アジルバは新しい高血圧症の薬!

アジルバは高血圧症の治療薬です。2012年に販売が開始された新しい薬で、高血圧症への新薬として高い効果が期待されている薬です。

アジルバはARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)と呼ばれる薬の種類で、同じくARBであり古くから使われているブロプレスと比較した臨床試験では、ブロプレスよりも統計学的に優れた降圧効果を示しました。さらに、安全性や副作用の程度もブロプレスと同等であることが報告されています。

また、夜間や早朝に起きやすい血圧の上昇を抑え、24時間に渡って血圧をコントロールし日中に血圧の変動を抑えることも特徴のひとつです。

高血圧症に使用される主な薬

高血圧に使われる薬はさまざまありますが、ARB(アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬)は、現在高血圧症の治療の主力薬のひとつです。

最初は一種類の薬から治療を始めることが一般的です。そして薬に加えて生活習慣の改善などを行います。

十分な降圧効果が見られない場合は、別の種類の複数の薬を併用することになります。

【高血圧に使われる主な治療薬の種類】

薬の分類 薬の作用
カルシウム拮抗薬 血管を広げて血圧を下げる
ARB・ACE阻害薬 血管を収縮される体内の物質を阻害して血圧を下げる
利尿薬 血液から塩分と水分を抜いて血圧を下げる
β(ベータ)遮断薬 心臓の過剰な働きを抑えて血圧を下げる

用法・用量

通常は1日1回20mgを使用します。症状や年齢によって医師の判断により用量は変更されますが、1日の最大少量は40mgです。

用法用量は医師の指示を正しく守りましょう。

アジルバの種類

アジルバは3種類の錠剤が販売されています。成分のアジルサルタンの配合量に違いのある、アジルバ錠10mg、20mg、40mgの3種類です。アジルバ錠20mgと40mgには錠剤に割線が入っていますが、自己判断で薬を割らずに医師の指示を仰ぎましょう。

また、アジルバは2012年に発売された新しい薬であり、ジェネリック医薬品はありません。同じ成分を使用した市販薬も販売されていません。(2017年8月現在)

アジルバの副作用

アジルバの副作用として、急激に血圧が下がりすぎることによりめまいやふらつきが現れることがあります。アジルバを使用中は、高所での作業、自動車や危険な機械などの運転をする際は十分に注意してください。

また、頭痛、下痢、腎臓や肝臓の検査値の異常、発疹、湿疹、皮膚のかゆみなどもあげられます。

国内の臨床試験では、10.4%の副作用発生率が報告されています。

重大な副作用

頻度は不明ですが、以下のような重大な副作用が起こることも報告されています。

・血管浮腫
・ショック、失神、意識消失
・急性腎不全
・高カリウム血症
・肝機能障害
・横紋筋融解症

使用に注意が必要な方

高齢者

高血圧症は加齢にともない患者数が増えており、高齢者がなりやすい症状といえます。高齢者の中では、高血圧症に降圧剤を使用している方も多くいます。

一般的に、脳梗塞などが起こるおそれがあるため、過度に血圧を下げることは望ましくないとされていおり、薬の使用中は体調の変化に十分に注意して観察する必要があります。

妊娠中・授乳中の方

妊娠中の方は使用できません。使用中に妊娠が判明した場合は、すぐに医師に相談し使用を中止してください。

授乳中の方は使用を避けるか、やむを得ず使用する場合には授乳を中止してください。

アリスキレンフマル酸塩使用中の糖尿病の方

糖尿病の治療に使われるアリスキレンフマル酸塩を使用している方は必ず医師に申告してください。

アリスキレンフマル酸塩と併用する場合、腎機能障害、 高カリウム血症、低血圧を起こすおそれがあります。

他の病気の治療中の方

アジルバを使用することで、急激な血圧降下を起こすおそれがあるため、以下に該当する方は薬の使用中の体調の変化に十分注意してください。体調に異変が起こった場合はすぐに医師に相談しましょう。

・血液透析中の方
・厳重な減塩療法中の方
・利尿降圧剤使用中の方

アジルバの合剤・ザクラスとは?

アジルバを製造販売している武田薬品は、2014年にアジルバ(アジルサルタン)とアムロジピン酸塩を配合した高血圧症の治療薬「ザクラス配合錠」を販売しました。

アジルバはアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB )、アムロジピン酸塩はカルシウム拮抗薬であり、両方の成分の併用は「高血圧治療ガイドライン2009」でも有効性や安全性を認められています。

基本的に高血圧症の治療は一種類の薬から始めるため、ザクラス配合錠剤が高血圧症の治療の第一選択の薬とはなりませんが、多様な症状に合わせた治療薬の選択肢の一つとして期待されます。

おわりに

アジルバは新しい高血圧症の薬です。長く使われてきたブロプレスの後継薬として、今後の活躍が期待できる薬です。

高血圧症の治療は、薬物療法に加えて、生活習慣の見直しもとても大切になります。バランスのとれた食生活と規則正しい生活習慣を心がけましょう。また、日頃から家庭内で血圧を測る習慣をつけることも大切です。