送料無料キャンペーン中!

背中ニキビとは? 原因と予防・対策について解説

更新日:

薬剤師監修日:

背中は皮脂腺が多く分布しており、過剰な皮脂分泌や汗、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活、食生活の乱れ、肌の乾燥などが背中ニキビの原因とされています。この記事では、背中ニキビの原因から予防法・改善法、そして背中ニキビに似ている症状まで紹介しています。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶

背中ニキビとは

ニキビは、医学的には尋常性ざ瘡(尋常性ざ瘡)と呼ばれる皮膚疾患であり、主に思春期から成人以降にかけて発生します。背中は皮脂腺が多く分布しており、過剰な皮脂分泌や汗、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活、食生活の乱れ、肌の乾燥などが背中ニキビの原因とされています。

特に背中は見えにくい部位であるため、アクネ菌の繁殖による炎症や赤み、そしてニキビ跡にも注意が必要です。

背中ニキビの特徴と種類

背中ニキビは、顔のニキビと同様に過剰な皮脂の分泌などが原因で発生します。

ニキビの最初の段階が面ぽう(皮脂が毛穴にたまった状態)です。皮脂の分泌が活発な部位の皮膚(額や顎、頬、胸や背中など)にポツポツとした膨らみができます。ニキビには、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビといわれるものがあります。

医学的には、できはじめの白ニキビと黒ニキビは面ぽう、赤ニキビはアクネ菌が過剰に繁殖して炎症をおこしたもの、黄ニキビは膿をもった状態で、実際はさまざまな状態のニキビが混じりあって発生します。ニキビの炎症が悪化すると、ニキビが治ったあともクレーターのようにへこんだ跡が残りやすくなります。

特に背中は皮脂腺が多く、背中ニキビのきっかけは角質や皮脂が毛穴に詰まって白色に盛り上がったものの発生です。症状が進行すると、詰まった皮脂が酸化して黒くなったり、炎症を起こして赤くなって痛みを感じたりします。さらに悪化すると、炎症を起こしたニキビが化膿して膿がたまることもあります。ニキビが悪化すると治ったあとも跡が残ってしまうことがあります。背中にニキビ跡を残さないためにも早めにケアしましょう。

背中ニキビの原因

皮脂の過剰分泌(皮脂や汗)

背中は皮脂腺が多く分布しており、皮脂が過剰に分泌されることがあります。この過剰な皮脂が毛穴にたまると、アクネ菌の増殖を招き、ニキビが発生する要因となります。また、背中は汗腺が豊富で汗をかきやすく、顔と違ってこまめに洗浄したり、清潔に保つのが難しい場所です。常に衣類に包まれているため通気が悪く蒸れやすいことや、衣類や下着の摩擦刺激によって、背中ニキビが発生しやすく、悪化もしやすいと言えます。

ホルモンバランス

思春期や生理周期などによりホルモンバランスの乱れを引き起こしたり、男性ホルモンの過剰分泌によりニキビの発生、悪化につながります。

ストレス

ストレスを感じると、体の調子を整える「自律神経」のバランスが崩れます。自律神経のバランスが崩れるとホルモンバランスがうまくコントロールできなくなり、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが大量に分泌されます。 このアンドロゲンが出ると皮脂の分泌が促されてしまうため、皮脂過多となって毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが引き起こされるのです。

生活習慣(不規則な生活・睡眠不足・食生活の乱れ)

背中ニキビの原因の一つは生活習慣の乱れです。不規則な生活、睡眠不足、食事の乱れが、背中の皮脂分泌を増加させ、毛穴の詰まりや炎症を引き起こす可能性があります。皮膚のターンオーバーの周期を正常化させる成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、質の良い睡眠を確保することがニキビ対策にもなります。生活習慣の見直しもニキビ予防に重要です。

肌の乾燥

乾燥も背中ニキビの原因となるため、肌を保湿することも大切です。肌が乾燥していると、肌内部の水分蒸発を防ごうと皮脂分泌が過剰になります。保湿を行うと皮膚の乾燥を防ぐことができ、 皮脂の過剰分泌を抑えることが期待できます。

背中は、他の部位と比較して皮脂分泌が活発であり、角層も厚いため、一般的には乾燥しにくと思われがちです。しかし、背中は衣類の擦れなどで常に刺激を受けやすく個々の肌質によっては、水分と油分のバランスが乱れバリア機能が低下してしまうことがあります。見えづらい部分なので、背中の乾燥にも気を配ってみましょう。保湿を行うと背中の乾燥を防ぐことができ、 皮脂の過剰分泌を抑えることが期待できます。

背中ニキビに似ている症状

ニキビとよく似ている皮膚疾患に「マラセチア毛包炎※」があります。アクネ菌ではなく、マラセチア属真菌(カビの一種)が毛穴のなかで増殖して引き起こされます。

※マラセチアが皮膚表面で増殖したものは「癜風(でんぷう)」といわれます。

アクネ菌もマラセチアも、誰の肌にも広く存在する常在菌なのですが、背中やデコルテなど体には顔よりもマラセチアが多く存在します。また、マラセチアは皮脂と高温多湿を好むため、衣類で蒸れやすい背中は活発に繁殖しやすい部位であり、特に汗をかく春から夏に増殖しやすい特徴があります。症状としては、直径2~3mmの赤みを帯びた盛り上がりが現れ、自覚症状はほぼなく、軽いかゆみを感じる程度です。マラセチア毛包炎になるとニキビ薬では治療できず、抗真菌薬の塗り薬を使用します。完治したあとにも再発することがあるため注意が必要です。

背中ニキビの予防法と改善法

背中ニキビを悪化させたり、ニキビ跡を残さないためにもニキビの予防が大切です。また、背中ニキビができたら、症状が悪化する前に対処しましょう。

ニキビ予防のポイント

ニキビには出来やすい体質と時期がありますが、予防策は共通です。以下を参考にしてください。

適切な洗い方

背中ニキビを防ぐためには、皮膚を正しく洗って毛穴を清潔に保つ必要があります。背中も顔と同じように優しく丁寧に洗って、ニキビの原因となる汚れや皮脂を取り除きましょう。

髪を洗ったとき、背中にシャンプーやトリートメントがついたままになるのもよくありません。頭だけでなく背中もきれいに洗い流すことが大切です。お風呂ではシャンプーやトリートメントが背中に残らないように、髪を先に洗ってから体を洗うことがポイントです。

なお、背中の乾燥がニキビの原因になることもあります。正しく洗ったあとはボディローションなどで保湿をして、うるおいを逃さないようにしましょう。

化粧水の使い方

化粧水で背中を保湿することも効果的です。背中を洗浄した後に清潔なタオルで水気を拭きり、化粧水をつけてください。手が届きにくい部位なので、逆さにしてスプレーできる容器に入った商品を利用すると便利でしょう。ニキビケアは毎日行うため、使いやすさも重要ですね。化粧水にはニキビケア成分のグリチルリチン酸ジカリウムやビタミンC誘導体を配合した医薬部外品を選んだり、ノンコメドジェニック処方(ノンコメドジェニックテスト※実施済)の化粧水を選ぶのもおすすめです。

※ニキビが出来にくい「ノンコメド処方」であるかを判定する試験

効果的なクリームの種類

背中ニキビケアに効果的なクリームは、炎症を抑え、皮脂の酸化を抑制し、ニキビ跡対策ができる成分などを含む医薬品や医薬部外品がおすすめです。

市販されている商品のなかには、複数の成分を含みさまざまなアプローチでニキビのケアができるものもあります。以下に、背中ニキビ対策におすすめの成分を紹介します。ただし、これらの成分が配合されていても、配合量などによっては十分な効果が得られない可能性があります。背中ニキビケア目的で商品を選ぶ際は、効能効果をしっかり確認しましょう。

ビタミンC誘導体

ピュアビタミンCに化学修飾することで、より安定かつ、肌に浸透しやすくなったのが特徴です。ターンオーバー促進、抗酸化作用のほか、メラニンの生成を抑えてシミを防ぎます。

パントテン酸

ビタミンB群の一種で、ビタミンB5とも呼ばれています。肌のターンオーバーをサポートしてくれます。

トコフェロール

トコフェロールはビタミンEの別名で、血行を促進して肌あれを防ぎます。また、油脂に対して抗酸化作用があります。

グリチルリチン酸ニカリウム

生薬のカンゾウ由来の成分で、炎症を抑える作用があります。

ヘパリン類似物質

血行を促進し、傷跡のターンオーバーをサポートします。

人それぞれの肌質や症状により効果が異なる場合があります。使用前にはパッチテストを行い、肌トラブルが起きないか確認することが重要です。

食生活の見直し

ニキビ予防のために、食生活を見直しましょう。偏った食事はニキビの原因となります。野菜やフルーツなどでビタミンB群やビタミンCなどの栄養素を積極的に補給しましょう。チョコレートやピーナッツなどの脂肪分の多い食品やスナック菓子などの食べ過ぎはやめましょう。水分や食物繊維を積極的にとり、便秘にならないように注意しましょう。

適度な運動

適度な運動を行うことで寝つきが良くなり、質の高い睡眠につながります。さらに、運動することで血行促進にもつながります。運動を通じて発汗も促され、毛穴の詰まりの改善も期待できます。

ストレス対策

ストレスによりニキビができたり、悪化することもあるのでストレスを溜めない生活を心がけましょう。

背中ニキビの改善法

すでにできている背中ニキビの改善には市販薬を利用するとよいでしょう。適切な市販薬を選ぶためには以下のポイントに留意しましょう。

有効成分の確認

殺菌作用のある成分で、ニキビの原因菌であるアクネ菌を殺菌することが重要です。イオウは、角質をやわらかくして毛穴に詰まった皮脂を取り除き、アクネ菌を殺菌します。レゾルシンとイソプロピルメチルフェノールも、殺菌効果があり、アクネ菌の殺菌が期待できます。

炎症をおこして赤くなっているニキビには炎症を抑える働きのあるイブプロフェンピコノールやグリチルリチン酸二カリウムなどの抗炎症成分が含まれている市販薬を選びましょう。

また、トコフェロール(ビタミンE)は血行を促進し、アラントインは傷の修復を促進することでニキビの治りをサポートします。

使いやすさ

市販のニキビ薬には、クリームタイプのほかローションタイプ、スプレータイプなどがあります。背中ニキビの位置や範囲などによって、使いやすい剤形を選ぶとよいでしょう。

セナキュア 100mL【第二類医薬品】

メンソレータム アクネス25 メディカルミストb 100mL【第二類医薬品】

 

市販薬の効果的な使い方

市販薬を使う際には、以下の使い方に気を付けましょう。

  1. 1.汚れを落とす: 背中をしっかりと洗浄し、余分な皮脂や汚れを取り除きます。
  2. 2.薬の塗布: 指先や綿棒を使って薬を背中に塗布し、均一に馴染ませます。背中全体にブツブツがある場合や、手が届かず自分でクリームなどが塗れない場合は、ローションタイプやスプレータイプがおすすめです。とくにスプレータイプは、容器を逆さまにして噴霧できるものが多いので、手が届かない箇所への使用に向いています。

ニキビが改善しない場合は皮膚科を受診しましょう

市販薬の使用にもかかわらず、背中ニキビが改善されない場合は、皮膚科でニキビの状態に合わせた適切な治療を受けましょう。医師が原因を特定し、適切な塗り薬や飲み薬(抗菌剤、ビタミン剤、漢方薬)の処方、専用の器具を使って、毛穴につまっている皮脂や角質、膿などを取り除く面ぽう圧出(コメド圧出)などの治療法を提案してくれます。

皮膚科でのニキビ治療は、従来は、抗菌薬によりアクネ菌を抑える治療が主流で、炎症が起きたニキビしか治療できませんでした。最近では、皮膚科で処方される塗り薬(コメド治療薬)という毛穴のつまりを改善する塗り薬が登場し、コメドの段階から治療できるようになっています。ニキビができにくい肌にするために、このコメド治療も推奨されているようです。

背中ニキビ跡のケア方法・改善方法

ニキビ跡の種類

背中ニキビ跡には色々な種類がありますが、代表的なものには以下があります。

色素沈着

炎症が長引くと肌を守ろうとしてメラニンが生成され、肌がくすんだり、色素が残り色素沈着となる場合もあります。

凹凸やクレーター

炎症が悪化すると毛穴の壁が壊れて炎症が広がることがあります。このような場合、ニキビが治ったあともクレーターのようにへこんだ跡が残りやすくなります。

ニキビ跡の改善方法

しみに有効な医薬品の利用

ビタミンCやL-システインなどが配合されているビタミン剤は炎症後の色素沈着に対して効果が期待できます。ただし、配合内容によっては色素沈着に効能効果がないものもあるため、市販薬を購入する際はご注意ください。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚の表面を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。フルーツ酸などの働きで毛穴につまった角質や面ぽう(コメド)を排出し、白ニキビ、黒ニキビや一部の赤ニキビに効果が期待されます。

適切な保湿

肌の修復を促進するために重要です。肌が乾燥しているとバリア機能が低下して、紫外線など外からの刺激を受けやすくなります。すでにニキビの炎症でダメージを受けているところに、刺激によるダメージも加わるため、肌の回復を遅らせる一因となってしまいます。お風呂上りに保湿剤を使うなどして、保湿を心がけましょう。

 

ニキビ跡に対する治療法は個人の状態により異なるため、皮膚科医の指導を仰ぎながら最適なケア方法を見つけることが大切です。

記事で紹介されている商品一覧

メルマガ登録ですぐに使えるクーポンをGET!

ミナカラのメールマガジンでは、お得なクーポンやセール情報、健康管理に役立つ豆知識を発信中! メルマガの新規登録で、すぐに使える500円OFFクーポンがご利用いただけます! ご登録方法はメールアドレスを入力するだけ! 不要になったら配信停止も簡単です。

ミナカラ マガジンの登録はこちら 通常価格の約59% OFF

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • noteで書く noteで書く
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。