送料無料キャンペーン中!

爪のトラブルとその対策全解明!割れやすい爪、二枚爪、縦線、横線、白い斑点の原因とは

更新日:

薬剤師監修日:

とるに足らないようなことを「爪の先ほど」などと言ったりしますが、爪は私たちの体にとってとても重要な役割を果たしています。爪のトラブルを回避するために対策をしましょう。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶

爪の構造とその役割

爪は皮膚の一部で、髪と同じタンパク質の一種であるケラチンで構成されている固くなった角質層です。体の一部として、指先を保護し、外部からのダメージを軽減する役割を果たします。

爪の根元には乳白色の半月形の部位があり、爪半月(つめはんげつ)と呼ばれています。爪半月よりもさらに内側にある皮膚で覆われた爪母(そうぼ)という部分で爪は作られ、日々伸びてゆき、前方へ押し出されていきます。そして、いわゆる爪の部分となるのは爪甲(そうこう)呼ばれる部分です。爪床(そうしょう)は爪甲の下にある皮膚の部分で、爪の形成と維持に必要な栄養や水分を補給するための毛細血管や神経が通っています。爪甲の大部分は透明ですが、先端部分は白く不透明となっています。爪甲の表面からは常に水分が蒸散(皮膚からの水分蒸発)していますが、爪床部から常に水分が供給されているため爪甲部分のほとんどは常に透明です。一方で、爪甲の先端部分には爪床がないので、水分が供給されず乾燥して不透明になります。甘皮は爪の根元にある薄い皮で、細菌などの外部からの侵入を防ぐ役割があります。甘皮はキューティクル、爪上皮ともいわれます。このように、爪は正常な成長と機能を保つために複雑な構造を有しています。

爪の成長サイクル

爪は絶えず成長し、健康な成人で1日あたり約0.1mmずつ、1か月で約3〜4mm伸びていきます。子供の方が早く伸びて、加齢とともに伸びるのが遅くなります。また冬よりも夏の方が早く伸びるといわれます。爪が生まれ変わるには、個人差がありますが4~6ヵ月くらいかかるといわれます。爪(爪甲)は、爪母(そうぼ)と呼ばれる部分で形成されます。爪母は皮膚の下にあり、爪床の上を滑って前方に押し出されていきます。爪床は爪と皮膚がくっついている部分で、爪が成長する過程で形成される組織です。爪甲は主に角質から成り立っており、爪の硬さや強度を提供しています。正しい手入れと注意が必要ですが、爪は体の健康状態や生活習慣を反映する重要な部分でもあります。

具体的な爪のトラブルとその原因

表面がピンクでなめらかな爪が理想的な爪です。爪の健康維持には適切なケアが必要で、保湿や栄養補給も重要です。理想的な爪のためにも、適切なケアとトラブル予防法に関する知識を深めてケアを行いましょう。

爪が割れる

爪が割れる原因として栄養不足と加齢、乾燥などが挙げられます。爪はケラチンというたんぱく質で構成されており、たんぱく質の不足は爪をもろくします。バランスの悪い食生活や加齢によって、爪を丈夫に保つための必要な栄養が不足すると、爪はちょっとした衝撃で割れやすくなります。また、年齢を重ねると爪が乾燥しやすくなります。美しく健やかな爪を保つためには、たんぱく質豊富な食事、爪への適切な栄養補給、保湿ケアが重要です。

二枚爪

二枚爪は、医学的には「爪甲層状分裂症(そうこうそうじょうぶんれつしょう)」といい、爪が先端から薄く層状に剝がれてしまう状態を指します。爪が薄く剥がれる主な原因は、水分不足、外部からの衝撃、季節の変化による乾燥、栄養不足などが挙げられます。爪の原料であるたんぱく質の摂取不足や乾燥が爪に悪影響を与え、二枚爪を引き起こすことがあります。

二枚爪を予防するためには栄養バランスの良い食事のほか、日常的な保湿ケアが非常に重要です。保湿クリームやネイルオイルを使って爪を適切に保湿し、水分不足からくる二枚爪を防ぎましょう。

爪に縦線が入る

爪の縦線は爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)という症状です。爪の表面に縦に走る細長い線のことで、健康な人にもよく見られます。これらの縦線が現れる原因は加齢による場合が多く、老化現象の一つと考えられます。その他にも、爪の乾燥やストレス・生活習慣の乱れによる影響も原因として挙げられます。

対処法としては、保湿ケアとビタミン・ミネラルなどのバランスのよい栄養補給を心がけましょう。

爪に横線が入る

横線が現れる原因はさまざまですが、爪を作っている爪母に何らかの障害が生じ、爪の成長が一時的に抑えられた結果として生じることがあります。1つの爪だけに横線があらわれた場合は、外傷や爪を噛む習慣などが主な原因となります。全ての爪に横線が現れる場合は「ボー線条」と呼ばれ、発熱性疾患、感染症、栄養不足、薬剤の影響、出産、亜鉛欠乏症などの関与が考えられます。

新たな横線を作らないためにも、たんぱく質、亜鉛、ビタミンなど適切な栄養をバランス良く補充して爪の成長をサポートしましょう。また、爪の横線に加えて体調で気になることがある場合は、皮膚科を受診して医師に相談しましょう。

白い斑点が現れる

爪に白い斑点が現れる現象は、点状爪甲白斑(てんじょうそうこうはくはん)と呼ばれます。主な原因は、軽度な外傷や爪の成長異常などが考えられます。爪の成長中に外部からの衝撃などが加わった結果、爪の成長に異常が生じて、白く見えることがあります。他にも、栄養不足やストレス、爪の隙間に空気が入ることも爪甲白斑の原因とされています。

対策には食生活の改善が鍵です。亜鉛、鉄分、ビタミンを含めたさまざまな栄養素をバランスよく補給しつつ、爪への外的ダメージやストレス管理を心がけましょう。 爪が伸びるとともに移動し、爪を切ると消えていくため、多くの場合、放置しても問題はありません。

爪が白く濁る

1. 爪白癬(つめはくせん)/爪水虫

爪が白く濁る主な原因は、爪白癬(爪水虫)などが考えられます。特に、足の爪に症状があらわれた場合は爪白癬と診断されることが多いです。白癬菌が爪に感染すると、爪が濁って分厚くなることがあります。

爪白癬かどうかを調べるには、病院で顕微鏡を用いた検査を受ける必要があります。また、爪白癬の治療には、病院で処方される内服薬や塗り薬が不可欠です。市販薬では対処できないため、爪白癬と疑わしい症状が出た際には、早めに病院を受診しましょう。

2. 爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)

足の親指の爪が濁り、分厚くなり、表面がでこぼこして弓型に曲がる症状です。

外傷や足に合わない靴が原因で発症するため、対処法としては適切な靴の選択や爪のケアが重要です。進行する場合は、専門医の診断と治療が必要となります。

3. 爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)

手の爪が指先から浮き上がり、白く見える症状です。皮膚炎、カンジダ感染、尋常性乾癬などが原因といわれ、他にもネフローゼ症候群、貧血、糖尿病などが関連することもあります。

原因に応じて病気の治療が必要となるため、このような症状がみられる場合は医師の指導に従いましょう。

爪のトラブル予防・解決策

栄養バランス

爪はケラチンというタンパク質からできており、その健康を維持するためにはバランスの良い食事が欠かせません。毎日の食事から、健やかな爪を育てるための栄養素を補給しましょう。

爪を守るための栄養素

  • タンパク質: 爪の主成分であるケラチンを作るためには、タンパク質が必要です。肉や魚などの動物性食品や大豆製品などの植物性食品から良質なタンパク質を摂るよう心がけましょう。
  • 亜鉛: 爪の成長速度を調整し、爪の強度を維持するのに重要です。カシューナッツなどの種子類や牡蠣などの海産物、豚レバーなどの肉類、小麦胚芽などの穀物に多く含まれています。
  • ビタミンB: ビタミンB群はお互いに協力しあって、爪の発育を促します。肉や魚、野菜、穀類をバランス良く摂取しましょう。
  • ビタミンC: 爪の健康維持に欠かせないビタミンCは、柑橘類や野菜などに多く含まれています。毎日の食事で積極的に取り入れましょう。
  • 鉄分: 鉄分が不足すると爪が薄くなり、二枚爪など爪の変形トラブルが起こりやすくなります。鉄分を含む食品を積極的に摂取し、爪の薄さやもろさを防ぎましょう。

爪を傷つけない行動の見直し

健康な爪を維持するための外的要因として、乾燥・水分過多・酷使となる行動の見直しをおこなってみましょう。爪を傷つけないように普段の行動や習慣を見直して、爪へのダメージを最小限に抑えましょう。

爪を守るための生活のポイント

  • 爪に負担をかけない: 爪に過度な力を加えないように心がけましょう。何かを押したりはがしたりする際には、爪ではなく指や手全体を使ったり、缶詰や缶飲料のプルトップを開ける際には缶オープナーを使用したり、袋入りの商品のパッケージを開ける際には手ではなくハサミを使用するなど適切な道具を使用しましょう。
  • 手袋を利用する: 掃除や水仕事などで手が濡れる場合はゴム手袋を使用し、皮膚の油分が奪われることによる乾燥や洗剤の刺激から爪を守りましょう。

正しい爪の手入れとケア方法

セルフケアにおいては、正しい爪の切り方や保湿ケアが重要です。爪の健康を保つための爪のお手入れ方法を紹介します。

1. 適切な爪の切り方

爪を長く伸ばしすぎると水分が不足して割れやすくなるため、定期的に爪を切ることも大切です。手の爪は1日に約0.1mm伸びるので、5〜7日に一度くらいを目安に爪を切るように心がけましょう。足の爪は1日に約0.05mm伸び、10〜14日に一度くらいの頻度で切るのが良いとされています。

爪を切る際には深爪にならないように注意し、爪を切った後はツメヤスリを使用して爪の形と断面を整えましょう。

匠の技 ステンレス製 ツーウェイ・ツメヤスリ 1個

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

匠の技 キャッチャー付き ステンレス製 高級つめきり 1個

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

2. 保湿を忘れずに

乾燥した爪はもろくなりやすく、トラブルの原因となります。爪や周囲の皮膚を保湿することで、爪の健康をサポートできます。美容オイルや爪用のクリームなどを利用し、しっかりと保湿を行いましょう。

ネイルアイテムの種類

きれいな爪を保つにはセルフケアも重要です。爪は顔と同じように皮膚の組織でできていますので、ケアは丁寧に行いましょう。特に保湿は重要です。指先は1日中使用されているため、さまざまなものに触れるたびに指先の油分は失われて乾燥しがちです。保湿をこまめにおこなって爪をダメージから保護しましょう。

1. キューティクルオイル・クリーム:爪の周囲の保湿ケア

爪や爪の生え際をケアするアイテムでネイルオイルやネイルケアクリームともいわれます。爪が割れやすい方、爪が薄い方、縦すじがある方、二枚爪などでお悩みの方に向いているアイテムです。爪にうるおいを与えたり、成分が傷んだ爪の内側まで浸透してダメージを補修し、強く健康な爪を保ちます。保湿メインのものや、補修メインのものなどさまざまな商品が市販されているので、自分の爪の状態にあったものを選びましょう。

ドクターネイル ディープセラム 3.3mL

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

メンソレータム ハンドベール ビューティー プレミアムリッチネイル 12g

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

2. ハンドクリーム:指・手の全体を保湿ケア

ハンドクリームは肌の表面に膜をはり、手肌や指先のうるおいを保ちます。また、医薬部外品のハンドクリームには、消炎成分や美白成分が含まれているものもあります。爪のケアだけでなく手荒れや手のしみが気になる方は配合成分にも注目してみましょう。さらに、指先には多くの神経と血管が張り巡らされているため、ハンドクリームを塗る際には優しくさするようにすることでマッサージ効果も期待できます。

ユリアージュ ウォーターハンドクリーム 49g

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

コエンリッチ 薬用エクストラガード ハンドクリーム 80g【医薬部外品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

医療機関によるチェックと治療

美しい手元は健康な爪から始まりますが、爪に異常が見られる場合は早めの受診が欠かせません。爪に強い痛みや色の変化、反り返りなどの異常が生じ、症状が続くようであれば、病気の可能性があるため皮膚科を受診しましょう。まれに、爪にメラノーマ(悪性黒色腫)が生じることもあるので、縦線の幅が広くなったり色が濃くなったりしている場合はすぐに受診してください。

 

記事で紹介されている商品一覧

メルマガ登録ですぐに使えるクーポンをGET!

ミナカラのメールマガジンでは、お得なクーポンやセール情報、健康管理に役立つ豆知識を発信中! メルマガの新規登録で、すぐに使える500円OFFクーポンがご利用いただけます! ご登録方法はメールアドレスを入力するだけ! 不要になったら配信停止も簡単です。

ミナカラ マガジンの登録はこちら 通常価格の約59% OFF

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • noteで書く noteで書く
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。