いぼ痔にヘモリンド舌下錠!医療用の薬と同成分の市販薬が発売!効果と副作用は?

いぼ痔を緩和する市販薬のヘモリンド舌下錠について現役薬剤師がわかりやすく解説!2017年10月に新発売された痔の薬とは?概要から効果や特徴、副作用にいたるまで徹底解説いたします。

p>2017年10月4日、小林製薬より医療用と同成分のいぼ痔改善薬「ヘモリンド舌下錠」が新たに販売が開始されました。

「ヘモリンド舌下錠」は第二類に分類される市販薬のため、薬剤師不在のドラッグストアでも購入可能です。

新発売の「ヘモリンド舌下錠」の気になる成分や効果はどのようになっているのでしょうか?現役薬剤師がわかりやすく解説します!

ヘモリンド舌下錠の効果は?

医療用と同成分の市販薬

「ヘモリンド舌下錠」は、痔核の症状(出血、疼痛、腫脹、痒感)の緩解に用いられる医療用医薬品の「ヘモリンガル舌下錠0.18mg」と同成分「静脈血管叢エキス」を有効成分とした、市販の内服痔疾用薬です。

医療用医薬品の「ヘモリンガル舌下錠0.18mg」は1972年の発売であり、長期の使用実績がある成分です。

長年の使用実績も購入する上での安心材料になるでしょう。

効果と作用のしくみ

有効成分の「静脈血管叢エキス」の主な作用は、血液循環の改善です。

舌の下から吸収された成分は、まず血流に乗って体内をめぐります。続いて患部に届いた有効成分が微小循環(血流)の機能を調節・改善し、うっ血状態を回復させます。

他にも、腫れをおさえる抗浮腫作用、うっ血箇所の血を溶かしいぼをやわらかくする線維素溶解作用、組織修復作用、抗炎症作用といった、いぼ痔の改善にはうってつけの効果が期待できます。

ヘモリンド舌下錠はここが違う!最大の特徴とは?

他の製品との差異1:内側から効く

最大の特徴は「内側から効く」点にあります。

市販のいぼ痔では坐剤や軟膏あるいは注入軟膏が主流となりますが、炎症をおさえたり痛みを緩和したりといった作用が主で、いぼの原因となる血流への作用はあまり期待できません。

その点「ヘモリンド舌下錠」はいぼに対して内側・原因からアプローチするので、治療という観点からは有利だと考えられます。

他の製品との差異2:使用のしやすさ

服用のしやすさも大きなメリットでしょう。

水なしで服用できるので、下着や手を汚さずに、また場所を選ばずに手軽に服用できます。

舌下錠の服用方法の注意:直接飲み込まないこと

舌下錠は、文字通り「舌の下」に入れて、5~10分程度かけて溶かす形での服用となります。味は無味で、場所や状況を選ばずに水なしで服用できます。

ただしそのまま飲んでしまうと効果は出ません。

ヘモリンド舌下錠は舌の下から吸収させることで肝臓での代謝を回避し、有効成分が分解されてしまうことを防いでいます。

直接飲み込むと代謝され、薬効が失われてしまうのでご注意ください。

ヘモリンド舌下錠の副作用

ヘモリンド舌下錠の添付文書(説明書)には以下のような副作用の記載があります。

服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

関係部位 症状
皮ふ 発疹・発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、吐き気・嘔吐、口内炎様の症状、腹部膨満感

服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

軟便、下痢

(出典:「ヘモリンド舌下錠」添付文書より)

医療用の「ヘモリンガル舌下錠0.18mg」の添付文書では、これらの副作用の発生頻度は1%未満と低頻度であり、かつ症状からしても重大な副作用ではないことが窺われます。

何かしらの症状が現れた場合には使用を中止し、大事にいたる可能性は低いと考えられますが、気になる場合には医療機関を受診されるとよいでしょう。

自分の痔の種類をチェック!

痔は、いぼ痔だけじゃなく、切れ痔・痔ろうなど様々な種類があります。

症状を治すためには、まずは自分の痔の症状を知ることが大切です。自分の痔の症状や治し方について、詳しくは以下のページをごらんください。

痔におすすめの市販薬については関連記事をごらんください。

おわりに

つらい痛みと患部への対策のしにくさが悩ましいいぼ痔。

手軽なお薬が市販で購入できるのは便利です。一度お試しになってはいかがでしょう。

痔を早く治す!痔の症状・原因・治し方

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ヘモリンド舌下錠

ピックアップ特集