テラコートリルと絆創膏の組み合わせは効果的?

ニキビの炎症や皮膚湿疹などに使われる市販薬のテラコートリル軟膏aと絆創膏を一緒に使うのはアリなのか薬剤師が監修解説!おすすめの絆創膏もご紹介します!

テラコートリル軟膏とはどんな薬?

処方薬のテラコートリル軟膏は皮膚炎や皮膚感染症、ただれ、湿疹など幅広い皮膚症状に効果がある塗り薬です。感染症の治療に使われる抗生物質(テトラサイクリン系)と副腎皮質ステロイドが配合された薬です。

市販薬ではテラコートリル軟膏aとして販売されており、成分の「ヒドロコルチゾン」という副腎皮質ステロイドが皮膚などの炎症を抑え、「オキシテトラサイクリン塩酸塩」が幅広い菌に対して抗菌・殺菌作用を示します。

テラコートリル軟膏aの使用方法

テラコートリル軟膏aの使い方は、1日に1〜数回患部に直接塗るか、無菌ガーゼ等にテラコートリル軟膏aをのばしてから、患部に貼り付けるなどが主なテラコートリル軟膏aの使い方です。

症状によって塗る量や期間は調整しますが、基本的には治療に必要最小限の期間で使用してください。

テラコートリル軟膏aと絆創膏の組み合わせについて

皮膚の症状には絆創膏を「貼った方がいい症状」と「貼らない方がいい症状」があります。

また、絆創膏は多種多様で、パッド部分に殺菌消毒の薬剤が含まれているものもあり、用途や症状に合わせて使い分けます。

主には傷の保護、傷口の皮膚接合、創傷部位の支持などに用いますが、患部に塗った薬を維持するために貼るといった使い方もされます。

絆創膏の種類に注意!

では、テラコートリル軟膏aを塗った患部に絆創膏を貼っても良いのかという疑問ですが、答えは「基本的には貼っても良い」です。

まず、テラコートリル軟膏aの用法には「ガーゼなどに薬をのばして患部に貼ってください」との記載もあるので絆創膏を使用しても問題ありません。

寝る前などにテラコートリル軟膏aを塗った時、絆創膏を活用することで薬がシーツなどに付着することを防いだりします。

ただし、テラコートリル軟膏aを塗った患部を密閉するようなタイプの絆創膏などは、薬が効き過ぎてしまい、多毛や色素脱失などの副腎皮質ステロイドを全身に使用した場合と同様の症状があらわれることがあります。

テラコートリル軟膏aと絆創膏を一緒に使用する時は通気性の高い絆創膏を選んでください。

また、皮膚の症状によっては絆創膏を貼らない方がいい場合があります。

テラコートリル軟膏aを塗った後の処置にお悩みの際は、薬剤師か医師にご相談ください。

快適!おすすめ絆創膏

さまざまな絆創膏がありますがその中でも人気の高い絆創膏をご紹介します。

ケアリーヴ Mサイズ 50枚 CL50M

 

さまざまなテープ材を製造・販売しているニチバン株式会社の製品、ケアリーブの絆創膏。

高密度ウレタン不織布は縦横によく伸び皮膚にフィットするので剥がれにくいという特徴に加えて、透湿性がよく皮膚のムレが少ないので皮膚がふやけにくくなっています。

BAND-AID(バンドエイド) 救急絆創膏 快適プラス スタンダード 50枚

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマー カンパニーが製造・販売している救急絆創膏の元祖「バンドエイド」。

この快適プラススタンダードサイズのバンドエイドは素肌に近い色で目立たないというメリットの他に、約4倍の長さにテープが伸びるという高い伸縮性もあり関節などの曲がる箇所に貼っても皮膚にフィットします。

そして水に強く通気性も良いので、ムレにくいのも特徴です。

テラコートリル軟膏aの購入方法

テラコートリル軟膏aは薬局やドラッグストアなどで購入することができる市販薬です。

テラコートリル軟膏aを購入する際、薬剤師か登録販売者に説明を受けると安心して使用できます。

また、ドラッグストアなどに足を運ぶのが億劫な方はインターネットでも購入ができます。ぜひご活用ください。

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

 

おわりに

湿疹や皮膚炎などなど幅広く使えるテラコートリル軟膏aは用法・用量を守って使用し、症状が良くなったら塗る回数を減らすなど調整をし、治ったら使用をやめるという必要に応じた使い方をしましょう。

絆創膏にはさまざまな種類がありますが、通気性の良いものを使用するようにしてください。皮膚の症状を医師や薬剤師に相談し悪化させない絆創膏を選んで使用することも大事です。

また、テラコートリル軟膏aを使用してから、皮膚の症状が悪化した際はすみやかに医師や薬剤師に相談してください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ケアリーヴ Mサイズ 50枚 CL50M

BAND-AID(バンドエイド) ...

【指定第2類医薬品】テラ・コートリ...

テラコートリルのお役立ち情報

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集