ディレグラは鼻づまりに効果のある薬

ディレグラは、アレルギー性鼻炎に効果のある薬です。

アレルギー性鼻炎は、花粉やダニ・ハウスダストなどさまざまな物質のアレルギー反応が原因で起こります。花粉症の鼻水や鼻づまりもアレルギー性鼻炎の症状のひとつです。

アレルギー性鼻炎には、かゆみや鼻水などのアレルギー症状をおさえる抗ヒスタミン剤が主に処方されますが、抗ヒスタミン剤は鼻づまりには効果が出にくいという欠点があります。

ディレグラはアレルギー症状に効く抗ヒスタミン剤と鼻づまりを改善する成分の両方を配合した処方薬です。

そのため、抗ヒスタミン剤では治りにくい鼻づまりの改善に高い効果が期待できます。

ディレグラは特に鼻づまりが強く出るという方や、抗アレルギー薬だけでは鼻づまりが改善しない方におすすめです。

ディレグラは2つの成分を配合

ディレグラは、「フェキソフェナジン」という抗ヒスタミン剤と、「塩酸プソイドエフェドリン」という鼻づまり改善薬を混ぜ合わせた薬です。

2種類の異なる成分の働きにより、抗ヒスタミン剤単体では治りにくい鼻づまりにも効果を示します。

アレグラと同じ成分・フェキソフェナジン

「フェキソフェナジン」は第2世代の抗ヒスタミン剤であり、アレルギーの原因となるヒスタミンの働きを抑えて症状を和らげる作用があります。

花粉症の薬としてよく知られている「アレグラ」の主成分でもあります。

鼻粘膜の腫れを改善する成分・塩酸プソイドエフェドリン

「塩酸プソイドエフェドリン」は、血管を収縮させて鼻粘膜の腫れを改善する作用があります。

この作用により、鼻粘膜の腫れが原因になる鼻づまりを改善します。

ディレグラの飲み方のポイント

飲む回数は1日2回

1日2回、朝と夕方に使用します。通常、1回の使用量は2錠です。

空腹時に飲むことが大切!

ディレグラは空腹時に使用します。食事1時間前、食後2時間以降が目安です。

空腹時が推奨されるのは、食後に使用すると薬の吸収が落ち、効果が70%低下するという報告が挙がっているためです。

一番効果的な使用のタイミングは、起床時と夕方の空腹時です。鼻づまりに対してすばやい効果が期待できるため、朝や夜に強く出る鼻づまりに威力を発揮します。

不眠の原因となる寝る前の使用は避ける

ディレグラに含まれる塩酸プソイドエフェドリンには興奮作用があります。寝る前に飲むと興奮してしまい不眠の原因となる可能性があるため、寝る前の使用はできるだけ控えましょう。

長期間の使用は避ける

ディレグラを使用するのは鼻づまりの症状が強い期間にとどめ、鼻づまりが改善したらすみやかに抗ヒスタミン剤のみの薬に変更する必要があります。

また2週間を超えて使用することは避け、医師から使用を中止の指示があった場合には必ず従ってください。

錠剤の大きさに注意

ディレグラは、長径17.5mm、短径7.8mmと大きな錠剤です。また、内容成分が徐々に放出されて効果が持続するように作られた薬なので、錠剤を割ったり粉砕する事ができません。

子どもや高齢者など、食物を飲み下す力が弱い人は注意が必要です。

ディレグラの眠気や不眠などの副作用

主な副作用として、頭痛、発疹、疲労、口の渇きがあります。添付文書によれば一番発生頻度が高いのは頭痛ですが、起こる確率は0.6%ほどとわずかです。

ディレグラは副作用がでにくい薬といえるでしょう。

眠気は出る?

花粉症の薬というと「飲むと眠くなる」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ディレグラは花粉症の薬の中でも眠気が現れにくい薬です。

アレルギー性鼻炎の薬の多くには抗ヒスタミン剤が含まれています。ヒスタミンはアレルギー症状の原因となる物質ですが、意識の覚醒などにも関わっているため、その働きが抑えられることで眠気や集中力の低下を招きます。

ディレグラに配合されている抗ヒスタミン剤のフェキソフェナジンは、効果が穏やかであり眠気も現れにくい成分になります。

使用後に車の運転や機械の操作をすることも可能なため、仕事で車を運転するような人にもおすすめです。

花粉症の薬の効果や眠気の強さについて、詳しくは関連記事をごらんください。

不眠の副作用が現れる場合も

ディレグラでは、発生頻度は不明ですが不眠の副作用も報告されています。

ディレグラの成分である塩酸プソイドエフェドリンは交感神経を刺激する働きがあるためと考えられます。

寝る前にディレグラを使用するのは控えましょう。

また、飲むタイミングに問題がないにも関わらず不眠の症状が現れた場合は、医師に相談してください。

ディレグラの使用に注意する人

塩酸プソイドエフェドリンは血管を収縮させる作用があります。血管を収縮させることで病状が悪化する可能性がある病気を持っている方は、ディレグラを使うことができません。

また、以下のような症状に当てはまる方はディレグラの使用ができない可能性があります。病院を受診した際には必ず医師に申告しましょう。

・アレグラ・ディレグラの成分や交感神経刺激薬に対してアレルギー反応を起こしたことのある方
・糖尿病の方
・高血圧の方
・虚血性心疾患を持っている方
・甲状腺機能亢進症を持っている方
・前立腺肥大のある方
・腎機能障害のある方
・交感神経刺激薬による不眠、めまい、脱力、振戦、不整脈などにかかったことのある方

妊娠中・授乳中の方

妊娠中のディレグラの使用の安全性は確立されていませんが、重度の鼻づまりがあるなど症状の程度によっては処方される場合もあります。

また、授乳中の方がディレグラを使用する場合は、薬を飲む時間と授乳する時間をずらしてください。

ディレグラの市販薬はある?

ディレグラにはフェキソフェナジンと塩酸プソイドエフェドリンの2つの成分が配合されています。

フェキソフェナジンを単一成分とした市販薬にはアレグラFXがあり、フェキソフェナジン以外の抗ヒスタミン薬と塩酸プソイドエフェドリンが配合された薬は市販されています。

しかし、ディレグラと全く同じ成分が配合された薬は、現時点では市販されていません。

ディレグラを購入する際には、病院を受診しましょう。

※2018年3月現在の情報です

おわりに

ディレグラは、鼻づまりがひどい方にとってはとても有効な薬です。

ただし、「錠剤が大きい」「空腹時に飲まければいけない」など、飲み方に注意すべきポイントがあるので、医師の指示をしっかり守って使用しましょう。