サンコバの市販薬はある?目の疲れ・眼精疲労に効くおすすめ市販薬!

現代人に多い「目の疲れ」に効果があるサンコバ点眼液について現役薬剤師が解説!サンコバの効果と有効成分シアノコバラミンについてわかりやすく紹介します。サンコバと同じ成分のおすすめの市販薬もピックアップ!

サンコバ点眼液は目の疲れに効く目薬

サンコバ点眼液は、眼科でよく処方される薬です。

添付文書上の効能効果は「調節性眼精疲労における微動調節の改善」、いわゆる「目の疲れ」に用いられます。

有効成分はシアノコバラミンというビタミンB12の一種で、薬の色が赤色なのはこのシアノコバラミンによるものです。

通常1回1〜2滴を1日3〜5回点眼し、症状により適宜増減します。

また、サンコバにはソフティアやコバラムなどのジェネリック医薬品も存在します。

有効成分シアノコバラミンとは?

シアノコバラミンはビタミンB12の代表的な一種です。ビタミンB12は細胞の増殖やDNAの合成に関わる栄養素です。主に赤血球の生成の補助や神経機能の維持を行います。

ビタミンB12は全身で使われる栄養素ですが、眼科領域では、視神経の維持や角膜や結膜などの粘膜機能を保護する働きがあります。

ビタミンB12が不足すると、視界がぼやけたり、目の疲労を感じやすくなることがあります。

眼精疲労とは?

眼精疲労は主にパソコンやゲームなどで目を酷使することが原因となって起こります。他には老視やドライアイなど、さまざまな原因があります。

目のかすみや眼痛、充血など目の症状以外にも、倦怠感や頭痛といった全身症状も現れることがあります。眼精疲労の場合は疲れ目とは異なり、十分な睡眠・休養をとっても症状が回復しないことが特徴です。

サンコバは眼精疲労の中で最も多い、調節性眼精疲労という視神経の調節機能が低下している状態を改善します。

サンコバに市販薬はない

サンコバ点眼液は、有効成分がシアノコバラミンの一種類のみの単一成分の薬です。

残念ながら、サンコバ点眼液と全く同じ成分のシアノコバラミン単一成分の市販の目薬はありません。(2018年3月現在)

しかし、シアノコバラミンに加えて、他の有効成分も配合された市販の目薬は販売されています。サンコバ点眼液と同様に目の疲れに効果を発揮します。

シアノコバラミンが含まれる市販薬4選

サンテメディカル12

サンテメディカル12

シアノコバラミンをはじめとする全12種類の有効成分が配合されております。シアノコバラミンを含む4つの有効成分が最大濃度配合されており、目の疲れの他に充血や目のかゆみにも効果があります。

ソフトサンティアひとみストレッチ

ソフトサンティアひとみストレッチ

サンコバと同量のシアノコバラミンの他、ピント調節機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩と目の組織代謝を活発にするピリドキシン塩酸塩が配合されています。防腐剤を含まないため、ソフトコンタクトレンズの方も使用できます。

サンテPC

サンテPC

パソコンやスマートフォンなどによるブルーライトによるダメージを受けた目の疲労に効果的です。8種類の有効成分を含み、そのうちシアノコバラミンを含む3つの有効成分が最大濃度配合されています。また、目のかゆみや充血にも効果があります。

Vロートジュニア

Vロートジュニア

5種類の成分をバランスよく配合し、勉強や部活などで疲れた目を癒します。フリーアングルノズルで、子どもでもさしやすい構造となっています。

おわりに

サラリーマンの9割以上がパソコンを使用しているというデータもあり、現代人は目に負担をかける生活を送っている人が非常に多いです。さらに、スマートフォンでのメールやゲームなどは目を酷使させてしまいます。

そんな「目の疲れ」に効果的なシアノコバラミンを含む市販薬は数多く存在します。仕事などで忙しく、なかなか病院を受診できない方は市販薬で対応できます。目の疲れにともなう目のかゆみや充血など、自分の症状に合った市販薬を選びましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

サンテメディカル12

ソフトサンティアひとみストレッチ

サンテPC

Vロートジュニア

dメニュー