ゾピクロンとは

ゾピクロンは、不眠症などにより起こる各種睡眠障害を改善する睡眠障害改善薬です。脳のベンゾジアゼピン受容体に作用して寝つきをよくします。

なかなか寝付けない入眠障害、熟睡感がない熟眠障害、睡眠の途中で目が覚めてしまう中途錯覚、朝早くに目が覚めてしまう早朝錯覚に効果を発揮します。

通常、不眠症の治療および手術の前夜や手術(麻酔)前に寝つきをよくするための麻酔前投薬として用いられます。

日本では、1989年から使われるようになりました。

睡眠障害改善薬の分類

睡眠障害改善薬は、体に入ってから効果を発揮する成分の血液中の濃度が最高値の半分になるまでの「半減期」により、①「超短時間作用型」、②「短時間作用型」、③「中間作用型」、④「長時間作用型」4種類に分類されています。

ゾピクロンは超短時間作用型

ゾピクロンは「超短時間作用型」に属していて、体に入ってから効果が現れるまでの時間はわずか10~15分程度、半減期は2~4時間です。効果が持続する時間が短いので、寝始めの時に効果があります。また、3~4時間程度で効果が和らぐため、目覚めが良いという特徴もあります。

睡眠障害改善薬の分類(カッコ内は商品名)
 

 
超短時間型 短時間型 中時間型 長時間型

半減期

2~4時間程度 6~12時間程度 12~24時間程度 24時間以上
主な薬

ゾルピデム(マイスリー)、トリアゾラム(ハルシオン)、ゾピクロン(アモバン)、エスゾピクロン(ルネスタ)

ブロチゾラム(レンドルミン)、ロルメタゼパム(ロラメット、エバミール)、リルマザホン(リスミー)

フルニトラゼパム(ロヒプノール、サイレース)、二トラゼパム(ベンザリン、ネルボン)、エスタゾラム(ユーロジン)、二メタゼパム(エリミン)

クアゼパム(ドラール)、フルラゼパム(ダルメート、ベノジール)、ハロキサゾラム(ソメリン)

ゾピクロンのジェネリック医薬品

ゾピクロンには「アモバン錠」という名前の先発薬と、「アモバンテス錠」「ゾピクロン錠」「ドパリール錠」などの名前のジェネリック医薬品があります。いずれのジェネリック医薬品も、ゾピクロン先発薬と同等の薬効、剤形、規格です。希望する方は薬剤師に相談してみましょう。薬価は以下の通りです。

 

製品名(製造会社)

薬価(円)

先発品 アモバン錠7.mg、アモバン錠10mg(サノフィ) 21.60、26.00
ジェネリック

アモバンテス錠7.5mg、アモバンテス錠10mg(小林化工)

7.90、9.60
ジェネリック ゾピクロン錠7.5mg「アメル」、ゾピクロン錠10mg「アメル」(共和薬工)

6.10、7.10

ジェネリック ドパリール錠7.5mg、ドパリール錠10mg 7.90、7.10
ジェネリック ゾピクロン錠7.5mg「サワイ」、ゾピクロン錠10mg「サワイ」 7.90、9.60

※2017年8月現在の薬価

ゾピクロンとエスゾピクロンの違いは?

ゾピクロンと似た効果が期待できる睡眠改善薬に「エスゾピクロン」という薬があります。エスゾピクロンは、ゾピクロンの副作用である苦味を改良した薬です。

ゾピクロンとエスゾピクロンの違いは、味覚障害の強さ持続時間にあります。

味覚障害の違い

先に開発されたゾピクロンは、使用後に強い苦味を訴える人が多くいました。この苦味を抑えた薬がエスゾピクロンです。しかし、エスゾピクロンには全くに苦味がないわけではありません。あくまで「ゾピクロン」より苦味を感じづらいだけで、苦味を訴える人もいます。

作用時間の違い

ゾピクロンは服用してから10~15分で効果が現れはじめ、約1時間ほどで血中濃度が最高値になり、効果が薄まる半減期は約3~4時間です。エスゾピクロンは服薬してから10~15分で効果が現れはじめ、約1時間ほどで血中濃度が最高値になり、効果が薄まる半減期は約5~6時間です。症状や目的に応じて使い分けます。

ゾピクロンの海外への携帯と個人輸入

ゾピクロンの処方制限

ゾピクロンは昨年10月から第3種向精神薬に指定されました。ジェネリック医薬品も該当します。また、11月からは処方日数の上限が30日に制限されました。向精神薬に指定された薬は、処方日数が制限され、向精神薬加算として8点が加算されます。

海外への携帯

海外に行く際に持っていけるゾピクロンの数量には制限がかかります

日本へ入国(又は日本から出国)する際に携帯して輸入(輸出)できるゾピクロンの分量は300mgまでです。

アモバン錠7.5錠なら40錠までとなります。

違反すると罰則(最高で7年以下の懲役又は200万円以下の罰金)が課せられるので十分注意しましょう。

ゾピクロンは個人輸入できる?

個人輸入を行っている違法業者などを利用してゾピクロンを購入するのは違法行為にあたります。

医師の処方箋なしで薬を輸入できる通販サイトの中には、詐欺まがいのサイトも多く存在しています。

ゾピクロンを使用したい方は、医師の診断を受けましょう。

ゾピクロンの用法用量

ゾピクロンの使用後の反応には個人差があるため、少量(高齢者では1回3.75mg)から使用を開始します。また、肝障害のある方は3.75mgから使用を開始します。

不眠症

成人はゾピクロンとして7.5〜10mgを就寝前に使用します。年齢・症状により増減しますが、10mgを超えて使うことはありません。

不眠症の改善を目的としてゾピクロンを使う場合は、就寝の直前に使用します。また、服用して就寝した後、睡眠途中において一時的に起床して仕事等をする可能性があるときは使用できません。

麻酔前投薬

成人はゾピクロンとして7.5〜10mgを就寝前または手術前に使用します。年齢・症状・疾患により増減しますが、10mgを超えて使うことはありません。

ゾピクロンの致死量

過剰な量のゾピクロンを他の中枢神経抑制剤やアルコールと一緒に使用すると、致死的となる恐れ場あります。また、合併症や衰弱状態などの危険因子がある場合には症状が重篤化する恐れがあり、まれではありますが致死的な経過をたどることがあります。体に害を及ぼすので注意してください。

ゾピクロンの使用上の注意

ゾピクロンは、連続して使用することで薬物依存を生じることがあります。長期間にわたって継続して使用するのは避ける必要があります。

ゾピクロンの影響が翌朝以後に続き、眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあります。自動車の運転など危険をともなう機械の操作は控えてください。

ゾピクロンと一緒に使用するときに注意が必要な薬

・ 筋弛緩薬「レラキシン」「エクサシン」「ミオブロック」
・中枢神経抑制剤「コントミン」「ウインタミン」、「チアミラール」「アモバルビタール」などのバルビツール酸誘導体等
・アルコール
・麻酔時
・「リファンピシン」など代謝酵素CYP3A4を誘導する薬剤
・「エリスロマイシン」「イトラコナゾール」など薬物代謝酵素CYP3A4を阻害する薬剤

ゾピクロンを使用する際に注意が必要な方

添付文書には、下記の方がゾピクロンを使う場合には注意が必要だと記載されています。

1.衰弱者[薬物の作用が強くあらわれ、副作用が発現しやすい。]

2.高齢者[「5.高齢者への投与」の項参照]

3.心障害のある患者[血圧低下が現れるおそれがあり、心障害のある患者では症状の悪化につながるおそれがある。]

4.肝障害、腎障害のある患者[作用が強く現れるおそれがある。]

5.脳に器質的障害のある患者[作用が強く現れるおそれがある。]

アモバン錠7.5・アモバン錠10 添付文書

妊婦(妊娠中)や授乳婦(授乳中)への使用は要注意

妊娠後期にゾピクロンを使用した方から生まれた子どもに呼吸抑制、痙攣(けいれん)、振戦、易刺激性、哺乳困難等の離脱症状が現れることがあります。これらの症状は、新生児仮死として報告される場合もあります。

授乳婦の使用は好ましくありません。母乳中に移行し、新生児が昏睡状態に陥る可能性があるからです。やむを得ず使用する場合は授乳を避けましょう。

ゾピクロンを使用できない方

以下に当てはまる方はゾピクロンを使用できません。

1.本剤の成分またはエスゾピクロンに対し過敏症の 既往歴のある患者

2.重症筋無力症の患者[筋弛緩作用により症状を悪 化させるおそれがある。]

3.急性狭隅角緑内障の患者[眼圧が上昇し、症状を 悪化させるおそれがある。]

また、肺性心、肺気腫、気管支喘息および脳血管障害の急性 期等で呼吸機能が高度に低下している方は、炭酸ガスナルコーシスを起こしやすいため注意が必要です。

ゾピクロンの副作用

ゾピクロンの主な副作用は、にがみ488件(4.18%)、ふらつき104件(0.89%)、眠気60件(0.51%)、口渇56件(0.48%)、けん怠感48件(0.41%)、頭重26件(0.22%)、頭痛22件(0.19%)、嘔気22件(0.19%)、不快感15件(0.13%)、めまい14件(0.12%)等です。

夢遊病症状や意識障害

ゾピクロンを使用した後、もうろう状態や一過性前向性健忘(中途覚醒時の出来事をおぼえていない等)が現れることがあります。入眠までの記憶がなかったり、意識が十分に覚醒しないまま行った車の運転や食事等を記憶していないとの報告があります。異常が認められた場合には使用を中止します。

その他の重大な副作用は以下です。

依存性

ゾピクロンは連続して使用することで薬物依存を生じることがあります。また、使用してから急に薬を減らしたりやめたりすると、震え、痙攣(けいれん)発作、不眠等の離脱症状が現れることがあります。ゾピクロンの使用を中止する場合には、医師の指示を守りましょう。

肝機能障害

AST(GOT)、ALT(GPT)、Al‐P、γ‐GTPの上昇等をともなう肝機能障害、黄疸が現れることがあります。

精神症状、意識障害

幻覚、せん妄、錯乱、夢遊症状、悪夢、易刺激性、攻撃性、異常行動等の精神症状および意識障害が現れることがあります。

アナフィラキシー

アナフィラキシーが現れることがあります。蕁麻疹や血管浮腫等の異常が認められた場合には使用を中止し対処します。

おわりに

ゾピクロンは即効性のある睡眠改善薬です。

作用時間は短いですが、副作用がないわけではありません。

特に使用後、意識がもうろうとしている時の運転は大変危険です。

用法用量や治療期間の決定には、医師の判断が不可欠です。

不眠症にお悩みの人は内科や心療内科に相談してみましょう。