ゲンタシンは抗生物質!すり傷・切り傷・化膿した傷・とびひ・やけどのジュクジュク

ゲンタシン(成分名:ゲンタマイシン硫酸塩)はアミノグリコシド系の抗生物質です。病院などで処方される医療用医薬品で、塗り薬としてはゲンタシン軟膏0.1%、ゲンタシンクリーム0.1%があります。

ゲンタシンは細菌の正常なタンパク質の合成を阻止して効果を発揮する抗菌薬です。ただし大部分の嫌気性菌(酸素を嫌う細菌)には抗菌力を示しません。

ゲンタシンの軟膏とクリームは何が違う?

ゲンタマイシンの塗り薬には軟膏とクリームがあります。軟膏とクリームの違いは以下のようになります。季節や症状、生活のスタイルで使いわけることが多いです。

剤形 利点 欠点
軟膏 ・長くもつ
・患部の保護作用が高い
・ベタつく
クリーム ・伸びがいい
・塗り心地がいい
・水洗いで落としやすい
・汗などで流れやすい

ゲンタシンの効果

ゲンタシンは細菌の増殖を防ぎ、部分的な感染症を治します。主に皮膚の感染症の治療に用いられます。

すり傷、切り傷、化膿した部分・傷、とびひ、やけどの水泡が破けてジュクジュクした傷などに処方されます。

また、虫刺されやあせもを掻きむしってしまった場合、掻きむしった傷からの感染を予防するために処方されることがあります。ただし、ゲンタシンにはかゆみや炎症を抑える効果はないので、かゆみ止めと合わせて処方されることが多いです。

〈適応菌種〉
ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属(肺炎 球菌を除く),大腸菌,クレブシエラ属,エンテロバクター属, プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属, 緑膿菌

〈適応症〉
表在性皮膚感染症,慢性膿皮症,びらん・潰瘍の二次感染

ゲンタシン軟膏0.1%、ゲンタシンクリーム0.1% 添付文書

ゲンタシンの使い方|顔や陰部への使用は?

ゲンタシンは1日1~数回患部に少し広めに塗るか、あるいはガーゼなどにのばしたものを患部に貼り付けます。

耐性菌(ゲンタシンが効かない菌)を作らないために、医師の指示なしに自分の判断で塗るのを止めないでください。

陰部に使える?

ゲンタシンは刺激となるものが入っておらず陰部(デリケートゾーン)にも使うことができます。下着などを汚さないためにガーゼなどを使う必要があります。

顔に使える?

ゲンタシンは顔や唇にも使う事はできますが、目に入らないように気をつけてください。もし入った場合はすぐに水で洗い流してください。

ゲンタシンの市販薬はある?|ゲンタシンと同じものはないが抗菌薬の軟膏はある!

2017年8月現在、ゲンタシンと同じ成分(ゲンタマイシン硫酸塩)の市販薬はありません。ゲンタシンが必要な方は医師の診断を受ける必要があります。

ゲンタシンと同じ成分の市販薬はありませんが、抗菌薬は市販薬としてドルマイシンなどがあります。

ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏はコリスチン硫酸塩とバシトラシンという2つの抗菌薬を配合した軟膏です。外傷ややけどの化膿予防、毛嚢炎や湿疹などに使用できます。急ぎで使いたい方におすすめです。

ゲンタシンはニキビやヘルペスには効かない!おすすめの市販薬まで紹介

ニキビには効く?

ゲンタシンにニキビへの効果は期待できません。ゲンタシンの適応菌種の中に、ニキビの原因菌であるアクネ菌はありません。

ニキビ治療の塗り薬としてはクリンダマイシンリン酸エステルを成分とするダラシンTゲル1%などがよく処方されます。

ただし、ニキビが化膿してしまっている場合や皮膚に細菌が感染して起こる毛嚢炎(もうのうえん)では、細菌感染への治療としてゲンタシンが処方されることがあります。

毛嚢炎は見た目がニキビに似ているため、「ニキビにゲンタシンが処方された」と勘違いされてしまうこともよくあります。

【薬剤師がおすすめするニキビの市販薬】

ニキビ治療薬の市販薬ではアクネ菌を殺菌する成分イソプロピルメチルフェノールが配合されたペアアクネクリームWがあります。

ペアアクネクリームW

 

ヘルペスには効く?

ヘルペスは「細菌」ではなく「ウイルス」によって起こるものです。細菌感染の治療薬であるゲンタシンではヘルペスに効果がありません。ヘルペス治療の塗り薬にはゾビラックス軟膏5%などが処方されます。

【薬剤師がおすすめする口唇ヘルペスの市販薬】

ヘルペス治療薬の市販薬では医療用と同じ成分が配合されたアクチビア軟膏がおすすめです。ただし、アクチビア軟膏は過去に医師の診断・治療を受けた事がある口唇のヘルペスの再発の治療に限られます。

病院で口唇ヘルペスの診断を受けた事のない方、口唇ヘルペス以外のヘルペスの方は使用できません。

 

水虫には効く?

水虫の原因である白癬菌は「細菌」ではなく「真菌」というカビの仲間です。細菌感染の治療薬であるゲンタシンでは水虫に効果がありません。水虫治療の塗り薬にはラミシールクリーム1%などが処方されます。

【薬剤師がおすすめする足水虫(足白癬)の市販薬】

水虫の治療薬で市販薬のものは医療用と同じ成分が配合されたラミシールプラスクリームなどがあります。

ラミシールプラスクリーム

 

カンジダには効く?

カンジダも「細菌」ではなく「真菌」の仲間です。細菌感染の治療薬であるゲンタシンでは直接的な効果はありません。ただし、二次的な感染を防ぐためにカンジダの治療薬に加えて処方される事があります。

腟のカンジダの治療薬としてはオキナゾール膣錠やアデスタン膣錠などが処方されます。病院で腟カンジダの診断を受けた事のない方、腟カンジダ以外のカンジダの方は使用できません。

【薬剤師がおすすめする膣カンジダの市販薬】

市販薬の腟カンジダ治療薬としては腟坐剤のメディトリートや外陰用クリームのメディトリートクリームなどがあります。ただし、メディトリートは過去に医師の診断・治療を受けた事がある腟カンジダの再発の治療に限られます。

メディトリートは腟坐剤と外陰用クリームを併用できる特徴があり症状のある部位によって使い分けます。

カンジダ症状がある部位 適切な薬

(外陰症状はないか、外陰病変は腟口部のみの狭い範囲に認められる場合)
メディトリート(腟坐剤)
腟及び外陰
外陰病変は腟口部より広い範囲に認められる場合)
・メディトリート(腟坐剤)
・メディトリートクリーム(外陰用クリーム)
外陰
(外陰病変は腟口部より広い範囲に認められ、腟症状はない場合)
・メディトリートクリーム(外陰用クリーム)

【ただし、腟内にも原因菌が増殖している可能性があるためメディトリート(腟坐剤)との併用が望まれます】

メディトリートクリーム

 

口内炎には効く?

ゲンタシンはもともと口の中に使用するように作られていないため、有効成分が患部に残りません。口内炎への効果は期待できないと思われます。口内炎の塗り薬としては口の中で軟膏が残りやすいケナログ口腔用軟膏0.1%が処方されます。

【薬剤師がおすすめする口内炎の市販薬】

口内炎の市販薬では医療用成分と同じ成分が配合されたケナログA口腔用軟膏などがあります。

ケナログA口腔用軟膏

 

痔には効く?

ゲンタシンでは痔そのものに効果はありません。ただし、肛門の外側に痔による傷がある場合に感染予防目的で処方されることはあります。痔の治療薬としてはネリプロクトの坐剤や軟膏などが処方されます。

【薬剤師がおすすめする痔の市販薬】

痔の市販薬にはプリザエースシリーズなどがあります。外側に出来た痔には軟膏剤、内側に出来た痔には坐剤・注入軟膏といったように、自分の症状にあったものを選んでください。

プリザエース注入軟膏T

ゲンタシンの使用上の注意|使用できない方や副作用について

使用上の注意

・ゲンタシンはゲンタシンを含めたアミノグリコシド系の抗生物質やバシトラシンに対し過敏症を起こしたことのある方は使用できません。

・ゲンタシンの使用は耐性菌の発現等を防ぐため、原則として治療に必要な最小限の期間にとどめてください。

・目には使用しないでください。

副作用

ゲンタシンの副作用はめったに起こるものではありませんが、主な副作用には発疹、かゆみ、発赤、腫れなどが報告されています。

また、腎障害、難聴の副作用が出る可能性があるため、長期間の連用を避けてください。もし、発疹、かゆみ、発赤、腫れ、音が遠い、聞こえにくいなどの症状が出た場合は使用を中止して、医師の診療を受けてください。

ゲンタシンとリンデロンVGの違い|リンデロンVGにはかゆみや炎症に効くステロイドが入っている!

ゲンタシンとよく比較される塗り薬がリンデロンVGです。リンデロンVGはゲンタシン(ゲンタマイシン硫酸塩)にステロイド(ベタメタゾン吉草酸エステル)を加えたものと言えます。

リンデロンVGに入っているベタメタゾン吉草酸エステルはステロイドの分類では上から3番目のランク、Ⅲ.Strong(強い)に属しています。

リンデロンVGは抗菌薬にステロイドが加わることにより、かゆみや炎症を抑えることができるようになりました。虫刺されやあせも、皮膚炎、湿疹、やけどのジュクジュクなどのかゆみや炎症を伴う部分の感染予防には、ゲンタシンよりもかゆみや炎症も抑えられるリンデロンVGがおすすめです。

ただしステロイドは免疫を下げるためゲンタマイシン硫酸塩の効果が薄い細菌や真菌などに使うと、症状が悪化してしまう場合があります。

まとめ

ゲンタシンは切り傷や化膿など幅広く使うことができます。しかし、先にあげたように効果がないものも多くあります。効果がないものへ使用していると、その間に症状が悪化してしまうことも考えられます。

薬を使う時は症状に合う薬を使うことが一番大切なことです。もし何を使ったら良いかわからない方は、病院を受診するか薬局・ドラッグストアなどの薬剤師・登録販売者や薬剤師のいる質問サイト(ミナカラなど)でどの薬を使ったら良いか聞くようにしてください。

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ