NSAIDsとは

NSAIDsとは、別名「非ステロイド性抗炎症薬」で、抗炎症作用や鎮痛作用、解熱作用をもつステロイドホルモン以外の薬剤の総称です。
体内で痛みや炎症などを引き起こすプロスタグランジン(PG)の生成を抑えるよう作用するもので、処方薬から市販薬まで幅広く活用されています。

アスピリンもNSAIDsの仲間で「解熱鎮痛剤」としておなじみですが、その他にアスピリンならではの特徴があり、副作用や飲み合わせ等にも注意が必要です。

今回はアスピリンと他のNSAIDsの違いや、服用の際の注意点などについて詳しく解説します。

アスピリンの効能効果や副作用について、詳しい情報はこちらをごらんください。
ミナカラおくすり辞典 : アスピリン「ホエイ」(処方薬)

NSAIDsが体に作用するしくみ

NSAIDsは、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の働きを阻害する薬で、プロスタグランジン(PG)が生成されないようにするものです。

何らかの原因によって体内の細胞に傷がつくと、ホスポリパーゼA2という酵素が活性化し、細胞膜内にあるリン脂質からアラキドン酸が離れます。
アラキドン酸とは、体内では細胞膜を構成する主要な成分のひとつで、シクロオキシゲナーゼ(COX)によってプロスタグランジン(PG)という物質に変換。
このプロスタグランジンが元になって代謝を繰り返した結果、発熱や痛み、血小板凝集抑制など、全身に多様な作用をもたらす物質が合成されます。


このプロスタグランジンが生成されなければ、その先のさまざまな代謝物質も作られないため、NSAIDsを服用すると、鎮痛、解熱、抗血小板効果などを得ることができるのです。

アスピリンの効能効果

① 解熱鎮痛作用
ケガや病気のときの「炎症」は、体に異常が起こっている重要なサインで、炎症が強まると熱をもったり、痛みを感じたりします。
アスピリンはシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することで「痛み」や「炎症」を鎮めます。
解熱鎮痛作用は紀元前から知られているもので、現在も頭痛薬やかぜ薬、痛み止めとして幅広く使用されています。

② 抗血小板作用
抗血小板作用とは、血液をサラサラにする働きのことです。
アスピリンは、解熱鎮痛剤で使われるときよりも投与量を大幅に減らして使用した場合に抗血小板剤となるという、他のNSAIDsにはない特徴があります。
このためアスピリンは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患や、脳梗塞などの「脳血管障害」など、動脈が関わる血栓の病気の予防・治療に用いられています。

このように、使う量を変えるだけで「解熱鎮痛剤」や「抗血小板剤」になるという点が、アスピリンならではの大きな特徴です。

アスピリンと他のNSAIDsとの作用の違い

1. COXへの働きかけの違い

アスピリンはシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害する薬ではありますが、他のNSAIDsとはCOX阻害の働きかけに違いがあります。

■ 一般的なNSAIDsの場合
COX酵素にはポケットがあって、そのポケットの中にアラキドン酸が入ると酵素の活性を受けてプロスタグランジンが生成されます。
一般的なNSAIDsは、アラキドン酸よりも先にポケットに入り込むことで、アラキドン酸がポケットに入れなくなります。つまり、薬とアラキドン酸とで椅子取りゲームをしているイメージです。



COXのポケットに入れなかったアラキドン酸は活性化されませんので、その先のプロスタグランジンも作られないというわけです。

この場合のCOX阻害は、それぞれの薬の効果持続時間で左右されます。

■ アスピリンの場合
アスピリンの場合は、COXのポケットに入り込むとポケットの形自体が変わってしまい、アラキドン酸が入れなくなるため活性化できなくなります。
つまり、アスピリンはCOX酵素自体の働きをなくしてしまう不活化成分の薬ということなのです。

この場合、変形したCOX酵素の寿命が続く限り、アラキドン酸は活性化されません。
そして、血液に含まれる細胞成分の一種である血小板の寿命が続く限り、COX酵素は変質したままなので、その間効果が持続します。
アスピリンが心筋梗塞や脳梗塞の予防薬にもなっているのは、このためです。
(※血小板の寿命は3~7日で、1日約10%が再生するといわれています。)

2. 働きかけるCOX(酵素)の種類の違い

シクロオキシゲナーゼ(COX)はプロスタグランジン(PG)の生成に関わる酵素ですが、存在する場所に特徴があり、どのCOXが阻害されるかによって効果に違いがでてきます。

■COXの種類と作用の特徴 

COX-1:
胃や腸などの粘膜上皮細胞、血管内皮細胞、血小板、腎臓など、全身に広く分布し、常時、細胞に一定量存在しています。
主な作用は、血小板凝集、胃酸分泌抑制、胃粘膜保護、利尿、発痛、血管拡張などです。

COX-2:
脳や腎臓などに分布していますが、炎症を起こした細胞に発現が誘導されるという、大きな特徴があります。
主な作用は、炎症反応の増強、血管再生、排卵、分娩、骨吸収などです。

従来のNSAIDsはすべてのCOX阻害に関わるものがほとんどですが、それでも成分によってCOX-1に強く働きかける、またはその逆など、特徴があります。
アスピリンもすべてのCOX阻害に関わりますが、COX-1をより強く阻害するとされています。

薬の効果と副作用について

同じ作用でも、メリットとして活用したい場合と、デメリットとして排除したい場合とがあります。

たとえばアスピリンの抗血小板作用も、心筋梗塞や脳梗塞の予防として大きな価値がありますが、場合によっては「血が止まりにくくなる」というデメリットになります。

さらにCOX-1が阻害されると抗血小板、鎮痛、血管収縮などの効果が期待できる一方で、消化器系の粘膜保護機能も抑制されるので、下痢や便秘など、消化器障害が起きやすいとされています。
このためアスピリンをはじめとするNSAIDsには、胃粘膜を保護する成分が加えられているケースが多くみられます。

NSAIDsのおもな副作用と注意点

胃腸障害:
もっとも多い副作用。腹痛、吐き気、食欲不振のほか、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが現れる場合があります。

腎障害:
頻度は稀ですが、急性腎炎になる場合があります。尿量が少なくなる、浮腫、体がだるいなどの症状がみられたら、すぐに医師や薬剤師に相談してください。

呼吸器障害:
頻度は稀ですが、喘息発作(アスピリン喘息など)が起こる場合があります。息苦しい、ゼーゼーするなどの症状がみられたら、すぐに医師や薬剤師に相談してください。

アスピリン不耐(過敏)症について

アスピリンに代表されるNSAIDsでひどい喘息発作を起こすことがあり、これを「アスピリン喘息」と呼んでいます。アスピリン喘息は、アスピリンだけでなくほどんどの解熱鎮痛薬が原因となりますので、注意が必要です。

■アスピリン喘息の症状の特徴 
・薬を服用して短時間で、鼻水や鼻づまりが起こる
・咳、息をするとゼーゼーする
・呼吸困難になる
・顔面の紅潮や吐き気、腹痛、下痢、じんましんなど

軽い症状は半日程度、重症の場合は24時間以上続くことがあり、場合によっては意識がなくなったり、窒息する危険もあります。
アスピリン喘息は、NSAIDsに過敏に反応して気管支収縮を起こしやすくなるもので、原因にはシクロオキシゲナーゼ(COX)阻害が関わっていると考えられています。

インフルエンザの際は使用を避ける

NSAIDsの中でも、アスピリン、ジクロフェナク、メフェナム酸といった解熱剤をインフルエンザの時に使うと、ライ症候群や脳症を引き起こす可能性があることがわかっています。
このため、子どもへの使用は原則禁忌ですが、成人でもインフルエンザの際は使用を避けた方がよいとされています。
インフルエンザにかかったら必ず医療機関を受診し、処方された薬を使うようにしてください。
関連記事:インフルエンザの時にNSAIDsは成人でも使用NG!注意すべき成分について解説

NSAIDsはワルファリンとの飲み合わせに注意

ワルファリンは血液を固まりにくくする薬です。
静脈塞栓症や心筋梗塞、脳血栓などの治療と予防に用いられていますが、NSAIDsとワルファリンを併用すると、ワルファリンの血中濃度が増えて作用が強まることが知られています。
消化粘膜への作用や抗血小板作用が強まって出血しやすくなりますので、ワルファリンを服用中の方はNSAIDsである解熱鎮痛剤との飲み合わせに注意してください。

NSAIDs服用後の体調の変化に注意

NSAIDsは飲み薬だけでなく張り薬や坐薬もあり、市販薬の総合感冒薬でも手軽に入手できる、とても身近な薬です。

しかしながら、「発熱」や「炎症」は、免疫反応にとっては重要な役割を担っており、病原菌の拡大を防いだり、白血球を呼び寄せて感染症の悪化を防ぐなど、免疫力を高める役目があります。熱が出たからといってむやみに解熱剤を使用しないよう注意喚起があるのは、そのためです。

服用後、体調に変化を感じた場合は、その薬を持参してすぐに医師または相談してください。

NSAIDsの使い分け

現在、多くのNSAIDsがありますが、成分の分類とおもな特徴は次の通りです。

分類   薬剤一般名 特徴
酸性NSAIDs サリチル酸系 アスピリン(アセチルサリチル酸)、エテンザミド 血小板凝集抑制作用や解熱・鎮痛・消炎作用
  ピリミジン系 ブコローム 尿酸排泄促進作用
  アリール酢酸系 インドメタシン、ジクロフェナック インドメタシンは主に外用薬に使用
  プロビオン酸系 イブプロフェン、ナプロキセン、ロキソプロフェン 消炎、鎮痛、解熱作用を平均的に持ち、副作用が少ない
  フェナム酸系 メフェナム酸 鎮痛作用が強い
  オキシカム系 ピロキシカム、メロキシカム、アンピロキシカム 作用時間が長い、慢性疾患などに使用される
塩基NSAIDs性   エピリゾール、塩酸チアラミド、エモルファゾン 抗リウマチ作用は弱く、消炎鎮痛作用も強くない
 

■ NSAIDsの血中半減期による分類と作用の特徴
血中半減期とは「薬の全体量が半分になるまでの時間」のことで、効果の持続時間の目安とされています。

  一般名 商品名 血中半減期(時間) 鎮痛作用 抗炎症作用 解熱作用
短時間型 ジクロフェナクナトリウム ボルタレン 1.3h +++ ++++
  ロキソプロフェンナトリウム ロキソニン 1.3h ++ ++ ++
  イブプロフェン ブルフェン 2h ++ ++ ++
  アスピリン バファリン 2-5h ++ +++
中間型 フルルピプロフェン ロピオン注 6h +++
   エトドラク オステラックス 6-8h +++ +++  
  ナプロキセン ナイキサン 14h ++ ++ ++
長時間型 ナブメトン レリフェン 21h  
  メロキシカム モービック 24h +++ +++  

※ ○は添付文書の効能に記述があったもの

このように、COX-1とCOX-2の阻害バランスや、効果の持続時間などに違いがあるため、目的や症状によって使い分けます。

例) 胃腸障害の副作用を避けたい場合
・飲み薬ではなく、坐薬や経皮吸収剤を検討する : ボルタレン坐薬、インドメタシン坐薬、モーラステープなど
・COX-2を選択的に阻害するNSAIDsを使用する : エトドラク、メドキシカムなど
・プロドラッグ化(肝臓での代謝で効果を発揮)されたNSAIDsを使用する : ロキソニン錠、クリノリル錠など

アスピリンと他のNSAIDsとの併用について

アスピリンを含め、どのNSAIDsも基本的には同時に服用しないことが望ましいとされており、もし服用中の薬の効果が思うように得られない場合は、薬の量を増やすか、他の薬に切り替えるなどを検討します。

NSAIDsはすべて、シクロオキシゲナーゼ(COX)阻害という作用が同じなので、併用すると効果が強まりやすいとされています。そのため、数種類のNSAIDsを一緒に服用すると副作用のリスクが高まる恐れがあるので、医師の指示に従うようにしてください。

とくにアスピリンの場合は、「抗血小板作用」という効果も持つため、併用にはより慎重になる必要があります。
NSAIDsは市販の総合感冒薬にも多いので、知らないうちに併用してしまう可能性があるので、低用量のアスピリンで抗血小板治療を行っている人は、解熱鎮痛薬の使用に注意してください。

アスピリンと他のNSAIDsの併用による抗血小板作用への影響

COX-1をより強く阻害するアスピリンとNSAIDsを併用すると、すべてのCOXがアスピリンによって阻害されることがなくなります。
それどころか、アスピリンを低用量使用して抗血小板作用を得ていたところに、多量の他のNSAIDsが投与されれば、アスピリンが阻害するCOXはかなり少量になる可能性があり、抗血小板作用が発揮されにくくなってしまうのです。

尚、最近のNSAIDsの中には、副作用を減らす目的で選択的にCOX-2だけを阻害する薬もあり、その場合はアスピリンの抗血小板作用への影響は報告されていません。

おわりに

NSAIDsといってもさまざまな薬があり、それぞれに特徴があります。
また市販薬でおなじみの薬ですが、他の薬との飲み合わせに配慮が必要など、注意点も多いことを忘れてはいけません。
よく効く薬でも副作用のリスクはあることを今一度確認し、医師や薬剤師の指示のもと、正しく服用しましょう。