝比奈 裕介

妊娠中・授乳中でも飲めるかぜ薬はある?

妊娠中について

妊娠中にかぜをひいてしまった場合、医師が必要と判断すると、かぜの症状に合わせた薬が処方されることがあります。

市販薬にも処方薬と同じ成分を含む薬が数多く販売されていますが、妊娠の経過や体調・体質は個々で異なるため、服用をご希望の場合かかりつけ医にご相談ください。

また、妊娠中の場合は一部の解熱鎮痛成分(イブプロフェン、ロキソプロフェンなど)に注意が必要です。妊娠後期に一部の解熱鎮痛成分を使うと動脈管という血管が収縮し、胎児に影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠後期は服用が禁止されています。

妊娠中の薬の使用については、妊娠時期や薬の性質を考慮しながら使用できる薬を選ぶ必要があるため、まずは医師にご相談いただくことが大切です。

授乳中について

授乳中について、薬の種類によっては、服用中に授乳してもほぼ心配ないと考えられている薬もありますが、薬の成分が母乳に移行し赤ちゃんに影響を及ぼす薬もあるため、授乳中に薬を服用する場合は注意が必要です。

市販のかぜ薬には発熱、鼻水、咳、のどの痛みなどの症状をおさえる成分が配合されています。ただし、薬によっては赤ちゃんに影響を及ぼす成分が含まれていたり、他の薬との飲み合わせや授乳頻度など気をつけなければいけないこともあるため、市販薬を購入する際は薬剤師にご相談いただくことをおすすめします。また、服用の際は添付文書に記載の使用期間や用法・用量を守り、服用は短期間にとどめ、症状が改善しない場合はかかりつけの産婦人科や内科を受診しましょう。

 

市販のかぜ薬|妊娠中の方

妊婦または妊娠していると思われる方は、適切に対処する必要があるため、服用前に医師・薬剤師にご相談ください。

すぐに病院へ行けないなどの理由で一時的に市販のかぜ薬を服用する場合は、様々な症状に対応した多数の成分が含まれている総合感冒薬ではなく、熱・咳・のどの痛みなどの症状に特化した薬を選びましょう。

なお、発熱・咳・のどの痛み以外の症状や高熱がある場合、インフルエンザの疑いがある時は、必ず早めに病院を受診してください。

 

▶︎悪寒・発熱に

▶︎咳に

▶︎のどの痛みに

タイレノールA|悪寒・発熱に

タイレノールA 10錠【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

タイレノールAは、アセトアミノフェンのみを配合した市販薬です。かぜによる悪寒・発熱などに効きます。1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれています。

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回1錠、1日3回を限度として使用してください。

・服用間隔は4時間以上あけてください。

・かぜによる発熱時は、なるべく空腹時を避けて服用してください。(かぜによる発熱以外で痛み止めとして飲むときは空腹時でも飲めます。)

・妊娠または妊娠の可能性があるかたは服用前に医師、薬剤師に相談してください。

メジコンせき止め錠Pro|咳に

メジコンせき止め錠Pro 20錠【第二類医薬品】

メジコンせき止め錠Proの有効成分はデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物のみで、効能は咳に特化しています。

医療用と同量配合された薬です。 (※2錠中にデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物30mg配合) 

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回2錠、1日3回服用します。

・服用するタイミングは食前・食後どちらでも構いませんが、服用間隔は4時間以上あけてください。

・妊娠または妊娠の可能性があるかたは服用前に医師、薬剤師に相談してください。

チョコラBB口内炎リペアショット|のどの痛みに

チョコラBB口内炎リペアショット 30ML(第3類医薬品)【第三類医薬品】

粘膜修復作用のあるアズレンスルホン酸ナトリウム水和物に加え、殺菌消毒成分であるセチルピリジニウム塩化物水和物が配合されています。

のどの炎症によるのどの痛みや腫れなどに効果を発揮する喉スプレーで、患部を殺菌して炎症も抑えます。メントール味で爽やかな使い心地です。

 

●用法・用量

・1日数回、1回1~3噴射を目安に患部に噴射塗布して用いてください。

 

市販のかぜ薬に含まれる成分とその研究結果

この記事で紹介する市販薬に含まれている成分の使用について、現時点での研究結果は以下のとおりです。(2023年5月時点)

 

●アセトアミノフェン(市販薬の例|タイレノールAなど)

『産婦人科診療ガイドライン2020』では、妊娠中の解熱鎮痛薬はアセトアミノフェンが勧められています。

 

●デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(市販薬の例|メジコンせき止め錠Proなど)

妊娠中の安全評価『オーストラリア基準』では最も安全な「A」と評価されています。

 

●アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(市販薬の例|チョコラBB口内炎リペアショットなど)

医療用の同成分のうがい液(アズノールうがい液)でも、妊娠中の使用は制限されていません。

 

市販のかぜ薬|授乳中の方

妊娠中同様、授乳中の方も市販のかぜ薬を服用する場合は、不要な薬をできるだけ避けるためにも熱・咳・のどの痛みなどの症状に特化した薬を選びましょう。

 

▶︎悪寒・発熱に

▶︎咳に

▶︎のどの痛みに

▶︎鼻水・鼻づまりに

▶︎かぜのひき始めに

タイレノールA|悪寒・発熱に

タイレノールAは、アセトアミノフェンのみを配合した錠剤タイプの薬です。1錠中にアセトアミノフェンが300mg含まれています。

かぜによる悪寒・発熱などに効きます。

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回1錠、1日3回を限度として使用してください。

・服用間隔は4時間以上あけてください。

・かぜによる発熱時は、なるべく空腹時を避けて服用してください。(かぜによる発熱以外で痛み止めとして飲むときは空腹時でも飲めます。)

リングルアイビーα200|悪寒・発熱に

リングルアイビーα200 12cp【指定第二類医薬品】

リングルアイビーα200は、1カプセル中にイブプロフェン200mgを含むカプセルタイプの薬です。イブプロフェンはアセトアミノフェンよりも解熱鎮痛効果が高いとされていますが、胃痛などの副作用はアセトアミノフェンよりも起こりやすいと言われています。

かぜによる悪寒・発熱などに効果をあらわします。

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回1カプセル、1日2回を限度として使用してください。(ただし再度症状があらわれた場合は3回目を服用可能)

・服用間隔は4時間以上あけてください。

・なるべく空腹時を避けて服用してください。

・授乳中の方は服用前に医師・薬剤師に相談してください。

メジコンせき止め錠Pro|咳に

メジコンせき止め錠Pro 20錠【第二類医薬品】

メジコンせき止め錠Proの有効成分はデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物のみで、効能は咳に特化しています。

医療用と同量配合された薬です。 (※2錠中にデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物30mg配合) 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回2錠、1日3回服用します。

・服用するタイミングは食前・食後どちらでも構いませんが、服用間隔は4時間以上あけてください。

チョコラBB口内炎リペアショット|のどの痛みに

チョコラBB口内炎リペアショット 30ML(第3類医薬品)【第三類医薬品】

粘膜修復作用のあるアズレンスルホン酸ナトリウム水和物に加え、殺菌消毒成分であるセチルピリジニウム塩化物水和物が配合されています。

のどの炎症によるのどの痛みや腫れなどに効果を発揮する喉スプレーで、患部を殺菌して炎症も抑えます。メントール味で爽やかな使い心地です。

 

●用法・用量

・1日数回、1回1~3噴射を目安に患部に噴射塗布して用いてください。

ハレナース|のどの痛みに

ハレナース 9包(第3類医薬品)【第三類医薬品】

ハレナースは、のどの炎症をおさえるトラネキサム酸にカンゾウエキスとピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・リボフラビン(ビタミンB2)・L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンCナトリウム)を配合した水なしで飲める顆粒タイプの薬です。

熱をもった患部に冷感成分が直接届き、ひんやりとした気持ちのいい使用感です。

咽頭炎・扁桃炎などからくるのどの腫れ・痛みに効きます。

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回1包、1日3回服用します。

・服用するタイミングは食前・食後いずれでも構いませんが、朝昼晩を目安に服用します。

アレルギール錠|鼻水・鼻づまりに

アレルギール錠 55錠 飲むかゆみ止め (第2類医薬品)【第二類医薬品】

アレルギール錠は有効成分にクロルフェニラミンマレイン酸塩、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、グリチルリチン酸カリウム、グルコン酸カルシウム水和物を含む錠剤タイプの薬です。

アレルギー反応をおさえ、鼻水、鼻づまりの鼻炎症状などに効果を発揮します。

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回3錠、1日2〜3回服用します。

・服用するタイミングについては、症状が出たときにいつでも服用できます。空腹時でも服用できますが、胃の弱い方は食後の服用をおすすめします。

葛根湯エキス顆粒Sクラシエ|かぜのひき始めに

葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

葛根湯エキスを配合した顆粒タイプの薬です。

体力中等度以上の方の汗は出ないけれど寒気がするといったかぜのひき始めの症状や、鼻かぜ、鼻炎、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みを、体を温めることで改善していきます。

 

●用法・用量

・15歳以上の場合、1回1包、1日3回服用します。

・食前または食後2〜3時間の間に服用します。

効能効果
体力中等度以上のものの次の諸症:
感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

市販のかぜ薬に含まれる成分とその研究結果

この記事で紹介する市販薬に含まれている成分の使用について、現時点での研究結果は以下のとおりです。(2023年8月時点)

 

●アセトアミノフェン(市販薬の例|タイレノールAなど)

●イブプロフェン(市販薬の例|リングルアイビーα200など)

●トラネキサム酸(市販薬の例|ハレナースなど)

これら3つの成分は国立成育医療研究センター内の妊娠と薬情報センターにおいて、『授乳中に安全に使用できると考えられる薬』として紹介されています。『授乳中に安全に使用できると考えられる薬』のページには国内外の様々な最新の医学的研究に基づき、授乳期でも安全に使用できると考えられた薬が載っています。

 

●デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(市販薬の例|メジコンせき止め錠Proなど)

『母乳とくすりハンドブック2010』によると、授乳婦への使用は『◎』であり授乳婦服用による有害事象の報告は見当たらないとされています。また、医療用のメジコン配合シロップはお子様の咳止めとしても適応があり、授乳中の方に使用できるとされています。

 

●アズレンスルホン酸ナトリウム水和物(市販薬の例|チョコラBB口内炎リペアショットなど)

医療用の同成分のうがい液(アズノールうがい液)でも、授乳中の使用は制限されていません。

 

●カンゾウエキス(市販薬の例|ハレナースなど)

●グリチルリチン酸カリウム(市販薬の例|アレルギール錠など)

甘草(カンゾウ)という生薬に含まれる成分です。主成分のグリチルリチン酸について授乳中の安全性についてははっきりと分かっていませんが、ハレナース、アレルギール錠ともにメーカーより授乳中の方でも服用いただけると発表されています。

 

●ビタミンB2・B6・Cナトリウム(市販薬の例|ハレナースなど)

●ビタミンB6(市販薬の例|アレルギール錠など)

ビタミンB2、B6などのビタミンB類とビタミンCは、妊娠中・授乳中の方において食事からの摂取が不十分な場合の栄養補給に用いられることもあり、比較的安全といえます。

 

●クロルフェニラミンマレイン酸塩(市販薬の例|アレルギール錠など)

『母乳とくすりハンドブック2010』によると、クロルフェニラミンマレイン酸塩は『〇』とされており、新生児や早産児では回避すべきものの、乳児の鎮静に注意すれば授乳中の使用は可能とされています。

 

●グルコン酸カルシウム水和物(市販薬の例|アレルギール錠など)

カルシウム化合物のひとつです。カルシウムは、産後のお母さんに必要な栄養素のひとつでもあり、用法・用量を守った摂取であれば問題ないといえます。

 

●葛根湯

母乳中への移行についてのデータは十分ではないですが、用法・用量を守った使い方であれば基本的に問題ないとされています。

乳汁うっ滞症の授乳婦10名へ葛根湯エキス顆粒を1回2.5g、1日3回投与して、主成分のエフェドリンおよびグリチルリチンの母乳中移行と乳児への影響を検討した研究では、母乳中移行量および乳児の哺乳量から考慮して、乳児への影響はほとんどないことが報告されています。

 

かぜをひいてしまったら授乳してもいい?

お母さんが無理でなければ、授乳を続けても問題ありません。

母乳中に移行するウイルスで注意が必要なのはHIV等ごく一部とされており、母乳を通してかぜが赤ちゃんにうつる可能性はほぼないと考えられています。

ただし、くしゃみや咳からかぜをうつしてしまう恐れはあるため、授乳の際には手洗いを心がけ、気になる方はマスクを着用しましょう。

授乳中の薬を飲むタイミングについて

授乳中の場合、血液中の薬の濃度が高い時の授乳はなるべく避ける必要があります。

血液中の薬の濃度は飲んですぐに上がるわけではなく、徐々に血液や母乳に移行していきます。一般的には赤ちゃんへの影響を考慮し、薬の服用直前あるいは直後に授乳をするとよいと言われています。もしくは、赤ちゃんがまとまって寝る時間の直前に服用するのもよいでしょう。

最高濃度に達する時間は薬によって異なるため、服用に適したタイミングは医師や薬剤師による判断が必要です。授乳中の方は服用前に医師・薬剤師にご相談いただくと安心です。

 

妊娠中・授乳中のうがい薬の使用について

妊娠中・授乳中はポビドンヨードが含まれるうがい薬の使用に注意が必要です。

ポビドンヨードとはヨウ素の化合物の一種です。ヨウ素は甲状腺ホルモンの主原料となる成分で、海藻や魚介類に多く含まれています。しかし、過剰に摂取すると甲状腺機能へ悪影響を与える可能性があります。ポビドンヨードが含まれるうがい薬やスプレーの多用は、ヨウ素の過剰摂取に繋がるおそれがあります。

妊娠中の方について、ヨウ素は胎盤を通過し、胎児に影響を与えることがあるため、妊娠中の使用は注意が必要です。

授乳中にヨウ素を摂取した場合、母乳中のヨウ素値が一過性に上昇したという報告があるため、長期連用は避けましょう。

妊娠中・授乳中にうがい薬を使う場合は、消炎成分のアズレンが配合されたものがよいでしょう。

 

かぜを早く治すために気をつけたいこと

妊娠中や授乳中、かぜを引いてしまったときには薬を使うことも考えられますが、少しでも体調が優れない場合は早めに休養をとることが大切です。

 

●水分を摂ってしっかり休む

かぜは免疫力の低下により起こります。からだの回復のためにも、まずは十分な睡眠を取ることを最優先にしましょう。熱があるときには脱水状態を防ぐためにも意識的に水分をとることも大切です。吐き気や嘔吐がある場合は、一気に水分をとると嘔吐を引き起こしてしまうこともあるため、少しずつ胃に流し込むようにしましょう。

 

● 消化の良いものを食べましょう

消化の良いものを食べ、消化器官を休めることで身体も元気になります。

のどが痛いときは悪化する可能性があるため刺激物、熱いものはできるだけ避けましょう。

 

●カフェインはほどほどに

カフェインはかぜ薬などの市販薬に含まれていることもあるため注意が必要です。

妊娠中にカフェインをとりすぎると出生時に低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性があります。また、授乳中においては母乳中に移行し赤ちゃんがいらいらしたり、情緒不安定になったという報告もあります。

妊娠中・授乳中のカフェインの摂取に関しては、数々の国際機関で注意喚起がされています。世界保健機関(WHO)では、カフェインの胎児への影響はまだ確定はしていないとしつつも、妊婦に対しコーヒーを1日3〜4杯までにすることを呼びかけています。 英国食品基準庁(FSA)では、妊娠中の方は、200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)、カナダ保健省(HC)では妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は300mg(コーヒーをマグカップで約2杯)までとされています。 

 

 

 

記事で紹介されている商品一覧

メルマガ登録ですぐに使えるクーポンをGET!

ミナカラのメールマガジンでは、お得なクーポンやセール情報、健康管理に役立つ豆知識を発信中! メルマガの新規登録で、すぐに使える500円OFFクーポンがご利用いただけます! ご登録方法はメールアドレスを入力するだけ! 不要になったら配信停止も簡単です。

ミナカラ マガジンの登録はこちら 通常価格の約59% OFF

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター朝比奈 裕介

看護師歴10年の経験をいかして、『正確でわかりやすい』医療情報の発信をおこないます。ミナカラのライターとして、ヘルスケアがもっと身近で感動的になる世界をつくっていきます。

編集者ページへ
朝比奈 裕介 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • noteで書く noteで書く

関連記事

ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。