絶え間なく世の中が動き続け、眠る時間も惜しんで活動している人が多い現代社会では、知らず知らずに無理を重ね、心も体も疲れている人たちでいっぱいです。

このような、疲労が蓄積してやる気まで失いそうになっている人を元気づけてくれるのがキューピーコーワゴールドα。

体の疲れを改善してくれるキューピーコーワゴールドαを効果的に活用するために、成分の特徴や、飲むタイミングはいつがいいのか解説します。
 

キューピーコーワゴールドα

キューピーコーワゴールドαはどんな薬?

キューピーコーワゴールドαは、植物由来の滋養強壮生薬とビタミン類などの同時配合で、効果的に疲れを取り去り、元気を注入してくれるお薬です。

< 効果・よく使われるケース >
滋養強壮,虚弱体質,肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

< 用法用量と使用法 >
次の量を水又は温湯で服用してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):1錠:1~2回
15歳未満の小児:服用しないこと

●朝・昼・晩、食前・食後にかかわらず、いつでも服用できます。
(1日2回服用する場合は、1回目の服用から6時間以上間隔をあけられることをおすすめします。)

キューピーコーワゴールドαはいつ飲むのがいい?

キューピーコーワゴールドαで効果的に疲れをとるには、いつ飲めばいいのでしょうか?
まず、キューピーコーワゴールドαに含まれている成分と効果からみていきましょう。

成分

< 滋養強壮 >
・ エゾウコギ乾燥エキス
・ オウギ乾燥エキス
・ オキソアミジン末(ニンニクから抽出された成分)

これらは生薬由来の成分で、血流促進や免疫機能を高める作用などもあります。

< エネルギー源の合成・貯蔵 >
・ L-アルギニン塩酸塩

アミノ酸の一種。からだに元気がない時、エネルギー源の合成・貯蔵を促進します。

< 代謝促進 >
・ チアミン硝化物(ビタミンB1)
・ リボフラビン(ビタミンB2)
・ ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
・ トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)
・ L-アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC)
・ ニコチン酸アミド

6種類のビタミンは、代謝を助け、栄養物のエネルギー化を促したり、抗酸化作用により細胞レベルから健康に導きます。

< 交感神経を刺激 >
無水カフェイン

中枢神経に働きかけて交感神経の働きを優位にし、頭をすっきりさせたり、疲れを取り除きます。

1日1回なら、夜寝る30分~1時間前に飲むと効果的!

私たちの脳と体は眠っている間に休息をとり、疲れを回復していきます。
このときに代謝を助けてくれる成分や滋養を高める成分を体内に摂り込めば、疲労回復効果がアップ。

ただし、就寝中は胃腸の働きもペースダウンするため、寝る30分~1時間前に服用して、ある程度消化を進めるのが、成分を効率的に働かせるポイントです。

できれば夕食後2時間ほど経っていると、胃の中での消化も進んで生薬が吸収されやすくなりますので、より一層効果的です。


もし疲れ度が重症で、就寝前に服用しても、朝起きたら疲れが残っている場合は、朝食の前にもう1錠服用を。
就寝前の服用から6時間以上経っていない場合は、昼食前の空腹時に飲みましょう。
胃の中が空っぽの状態だと薬の成分が吸収されやすいうえに、食欲増進作用もありますので、1日を乗り切る元気を生み出してくれます。

ゴールドαプラスとの違いは?

キューピーコーワゴールドαとゴールドαプラスの違いは、次の成分の差です。
・キューピーコーワゴールドα ・・・ ニコチン酸アミドが含まれている
・キューピーコーワゴールドαプラス ・・・ トウキ(当帰)乾燥エキスが含まれている

ゴールドαとゴールドαプラスでは、これ以外の成分はほぼ同じです。

< 肌荒れやニキビも気になる人は、ゴールドαを >
ゴールドαに含まれているニコチン酸アミドはビタミンB群の一種で、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。疲れから肌荒れやニキビが出ているような方は、ゴールドαをどうぞ。

【第3類医薬品】キューピーコーワゴールドα 160錠

キューピーコーワゴールドα



< 手や足腰の冷えも気になる人は、ゴールドαプラスを >
ゴールドαプラスは滋養成分が強化。トウキエキスは血の巡りをよくして体を温める作用があるので、冷え性の方や、体の深い部分に疲れが蓄積してしまった方におすすめです。

【第3類医薬品】キューピーコーワゴールドα-プラス 160錠

キューピーコーワゴールドα−プラス

ゴールドαプラスを飲むタイミングは?

ゴールドαプラスを飲むタイミングは、ゴールドαと同じです。
1日1回の場合は、夜寝る30分~1時間前に。血流促進で冷えも改善されるので、眠りが深くなります。
それでも疲れが残っている場合は、朝食前か昼食前の空腹時にもう1錠飲んでみましょう。

キューピーコーワゴールドαの副作用について

■服用中に、以下のような症状が持続する場合や悪化が見られた場合は、使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
 下痢

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐

また、薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人は、服用前に医師、薬剤師などに相談してください。

おわりに

疲れには、肉体的な疲れと、精神的な疲れがあり、どちらも蓄積するとストレスとなり、体にさまざまな不調をもたらします。

日頃からこまめに休息をとって心と体をリフレッシュさせるよう心がけながら、ここぞ!という時は薬のチカラを借りて頑張る・・・というように、上手に「疲れ」や「ストレス」と付き合ってください。


キューピーコーワゴールドαとゴールドαプラスの成分など、詳しい情報はこちらの記事も参考になさってください。
ミナカラ:お薬辞典「キューピーコーワゴールドα」
ミナカラ:「キューピーコーワゴールドαプラスの効果・成分・副作用について解説」