セルベックスの効果と副作用、特徴について、添付文書から徹底解説!

セルベックスのカプセル状をはじめとする剤型・効果・副作用・注意点について添付文書から解説いたします。

セルベックスは胃潰瘍・胃炎に効果的な薬です!

セルベックスは胃潰瘍や胃炎の症状改善に効果的な薬です。

胃痛などの症状が比較的軽いときや、薬による胃の痛みを防ぐために他の薬と一緒に処方されることの多い薬です。

副作用が非常に少なく、安全性の高い薬として知られています。

この記事では、セルベックスについて添付文書から解説しています。

セルベックスとは?

セルベックスはどんな薬?

セルベックスは1984年に発売された胃薬で、高い安全性から現在も胃潰瘍などの症状改善のためによく処方されます。

他の薬と一緒に処方されることの多い薬で、胃潰瘍や胃炎などの症状改善の第一選択とされることもある薬です。

適応疾患

セルベックスの適応疾患は、急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期における胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)、胃潰瘍です。

市販薬

セルベックスと全く同じ薬の市販薬はありませんが、有効成分であるテプノレンを含む市販薬があります。
有効成分の含有量などに違いはありますが、同様の効果が期待できますのでご参考にしてください。

ジェネリック医薬品

セルベックスのジェネリック医薬品は、主にテプノレンという名称で販売されています。
ジェネリック医薬品もセルベックスと同様に、カプセル剤と細粒の2つの剤型があります。

セルベックスの効果・作用

作用機序

セルベックスの有効成分テプレノンが胃粘膜を増やし、働きを強めます。
胃粘液の合成・分泌を促進することで胃粘液を増加させ、胃粘膜の保護や修復作用を示すことにより、効果を発揮します。

特徴

セルベックスは胃薬としては効果が強い薬ではありませんが、副作用が少なく、安全性の高い薬です。
もう一つの特徴としては、セルベックスは食後に服用する必要のある薬だということです。
セルベックスをはじめとする胃薬は、食事の影響を受けやすいため、服用時間が指定されていることがあるのです。

効能・効果

食べ過ぎ・飲み過ぎ、ストレスで胃に負担がかかると、急性胃炎や慢性胃炎になることがあり、胃粘膜にただれ(びらん)や出血、発赤、浮腫が生じます。
セルベックスはそれらの症状が悪化した場合の改善や、胃潰瘍の治療に効果的です。

効能又は効果

下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

胃潰瘍

セルベックス添付文書

胃もたれ・吐き気・二日酔い・胸やけに使用できる?

セルベックスは、胃の粘膜を保護するはたらきがあることから、胃もたれや胸やけ、二日酔いや吐き気による胃の不調改善のために医師から処方されることがあります。

胃の不調の原因は、自己判断では判別が難しいこともありますので、セルベックスの服用を考えるときは、医師に自身の症状を伝えた上で服用してください。

認知症・アルツハイマーへの効果がある?

近年セルベックスをはじめとする胃薬の認知症・アルツハイマーへの効果が期待されています。
しかし、セルベックスの認知症・アルツハイマーへの適応については現在確認されていません。

胃薬としてセルベックスを処方されたのちに、自己判断で認知症やアルツハイマーの治療目的で服用することはやめましょう。

セルベックスの効果時間はどれくらい?

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を服用してから約5時間後とされています。
また、その後、約1.2時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。
具体的な効果時間には個人差がありますので、ご注意ください。

セルベックスの用法・用量

用法・用量

■セルベックスカプセルの用法・用量

通常、成人は1日3カプセルを毎食後の3回にわけて使用します。
なお、年齢や症状によって用量を調整する場合があります。

カプセル50mg
通常成人、3カプセル(テプレノンとして150mg)を1日3回に分けて食後に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

セルベックス添付文書

■セルベックス細粒の用法・用量

通常、成人は細粒1.5gを毎食後の3回にわけて服用します。
なお、年齢や症状によって用量を調整する場合があります。

細粒10%

通常成人、細粒1.5g(テプレノンとして150mg)を1日3回に分けて食後に経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

セルベックス添付文書

剤形

セルベックスは、セルベックスカプセル50㎎セルベックス細粒10%の2つの剤型があります。
剤型の違いによる効能・効果の違いはありません。

■カプセル剤の特徴
セルべックスカプセルの見た目は上半分は緑色、下半分は淡橙色です。
カプセル中に白色~帯黄白色の粒および粉末が入っており、直接的に薬の味を感じにくいことが特徴です。

■細粒の特徴
セルベックス細粒の見た目は白色~帯黄白色で、カプセル剤に比べると、服用時に薬の味を感じやすい特徴があります。

剤型の選び方は?

セルベックスは剤型の違いによる効能・効果のちがいはないため、​医師から特別な指示がないかぎりは服用時の負担が少なく、自身のライフスタイルにとりいれやすいことを基準に選ぶと良いかと思います。

セルベックスは空腹時ではなく食後に服用しましょう

セルベックスは食事の影響を受けやすい薬のため、原則として用法どおりの食後の服用を守ってください。
セルベックスは空腹時に服用することでAUC(血中濃度―時間曲線)が影響を受け、薬の効果が十分に感じられない可能性がありますのでご注意ください。

セルベックスの使用上の注意

セルベックスは安全性の高い薬です!

セルベックスは安全性が非常に高く、子どもから高齢者まで処方される可能性のある薬です。
安全性は高いものの、薬の服用における注意点については、しっかりと確認しておきましょう。

高齢者は使用できる?

高齢者は一般的に生理機能が低下していることが多く、副作用などが起きやすいことがありますので、減量するなど注意が必要です。

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

セルベックス添付文書

妊娠中に使用できる?

妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。
※妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
〔妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。〕

セルベックス添付文書

妊娠初期・後期の注意点は?

セルベックスのメーカーからの指示として、妊娠初期・後期における特別な指示はでておりません。

セルベックスの服用において特別な注意は必要ないかと思われますが、妊娠初期・後期の基本的な注意として、妊娠初期・後期においては妊娠していない状態よりも薬の影響を受けやすくなりますので、安易な服用は避けてください。

必ず医師に妊娠の有無を伝えた上で決定した服用方法を守り、身体に異変を感じたらすぐに医療機関を受診してください。

授乳中に使用できる?

授乳中の服用に関してはメーカーからの特別な指示はでておりません。
特別な注意は必要ないとされていますが、なるべく医師に確認をとって使用するようにしましょう。

子どもは使用できる?

15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

セルベックス添付文書

セルベックスの副作用

セルベックスは副作用の少ない薬です

セルベックスを服用したときの副作用発現頻度は0.48%と報告されており、非常に副作用の発現頻度の低い薬です。
しかし、副作用の発現頻度は個人差によるものが大きいため、セルベックスの副作用についてしっかり確認しておきましょう。

重大な副作用:肝障害、黄疸

セルベックス服用時、まれに重い副作用として、肝機能障害、黄疸があらわれることがありますのでご注意ください。
なお、発現頻度は不明とされています。

このような重い副作用の発現頻度は低いとされていますが、少しでも身体に異変を感じたら、処方した医師または薬剤師に相談してください。

その他の副作用:消化器、肝臓、精神症状など

セルベックス服用時、その他の副作用として以下のような症状が発現することがありますので、ご注意ください。
以下の副作用発現頻度は、いずれも0.1%未満と報告されています。

発現部位 副作用
消化器 便秘、下痢、嘔気、口渇、腹痛、腹部膨満感
肝臓 AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇
精神神経系 頭痛
過敏症 発疹、そう痒感
その他 総コレステロールの上昇、眼瞼の発赤・熱感

※頻度不明の副作用として、血小板減少の症状が報告されています。

セルベックスの飲み合わせ

セルベックスと飲み合わせが禁止されている薬はほとんどなく、添付文書にも併用禁忌・併用注意とされている薬の記載はありません。

セルベックスとロキソニンは併用できる?

セルベックスと一緒によく処方される薬に、ロキソニンなどの解熱鎮痛薬があります。
セルベックス(テプレノン)とロキソニンの併用による影響は、添付文書上でも特に問題ないとされているため、一緒に服用しても問題はありません。

胃薬の併用には注意しましょう

セルベックスと飲み合わせが禁止されている薬はほとんどありませんが、基本的にどのような薬でも、同様の効果を持つ薬を必要以上に併用するのは適切ではありません。

医師から特別な指示がない限り、セルベックス服用時は同様の効果をもつ胃薬との併用は避けておきましょう。

セルベックスの値段・購入方法

セルベックスの薬価

セルベックスの薬価は以下のとおりです。

名称 薬価
セルベックスカプセル50㎎ 9.40円/1カプセル
セルベックス細粒10% 18.60円/1g

セルベックスのジェネリック医薬品の薬価

セルベックスの後発品の薬価もあわせてご覧下さい。

名称 薬価
テプレノンカプセル 6.20円/1カプセル
テプレノン細粒10% 11.90円/1g

セルベックスの後発品の方が少しだけ低い薬価で購入できることがわかります。

購入方法

セルベックスは医療用医薬品であるため、医師からの処方箋を受けて薬局で購入することができます。
薬局では、先発品であるセルベックスもしくはジェネリック医薬品を希望する場合には、後発品であるテプノレン(メーカーにより名称が異なる場合があります)を処方されます。

市販薬を希望する場合は、セルベックスと同じ成分を含む薬をドラッグストアなどで購入することが可能です。

おわりに

セルベックスは胃潰瘍や胃炎に効果的な薬です。
非常に安全性の高い薬ではありますが、思わぬ副作用の発現を防ぐためにも用法・用量を守った正しい服用を心がけましょう。
もし効果に疑問を感じたり、身体に異変を感じたりすることがあれば、一人で悩まずに医師や薬剤師に相談してみましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

セルベール整胃錠

セルベックスに関連するQA

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集