ケロリン

富山めぐみ製薬

市販薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、青あざができる
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胸やけ、胃もたれ、腹痛、下痢、血便、胃腸出血
精神神経系:めまい
その他:鼻血、歯ぐきの出血、出血が止まりにくい、出血、発熱、のどの痛み、背中の痛み、過度の体温低下

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。
・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤などが持続したり、急激に悪化する。
・中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤などが持続したり、急激に悪化する。
・肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。
・ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しいなどがあらわれる。
・再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿などがあらわれる。

使用上の注意点

■以下のような方は使用しないでください。
・ケロリンまたはケロリンの成分によりアレルギー症状を起こしたことがある方
・ケロリンまたはほかの解熱鎮痛薬、かぜ薬を使用してぜんそくを起こしたことがある方

■長期にわたって使用しないでください。

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師または歯科医師の治療を受けている方
・高齢者
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある方
・次の診断を受けた方:心臓病、腎臓病、肝臓病、胃・十二指腸潰瘍

■ケロリンは昔から変わらない解熱鎮痛に有効な3つの成分で構成された粉末状の薬で、ほかにも錠剤タイプの「ケロリンA錠」や制酸作用にすぐれたアミノ酢酸配合の「ケロリンチュアブル」、解熱鎮痛作用が強めのイブプロフェンを配合した「ケロリンIBカプレット」などがあります。

■5~6回使用しても症状が改善されない場合は、使用を止め医師または薬剤師に相談してください。

■ほかの容器への移し替えはしないでください。(誤用の原因や品質が変わることがあります)

■使用期限を過ぎたものは使用はしないでください。

■空腹時をさけて使用してください。何も食べられないときはクッキーや牛乳などで胃を満たしてから使用するようにしてください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■出産予定日12週以内の妊婦の方は使用できません。

■妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方は医師、薬剤師などに相談してください。

■授乳中の方は医師、薬剤師などに相談してください。

■15歳未満の子供は使用しないでください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ケロリンを使用している間は、以下の薬は使用しないでください。
・ほかの解熱鎮痛薬
・かぜ薬
・鎮静薬

■ケロリンの使用前後は飲酒はしないでください。

薬効・薬理

【アセチルサリチル酸】
アセチルサリチル酸は別名アスピリンとも呼ばれ、痛みの原因であるプロスタグランジンの生産を抑え、歯痛、生理痛、頭痛などで生じる痛みや発熱を素早く緩和します。ほかの解熱鎮痛薬に比べ副作用の頻度は少なく、比較的に安全であるとされ、解熱鎮痛薬以外でも心筋梗塞や狭心症、脳卒中など、さまざまな治療薬へ用いられています。

【無水カフェイン】
解熱鎮痛作用のある薬の効果を高める働きや中枢神経を刺激することで、頭の重い感じをスッキリさせ眠気や疲労感を緩和する作用があります。解熱鎮痛薬のほかにも鎮咳去痰薬やかぜ薬、鼻炎用内服薬などに配合されています。

【ケイヒ末】
ケイヒ末は生薬の桂皮を粉末状にしたもので、胃の粘膜を保護し胃を元気にする作用があると同時に、アセチルサリチル酸による胃への負担を軽減する目的として配合されています。ケイヒ末は健胃作用のほかにも体をあたためる、血行の改善、鎮痛、感冒などに効果を発揮します。