質問

Q

パブロンエース錠とパブロンSゴールド錠の効能の違い

回答済み

パブロンエース錠とパブロンSゴールド錠の効能の違いを教えて下さい。
成分を見比べると、エース錠にはイブプロフェンが、 Sゴールド錠にはアセトアミノフェンが入っていて、どちらも発熱・頭痛・喉の痛みに効くとあります。
どちらが効くのですか?どう違うのでしょうか?

回答(1件)

0
A プロフィール画像

利江
薬剤師

パブロンエース錠とパブロンSゴールド錠の効能は、特に違いはありません。
両薬品では、解熱鎮痛成分が異なっている点に注目です。
一般的には、パブロンエース錠に配合されているイブプロフェンのほうが、熱を下げる作用、頭痛やのどの痛みを和らげる作用が強いです。
頭痛のある人、のどの痛みが強い人、熱が高い人はこの薬が適しているでしょうね。
胃の弱い人や頭痛のない人は、パブロンSゴールド錠に配合されているアセトアミノフェンが適しています。
アセトアミノフェンはほとんど胃を荒らす事がありませんので。反面、痛みを和らげる作用は、それほど強くありません。

パブロンに関するQA一覧

パブロンのお役立ち情報

関連するお薬のブランド