アスミンとは

アスミンは、薬王製薬が製造販売している鼻炎薬をはじめとした市販薬のシリーズです。

アスミン鼻炎薬は、花粉やハウスダストなどによるくしゃみ、鼻水など鼻のアレルギー症状の緩和に使われる第二世代の抗ヒスタミン薬です。

アスミン鼻炎薬の効果

アスミン鼻炎薬に含まれる有効成分のケトチフェンフマル酸塩は、抗ヒスタミン作用、抗アレルギー作用のほか、粘膜の炎症を改善し、症状が繰り返し起こりにくい状態を保つ抗炎症作用があります。

花粉などの季節性のアレルギーや、ハウスダストなどによるくしゃみ、鼻水、鼻づまりなど鼻のアレルギー症状の緩和に効果が期待できます。花粉症の症状に使う場合、症状の軽い早い時期から使うことで予防効果的に使うことができます。

第二世代の抗ヒスタミン薬って?

アスミンに含まれる有効成分のケトチフェンは、第二世代の抗ヒスタミン薬の成分として使われており、第一世代の抗ヒスタミン薬より副作用が少ないことが特徴です。

第二世代の抗ヒスタミン薬の多くは、ヒスタミン受容体をブロックする抗ヒスタミン作用と、アレルギーの原因となるヒスタミンが体内に放出されるのをおさえる抗アレルギー作用を併せ持って、効果をより高めている薬です。

アスミン鼻炎薬の使い方

15歳以上の成人には、1回1錠、朝食後と就寝前に1日2回に使用してください。

15歳未満の子どもは使用しないでください。

1週間程度使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、医師や薬剤師などに相談してください。個人差などによって薬の効果が発現するまでに2週間程度かかる場合もあります。

アスミン鼻炎薬の副作用に眠気はある?

主な副作用

アスミン鼻炎薬の副作用としては、眠気、めまい、頭痛、口の渇き、発疹、鼻血、吐き気、腹痛などが現れるおそれがあります。

また、めったにありませんが、重篤な症状として一過性の意識消失、けいれん、興奮、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)などの肝機能障害が起きた場合は、直ちに医師の診察を受けてください。

眠気の副作用

アスミン鼻炎薬は、第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも効果が強い成分であるため、同時に副作用としての眠気も比較的出やすい薬になっています。

自動車の運転など機械の作業は、危険をともなうためしないでください。

※ザジテン(ケトチフェン)の欄参照
※効果持続時間や効き目の強さは弊社薬剤師の見解です。
※効果の感じ方には個人差があります。

アスミン鼻炎薬の使用の注意

てんかん、けいれん発作を起こしたことがある人はアスミン鼻炎薬を使用しないでください。

皮膚疾患用薬、鼻炎用内服薬などのアレルギー用薬や、抗ヒスタミン剤を含むかぜ薬、鎮咳去痰薬、乗物酔い薬、催眠鎮静薬などを一緒に使うことはできません。

現在、飲んでいる薬がある方は医師などに確認をとり、飲み合わせには注意してください。

妊婦、妊娠していると思われる方は医師や薬剤師に相談してください。授乳中の方はアスミン鼻炎薬を使用する場合には授乳を避けてください。

アスミンはどこで買える?

アスミン鼻炎薬は第2類医薬品であり、薬剤師または登録販売者のいる薬局やドラッグストア、インターネットなどで購入できます。また、アスミン鼻炎薬はセルフメディケーション税制対象商品になります。

セルフメディケーション税制は、2017年1月1日から導入された制度であり、セルフメディケーション税制対象商品を12,000円(扶養家族分の合算)を超えて購入し、一定の条件を満たした場合は医療費が控除される制度です。購入時のレシート(領収書)が必要になるので保管しておきましょう。

アスミンシリーズの鼻炎薬以外の薬

アスミンガードAZ

アスミンにはアスミン鼻炎薬のほかに、アスミンガードAZという花粉やハウスダストなどによるアレルギー性鼻炎、食物などのアレルギーによるじんましん、湿疹・かぶれなどのアレルギー症状に使用する薬もあります。

有効成分はアゼラスチン塩酸塩であり、アスミン鼻炎薬に含まれるケトチフェンと同じ第二世代抗ヒスタミン薬の成分です。

アスミンかぜカプセル

抗ヒスタミン薬ではありませんが、薬王製薬が製造販売しているアスミンの種類として、主にかぜ薬として効果のあるアスミンかぜカプセル、アスミンEXゴールドなどもあります。

アスミンかぜカプセルは、解熱鎮痛に作用するアセトアミノフェン、生薬のゴオウや、せきをしずめて炎症をおさえるカンゾウ、dl-メチルエフェドリン塩酸塩に、鼻水、くしゃみなどのアレルギー症状をおさえるクロルフェニラミンマレイン酸塩など10の有効成分を含んでいます。発熱、のどの痛み、頭痛、せき、たんなどの症状の緩和に効果的です。

アスミン鼻炎薬とほかの抗ヒスタミン薬

アスミン鼻炎薬に含まれる有効成分が同じ市販薬として、ザジテンAL鼻炎カプセルがあります。効果や用法用量もほとんど同じです。アスミン鼻炎薬が切れたときに代わりに使う薬剤としてもよいでしょう。

ほかの抗ヒスタミン薬として有名なものは、アレグラFXという市販薬があります。アレグラFXも第二世代の抗ヒスタミン薬です。

アレグラは、有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を含んでおり、効果も穏やかな薬のため、副作用としての眠気も出にくい薬になっています。

おわりに

抗ヒスタミン薬には現在多くの種類があり、効果の強さや副作用の発現なども成分によってさまざまなです。副作用などの注意しながら、自分の症状や使い方に適した抗ヒスタミン薬を選ぶようにしましょう。