セルトラリンとは

セルトラリンは抗うつ薬のひとつです。

抗うつ薬は開発された年代や作用機序などにより5つのグループにわけられますが、セルトラリンは第3世代といわれる「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)」に分類される比較的新しい薬です。

SSRIは効果はおだやかですが、副作用が少なく安全性が高いという特徴があります。また、セルトラリンはSSRIの薬のなかでも副作用が比較的少ないとされています。

セルトラリンの効果

セルトラリンは、うつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害の治療に使われます。

脳内の神経伝達物質のひとつに、落ち着きや安定感に関係しているセロトニンがあります。セルトラリンは神経と神経のつなぎ目にあるすき間のセロトニン濃度を増やす作用をもちます。セロトニンが増え、神経伝達が正しく行われるようになると、抑うつ気分や不安といった症状が改善されていきます。

セルトラリンの副作用

セルトラリンの主な副作用として、吐き気、眠気、口の渇き、頭痛、下痢、浮動性めまいなどがあります。発生頻度は低いですが、耳鳴りや月経不順、多汗(発汗・寝汗)、なども報告されています。

また、重大な副作用として、セロトニン症候群、悪性症候群、痙攣、昏睡、肝機能障害
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、アナフィラキシー、QT延長、心室頻拍(torsades de pointesを含む)の症状が現れる可能性があります。

眠気

ほかの抗うつ薬と同じように、セルトラリンにも眠気の副作用があります。そのため、自動車の運転など危険をともなう機械を操作する際には十分に注意する必要があります。

夕食後にセルトラリンを使用して翌朝になっても眠気が続く場合は、使用するタイミングを日中にずらすことにより、翌日の日中の眠気を防ぐことができます。眠気の副作用が強い場合は、使用のタイミングについても医師に相談してみましょう。

吐き気

セルトラリンの使用を始めたときに、吐き気が起こることがあります。ほとんどの場合は薬を飲み続けることにより、症状が治まっていきます。

セルトラリンの離脱症状

セルトラリンは、SSRIのほかの薬に比べて離脱症状が少ないとされています。

しかし、セルトラリンの使用を突然中止することにより、不安、いらいら、あせり、興奮、めまい、感覚の異常、頭痛、吐き気などの症状が現れることがあります。

自己判断で薬を減らしたり、使用を中止したりすることは避けてください。減薬は、必ず医師の指示に従って行いましょう。

セルトラリンはジェイゾロフトのジェネリック

セルトラリンは、ジェイゾロフトのジェネリック(後発品)です。後発品のセルトラリンは先発品のジェイゾロフトと主成分の量が同じであり、効果は同じとされています。

先発品とジェネリックが同じ効果であることを証明するために、生物学的同等性試験が行われています。

生物学的同等性試験とは健康な大人を対象に、血中濃度を測定し薬の吸収の速さや吸収された量などを比較し、先発品と後発品が統計学的に同じであることを確認する試験です。

また、先発品とジェネリックは開発にかかっている金額が大きく異なります。ジェネリックは質が良くないから安いのではなく、数百億円程度の研究開発費がかからないので安くなっているのです。安いから効きが悪いという心配はありません。

しかしながら、実際にはジェネリックに変えたら薬の効きが悪くなった、というケースはあります。添加物の違いにより吸収に若干の影響を与えてしまうからではないかと考えられています。

もしジェネリックに変更して違和感を感じるのであれば、先発品に戻すことも考えてみましょう。

薬の種類

セルトラリンはジェイゾロフトと同様に、普通錠(25mg・50mg・100mg)のほかに、OD錠(25mg・50mg・100mg)があり、アメルや明治など製造している製薬会社の名前がつけられています。

薬価

次の表はセルトラリンとジェイゾロフトの1錠あたりの薬の価格です。セルトラリンはジェイゾロフトに比べて約半額となっています。

  セルトラリン ジェイゾロフト
普通錠25mg 42.10円 93.50円
普通錠50mg 73.10円 161.90円
普通錠100mg 127.00円 282.70円
OD錠25mg 42.10円 93.50円
OD錠50mg 73.10円 161.90円
OD錠100mg 127.00円 282.70円

セルトラリンの飲み方

セルトラリンは、1日1回使用してください。

OD錠は舌の上にのせると唾液で崩壊するため、水なしで飲み込むことができます。水またはぬるま湯と一緒に使用することも可能です。

通常、成人は1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで使用量を次第に増やしていきます。なお、年齢や症状により1日100mgを超えない範囲で適宜増減されます。

使用の際は、セルトラリンを処方された医師の指示にしたがってください。

セルトラリンとアルコールの飲み合わせ

セルトラリンを使用中は、飲酒は控えるようにしましょう。ほかの抗うつ薬で、飲酒により薬の作用が強く現れたとの報告があります。

どうしても外せないお酒の席があるような場合は、必ず医師・薬剤師に相談しながら指示を仰ぐようにしましょう。

おわりに

セルトラリンは安全性が高い抗うつ薬ですが、使用を突然中止すると離脱症状が起こることがあります。使用や断薬の際には、必ず医師の指示にしたがってください。