トラムセットとは?

トラムセットは慢性的な疼痛や抜歯後の疼痛に使用する薬です。疼痛とは、ずきずきとうずくような痛みであり、炎症や刺激による痛みから神経の障害が原因で起こる痛みまでさまざまな原因があります。

なお、トラムセットはがんが原因となる疼痛には使用できません。

トラムセットの成分

トラムセットは単一の成分ではなく、二つの有効成分が含まれた配合錠です。1錠中にトラマドール塩酸塩37.5mgとアセトアミノフェン325mgが配合されています。

トラマドールは、モルヒネなどに代表されるオピオイドと呼ばれる鎮痛薬のひとつです。効果が現れる時間や持続する時間はモルヒネと同じくらいであり、神経障害による疼痛に効果的な成分です。

アセトアミノフェンは、広く使用実績があり子供や妊婦にも推奨される比較的安全性の高い解熱鎮痛成分です。処方薬や市販薬に関わらず、さまざまな解熱鎮痛剤に含まれています。

トラムセットの腰痛・ヘルニアへの効果

トラムセットは慢性腰痛やヘルニアの痛みにも効果を発揮する薬です。

製薬会社が行った臨床試験では、アスピリンやイブプロフェンなどで知られる非ステロイド性の消炎鎮痛剤で十分な効果を感じられなかった方にも、効果を発揮したという報告があります。

ただし、慢性疼痛については、原因となる体の器質的な問題や、心理的な要因、依存性のリスクなどについて医師の診断を受けて正しく薬を使用する必要があります。

トラムセットは頭痛に効く?

オピオイド鎮痛薬は効果も強く比較的副作用が強く、また依存性も懸念されるため、通常の頭痛や偏頭痛には使用されません。NSAIDsやアセトアミノフェンで対処できず、重度の頭痛に対して最終的な手段として使用される可能性もありますが、一般的には使用されません。

また、トラムセットには副作用として頭痛も報告されています。

慢性的な頭痛は、何か別の病気や原因が隠されている可能性があります。自己判断でトラムセットを使用せずに、必ず医師の診察を受けましょう。

トラムセットはいつから効き始める?

トラムセットは比較的早く体内に吸収され効果を発揮します。使用後は約30分〜1時間半程度で効果を感じられるとされています。

トラムセットの副作用

トラムセットは、オピオイド鎮痛薬に共通する特徴でもある副作用がでやすい薬です。国内の臨床試験では、約81.1%の方に副作用が認められました。

おもな副作用は、吐き気、嘔吐、傾眠、便秘、浮動性めまいです。

特に薬の飲み始めは副作用が現れることが多くあります。副作用については、受診時に医師の説明を確認しましょう。

なお、トラムセットには、成分であるトラマドールとアセトアミノフェンの両方の副作用があります。

副作用の吐き気や便秘の対策は?

トラムセットは比較的副作用がでやすいため、吐き気止めや便秘薬などの薬と一緒に処方されることがあります。副作用と思われる症状がひどいときは、医師に相談しましょう。

副作用の眠気の対策は?

トラムセットの副作用には、眠気、めまい、意識喪失があります。トラムセットを使用中は、自動車や危険な機械などの運転は控えてください。

重大な副作用

トラムセットの重大な副作用として、以下のような症状が報告されています。服用後の体調の変化に注意し、不調が起きた場合は医師に相談しましょう。

・ショック、アナフィラキシー
・痙攣
・意識消失
・依存性
・中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、急性汎発性発疹性膿疱症
・間質性肺炎
・間質性腎炎、急性腎障害
・喘息発作の誘発
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
・顆粒球減少症
・呼吸抑制

トラムセットの用法・用量  

トラムセットは症状によって用法用量が異なります。

なお、空腹時の使用はなるべく避けてください。

非がん性慢性疼痛に使用する場合

通常、成人は1回1錠、1日4回使用します。使用間隔は4時間以上空けてください。

なお、症状に応じて使用量を調整しますが、1回2錠、1日8錠を超えて使用できません。

薬を使用してから4週間たっても効果を感じられない場合は、他の治療への切り替えます。漫然と薬を使用しないように注意が必要です。

抜歯後の疼痛に使用する場合

通常、成人は1回2錠使用します。追加で使用する場合には、使用間隔を4時間以上空けてください。

なお、1回2錠、1日8錠を超えて使用できません。

トラムセットの使用上の注意

以下に該当する方はトラムセットを使用することができない可能性があります。

・他のオピオイド鎮痛薬を使用中の方
・てんかんなどの痙攣性疾患またはこれらの既往歴のある方
・呼吸抑制状態にある方
・脳に器質的障害のある方
・薬物の乱用または薬物依存傾向のある方
・オピオイド鎮痛薬に対し過敏症の既往歴のある方
・ショック状態にある方
・肝障害または腎障害、あるいはそれらの既往歴のある方
・消化性潰瘍の既往歴のある方
・血液の異常またはその既往歴のある方
・出血傾向のある方
・心機能異常のある方
・気管支喘息のある方
・アルコール多量常飲者
・絶食・低栄養状態・摂食障害等によるグルタチオン欠乏、 脱水症状のある方

高齢者の使用

一般的に高齢者は生理機能が低下していることが多いため、代謝が遅くなり副作用がでやすい傾向にあります。

薬の使用後の体調変化に十分注意しましょう。

妊娠中・授乳中の使用

高齢者は生理機能が低下していることが多く、代謝・排泄が遅延し副作用があらわれやすいため、患者の状態を観察しながら慎重に使用します。

妊婦または妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると医師が判断した場合にのみ使用します。

授乳中の女性も基本的にはしようできません。やむを得ず使用する場合は、授乳を中止します。

子供の使用

12歳未満の子供は呼吸抑制が現れる可能性があるため使用できません。

トラムセットの生活上の注意  

お酒・アルコールの併用に注意

アルコールと併用すると呼吸抑制が生じるおそれがあります。薬を使用中は可能な限り飲酒は控えましょう。

他の薬との飲み合わせ

トラムセットには併用に注意するべき薬がさまざまあります。

常用している薬がある場合は、必ず医師や薬剤師に申告してください。特に、トラムセットにも含まれるアセトアミノフェンは市販薬にもよく使用される成分です。重複した成分を過剰摂取することで副作用がでる可能性があります。市販薬を使用するときも医師や薬剤師に相談しましょう。

​おわりに

慢性疼痛は生活の質に影響する症状です。トラムセットは正しく使用すれば痛みへの効果は高い優れた薬です。ただし効果が高い分副作用もでやすいため、医師の指示に従って正しく使用してください。

また、鎮痛薬はあくまで痛みを和らげる対症療法なので、同原因を根本的に治す治療も並行して行いましょう。