子どもに身近な病気の治療薬や予防薬として、バナンドライシロップ5%という薬を処方されることがあります。

病気になったら薬の服用はかかせませんが、苦い、飲みづらいなどの理由から飲んでくれない子どももおり、バナンドライシロップ5%も例外ではありません。

この記事では子どもに抵抗なくバナンドライシロップ5%を飲んでもらえる飲ませ方、薬の副作用などについて紹介していきます。

バナンドライシロップはジュース・ヨーグルト・アイスクリームなどに混ぜて飲むとよい

バナンドライシロップと一緒に飲むと苦味を感じにくい食品には次のようなものがあります。

【飲み物】
オレンジジュース、リンゴジュース、番茶、麦茶、スポーツドリンク

【食べ物】
ヨーグルト、アイスクリーム

これらの食品との組み合わせは、味の面で苦味が気になりづらいため、バナンドライシロップの製薬メーカーである、第一三共株式会社からも推奨されています。

水以外のもので薬を飲んでいいのか気になる方もいると思いますが、薬の飲み合わせとしてこれらの食品と一緒に飲んでも問題ありません。

近年、子どもに薬を飲みやすくするため、ゼリー状のオブラートなどの商品も増えてきました。
子どもに安心して薬を飲んでもらうために、このような商品に頼るのもひとつの方法です。

龍角散 おくすり飲めたね ぶどう

バナンドライシロップは水で飲むとに苦い薬

バナンドライシロップの味は、オレンジ風味で甘みがあります。

この甘みは、薬の苦い原末をコーティングしている部分で、口の中でコーティングが剥がれてくると次第に苦味があらわれます。

水分にとけるとコーティングははがれやすくなりますが、水でバナンドライシロップを飲んだ時、特に苦味が気になる傾向があります。

バナンドライシロップは赤ちゃんにも処方される薬です

バナンドライシロップは1歳前後の赤ちゃんから処方される薬です。

赤ちゃんに粉薬を飲ませる場合、粉ミルクに混ぜるのもひとつの方法です。しかし、子どもによってはこれがきっかけで粉ミルクや母乳を飲まなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

粉薬を赤ちゃんに飲ませる場合は、ごく少量の水やぬるま湯で粉薬をペースト状にし、うわあごなどにすりつけてから水などで飲ませてあげるとよいでしょう。
薬を舌に乗せないことで、苦味を緩和させることができます。

赤ちゃんが苦味を感じていないようなら、飲み残さない程度の水に溶かして液体として飲ませるのもひとつの方法です。

バナンドライシロップの副作用

バナンドライシロップの主な副作用は下痢・軟便嘔吐で、発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、リンパ腺腫脹、関節痛などがみられることもあります。

このような症状がでた場合、使用をいったん中止し、医療機関に相談するようにしてください。

また、稀にひどい皮膚のかゆみ、尿がほとんどでなくなる、ショック症状など、重篤な副作用がでる可能性もあります。
普段と違う重い症状におそわれたら、ただちに使用を中止し、病院で医師の診察を受けましょう。

副作用は薬を服用してから割と早い段階ででる傾向があります。初期症状に気をつけるようにしましょう。

重い副作用症状についてはこちらの「副作用」の覧に記載があるので参考にしてみてください。

参考:バナンドライシロップ5%(処方薬)

バナンドライシロップはこんな病気に処方される薬

バナンドライシロップは、主に細菌による感染症の治療・予防に使われる薬です。
皮膚感染症、呼吸器感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など、使われた方はさまざまです。

子どもに身近な病気では風邪症状があらわれた時に処方されることがあります。

本来、風邪とはウイルスによって引き起こされるものですが、細菌による二次感染の予防目的や、咳や鼻水など、喉や鼻などにあらわれている症状が細菌によって引き起こされていると診断された場合、処方されることがあります。

また、中耳炎の治療などにも使用され、中耳炎になりやすい赤ちゃんなどにも処方がされます。

バナンドライシロップを飲むにあたって注意すべきこと

① 薬の飲み合わせには注意が必要
バナンドライシロップ処方時に、既に飲んでいる薬があれば医師・薬剤師に相談しましょう。
薬によっては相互作用で重篤な副作用を招く場合もあります。

② 抗生剤は処方された量をきちんと飲みきりましょう
バナンドライシロップは、抗生剤といわれる高い効果が期待できる薬です。
そのため一度薬を飲みはじめると、数日で病気の症状が劇的に改善され、まるで完治したかのような状態になる場合もあります。
しかし、それは症状が改善しただけであって病気が完治したわけではありません。症状をぶりかえさず、完治させるためには、処方された分の薬を飲みきることが大切です。

バナンドライシロップは医師・薬剤師の指示のもと正しく使用しましょう

薬の処方は患者の体重や症状によって変わってきます。

用法・用量、服用回数や服用期間など、医師・薬剤師の指示をまもり、ただしく使用するようにしましょう。

ジスロマック細粒小児用以外の粉薬の飲み合わせ対策については、こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:苦い薬もへっちゃら!粉薬をおいしく飲みやすくする食べ物や飲み物リスト