ジクロフェナクとは

ジクロフェナクは痛みを鎮め炎症をおさえる働きがある成分です。

非ステロイド系の抗炎症作用があり、正しくはジクロフェナクナトリウムという成分名で、プロスダグランジンという痛みや炎症の元となる物質の合成をおさえることで、痛みや炎症が和らげられることにつながります。

ジクロフェナクはボルタレンのジェネリック

ジクロフェナクは、「ボルタレン」という鎮痛薬に配合されている成分です。

ボルタレンには後発品のジェネリック医薬品があり、『ジクロフェナクNa+剤形+配合量+メーカー名』の名前で販売されています。例えば錠剤の場合『ジクロフェナクNa錠25mg「YD」』、ローションの場合『ジクロフェナクNaローション1%「日本臓器」』という名前になります。

ジクロフェナクの種類

ジクロフェナクにはさまざまな剤形の薬がありますが、処方薬と市販薬では扱われている剤形が異なります。

ジクロフェナク配合の処方薬

ジクロフェナクを配合する薬には、錠剤・カプセルの飲み薬のほか、座薬・クリーム・ゲル・ローションなどの塗り薬、テープ剤、そして点眼液があります。

ジクロフェナクナトリウムは、ほかの解熱鎮痛剤と比較すると効果が強くでる部類です。とくに飲み薬と座薬は劇薬指定されています。

ジクロフェナク配合の市販薬

市販薬には飲み薬、座薬は販売されていません。もともとジクロフェナクは、処方薬でのみ扱うことのできる成分でしたが、2009年にスイッチOTC薬として外用薬のみ一般の販売が可能となりました。

2017年現在は、クリームやゲル、ローションなどの塗り薬のほか、湿布(テープ)が市販で販売されています。

ジクロフェナクの効果

ジクロフェナクを配合する薬にはさまざまな剤形があるため、効果が異なります。

飲み薬の場合、「関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群、神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛」のほか、手術や抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎の解熱・鎮痛に効果があります。

市販されている塗り薬や湿布は、メーカーにもよりますが、おもに「関節痛、肩こりにともなう肩の痛み、腱鞘炎、肘の痛み、筋肉痛、腰痛、打撲、捻挫」などに使用します。

生理痛へ使用される?

ジクロフェナクが配合されている市販薬に飲み薬はないため、一般的な生理痛に使用することはあまりありません。

病院で月経困難症と診断された場合、医師からボルタレンや、ボルタレンのジェネリック医薬品が処方されることがあります。

ジクロフェナクの効果時間

ジクロフェナク配合の飲み薬や座薬の鎮痛効果の現れ方は早く、おおよそ使用後30分以内に効果が現れてきます。

薬は使用後に吸収され、血液中に広がり薬の濃度が高まっていきますが、口から飲むよりも直腸からの方が吸収がよいため、飲み薬よりも座薬の方が効果が早く現れます。

なお、ジクロフェナク配合の飲み薬でも、ボルタレンSRなどの成分が徐々に溶け出す徐放剤は、効果の現れる時間が上記の通りではありません。

ジクロフェナクの半減期

薬の効果を感じられる持続時間は、薬を使用してから血液中に薬の成分が行き渡る「血中濃度」が関係しています。

血中濃度が半分になる時間を「半減期」といい、半減期をすぎると薬の効き目がゆるやかに弱くなっていくのですが、飲み薬の半減期は1.2時間前後、座薬は1.3時間前後です。

効果が現れ始めるのは座薬の方が早いのですが、効果の持続時間に関しては、飲み薬・座薬ともあまり変わりがないといえます。

なお、ジクロフェナク配合の飲み薬でも、ボルタレンSRなどの成分が徐々に溶け出す徐放剤は、半減期が上記の通りではありません。

ジクロフェナクと比較される成分

ジクロフェナクとよく比較される成分に、飲み薬の場合はロキソプロフェン、塗り薬や湿布剤の場合はフェルビナクやインドメタシンがあります。

ジクロフェナクとロキソプロフェン

ジクロフェナクを含むボルタレンは、数ある解熱鎮痛成分の中でも、手術後などの強い痛みが想定される場合に頓服薬として処方されます。基本的にジクロフェナクの成分は常用するものではありません。

処方薬・市販薬ともに鎮痛薬で有名な「ロキソニン」は、ロキソプロフェンを成分とし、頭痛や生理痛などによく用いられます。

2つを比較すると一般的にジクロフェナクの方が強い痛みに使用されます。

ジクロフェナクとフェルビナク・インドメタシン

ジクロフェナク、フェルビナク、インドメタシンのいずれも、非ステロイド系の抗炎症成分です。皮膚からの吸収を良くする技術ができたため、近年では多くの湿布剤や塗り薬に配合されています。

3つの成分を比較すると、ジクロフェナクの抗炎症作用が一番強く、持続時間も長いので、痛みの強さによって成分を選ぶと良いでしょう。

ただし、いずれの成分も、痛みを感じる元であるプロスダグランジンの生成を阻害することを目的として働きます。そのため、炎症自体を治しているわけでないため、痛みが出たら飲む頓服の指示が出ているときは漫然と使用しないように気をつけてください。

ジクロフェナクの副作用

飲み薬の場合、胃部不快感などの消化器症状やむくみ、発疹などの皮膚症状がおもな副作用です。

塗り薬や湿布剤の場合は、かゆみや赤み、かぶれ、刺激などの副作用に注意してください。

また、ほとんどありませんが、ショックやアナフィラキシーなどの重大な副作用が起こる可能性もあります。いつもと異なる症状が現れた場合、使用を中止して医師に相談してください。

おわりに

飲み薬や座薬を使用するためには、病院で診察を受け、医師の処方箋が必要です。塗り薬や湿布剤は市販されているので、ドラッグストアやAmazon、楽天市場などの通販でも購入が可能です。

ジクロフェナクは抗炎症作用が強いため、使用時に違和感を覚えたり、不安なことは必ず医師や薬剤師に相談して使用してください。