赤ちゃんの便秘の多くは水分・栄養不足が原因

便秘とは、排便が遅れたり困難になったりする状態をさします。

赤ちゃんが便秘になる原因の多くは、水分や栄養不足が考えられます。母乳や粉ミルクなどの摂取が少ないと、水分や栄養が足りない状態になり、十分な便を作ることができず排泄をすることもできません。

それ以外の原因として、赤ちゃんの体に構造的な問題や、腸や筋肉、神経に問題があるおそれもまれにあります。

赤ちゃんの便秘に気付くための注意点

大人の場合は、1週間の排便が3回未満の場合は便秘になっていると言えますが、赤ちゃんの場合は「何日間、便が出ないと便秘」という決まりは特にありません。

赤ちゃんの便秘に気付くために大事なことは、排便回数よりも排便時の様子や日々の体重変化です。

排便時の様子を見る

赤ちゃんの排便時の様子を見ることで便秘に気づけることがあります。赤ちゃんの便秘のサインを察知するために、次の点に気をつけましょう。

・排便時に痛がっていないか
・便が出ずに苦しそうにしていないか
・お腹が張っていないか

一週間の排便回数が少なくても、痛がる様子や苦しそうにする様子がなければ問題はありません。

しかし、排便時に痛がっていたり苦しそうにしたりしている場合は、便が出にくい状態もしくは肛門が切れているおそれがあります。

機嫌・体重の変化に気をつける

赤ちゃんの健康管理では、体重の増減は重要な指標です。

便がなかなか出ない状態が続いたり、お腹が張っていたりすると、食欲がなくなり体重が減ってしまうこともあります。

また、体重の減少のほかに機嫌が悪い場合も、便秘になっている、あるいはお腹をはじめとした体のどこかに異常があるかも知れません。

赤ちゃんの便秘で病院に行くべき目安

赤ちゃんの排便回数が少なくても、元気そうであれば多くの場合は問題ありません。

しかし、以下の症状が見られる場合はなんらかの病気が関わっているか、赤ちゃんの体のどこかが損傷しているおそれがあるため、一度病院を受診しましょう。

・体重や食欲が低下した
・血便がみられる
・発熱がある
・嘔吐がある
・腹部に不自然なふくらみがある
・ぐったりしている、あるいは哺乳時に力が入らないようにみえる

上記の症状が出ていなくても、赤ちゃんの様子が普段とおかしいか、もしくは心配なことがあれば一度病院を受診することをおすすめします。

家でできる赤ちゃんの便秘の解消法

赤ちゃんの便秘をやわらげるためには、多めの水分を与えたり、お腹のマッサージや綿棒で肛門を刺激するなどの対処方法があります。

果汁や砂糖水を与える

果汁(特に柑橘系)、砂糖水を飲ませます。十分に水分を与えることで排便をうながします。砂糖水は水や白湯に対して5%ほど入れたものが理想とされています。

マッサージ

赤ちゃんのおなかが少しへこむくらいの力で、手のひらでおなかに「の」の字を書くようにマッサージします。大腸を刺激することで排便をうながします。

綿棒刺激

赤ちゃんは排便をしようとしても、どこに力を入れれば良いのかが分からず、うまく排便することができません。

綿棒で肛門を刺激することで、その綿棒を押し出すために腸や肛門に力を入れることができ、結果的に排便をうながすことができます。

■綿棒刺激のやり方

綿棒の先にベビーオイルやオリーブオイルなどの潤滑油や水を1~2滴つけて2cmほど肛門に入れて赤ちゃんの腸を刺激します。

予想以上に多く便が出るときもあるために、新聞紙を広げておくとよいでしょう。綿棒で肛門を刺激するときは、奥に入れすぎないように注意しましょう。

また、強く刺激すると肛門を傷つけるおそれがあるので、優しく丁寧にしてあげましょう。

赤ちゃんにの便秘に使える市販薬

赤ちゃんの便秘には、マッサージや綿棒刺激による対処方法のほかに市販薬を使用することも役に立ちます。

初めての便秘のときは念のため担当の医師に診てもらい、便秘を繰り返す場合は次回に以下の市販薬を使用して様子を見ても良いか相談しましょう。

飲むタイプ

和光堂マルツエキス・スティック

麦芽糖のゆるやかな発酵作用によって腸の運動を活発にし、排便をおだやかに促します。

赤ちゃんにも優しく使える便秘薬です。また、とろっとした半液体状でほんのり甘さがあるため赤ちゃんに飲ませるのも簡単な点が優れています。

浣腸

イチジク浣腸10

飲ませるタイプの便秘薬で改善がない場合や、飲むのを嫌がる場合は、浣腸で様子をみるのもひとつの手です。

1歳未満の場合はまず医師に相談して、便秘のときに浣腸を使用しても良いか相談しながら使ってください。

おわりに

赤ちゃんの便秘を判断する主なポイントは、排便回数ではなく排便時の様子や体重の変化です。

赤ちゃんは便秘になったとしても、それを伝える手段がないため、保護者が常に観察して気付いてあげましょう。