グローミン

大東製薬工業

市販薬 塗り薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水疱、にきび、脱毛、多毛、皮膚色調の変化
その他:血圧上昇、頻尿

使用上の注意点

■以下のような方は使用しないでください。
・グローミンはテストステロンによりアレルギー症状を起こしたことがある方
・ご使用前にテストステロンをチューブから5mm程度出し、内股などの皮膚のうすい所にすり込んで、翌日中に薬疹、発赤、かゆみ、かぶれ、はれなどの症状が現れた方
・アンドロゲン依存性腫瘍[例えば前立腺腫瘍、乳腫瘍(悪性)]およびその疑いのある方
・排尿困難をともなう前立腺肥大のある方
・睡眠時無呼吸症候群である方

■前立腺検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上の方は、有効成分(テストステロン)が前立腺腫瘍を進行させるおそれがあります。医師の判断に従ってください。
・特に50歳以上の男性は前立腺腫瘍の罹患率が高まるため、使用前に前立腺検査を受ける必要があります
・継続的に使用する場合は、定期的な検査を受ける必要があります
・検査の結果、異常があった場合は直ちに使用を中止して、医師または薬剤師に相談してください

■以下のようなことはしないでください。
・次の部位への使用:目や目の周囲、粘膜(口腔、鼻孔など)、陰茎部先端(尿道口)、外傷、炎症、湿疹、ただれ、化膿などのある患部
・使用者以外への付着:付着した場合は直ちに洗い流してください。

■使用後は石鹸とぬるま湯で手を十分に洗ってください。

■塗布部が他の方と接触する可能性があるときは、塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流してください。

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師の治療を受けている方
・前立腺肥大ではあるが、排尿困難をともなわない方
・薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、水疱など)を起こしたことがある方
・次の診断を受けた方:重度の心臓病、腎臓病、肝臓病、高血圧、多血症
・1ヶ月位使用しても症状の改善がみられない方
・月経異常、あるいは変声などの男性化の兆候があらわれた方
・睾丸萎縮、精子減少、精液減少などの症状があらわれた方
・女性化乳房の兆候があらわれた方
・誤った使い方をしてしまった方

■目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は使用しないでください。

■授乳中の方は使用しないでください。

■15歳未満の子供は医師、薬剤師などに相談してください。
(骨端の早期閉鎖、性的早熟を来たすおそれがあります)

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■グローミンを使用している間は、以下の薬は使用しないでください。
・ワルファリンカリウム等の抗凝血薬

■以下の薬を使用している場合は、グローミンを使用する前に医師、薬剤師などに相談してください。
・他の男性ホルモン薬、5α還元酵素阻害薬