ピコスルファートとは?

ピコスルファートは成分の名前で、正式にはピコスルファートナトリウムといいます。

緩下剤であるラキソベロンのジェネリック医薬品の製品名にもなっており、ピコスルファートナトリウム錠やピコスルファートナトリウム内用液などの薬があります。

ピコスルファートの薬は複数の製薬会社から販売されていて、医薬品として製造する際は水に極めて溶けやすいピコスルファートナトリウム水和物が使用されます。

腸管を刺激する刺激性下剤ですが、作用が比較的穏やかであり、ほかの大腸刺激性の下剤に比べて薬に対する耐性が生まれにくいのが特徴です。

ピコスルファートの効果

ピコスルファートは、便秘症の治療に使用します。また、手術前や大腸検査の前の腸管内容物の排除、手術後やバリウム使用後の排便補助にも用いられます。

ピコスルファートは、胃や小腸ではほとんど作用せず、大腸内ではじめて腸管内の作用で活性化されます。活性化により大腸の粘膜が刺激され、腸の動きを促進し排便を促します。

ピコスルファートの副作用

ピコスルファートの主な副作用として、腹痛、腹鳴(お腹がグルグル鳴ること)、腹部膨満感、吐き気・嘔吐などの消化器症状があります。

上記の症状が現れた場合は、医師や薬剤師に相談してください。

ピコスルファートの飲み方

ピコスルファートは、1日1回使用する薬です。

ピコスルファートナトリウム錠は通常、成人は1回2~3錠、7~15歳の子どもは1回2錠を使用します。

ピコスルファートナトリウム内用液は、水に溶かして飲む薬です。適量の水などを入れた容器に1滴ずつしずく状に垂らして使用します。

薬の使用量は使用目的・症状・年齢により異なりますので、医師の指示にしたがってください。

ピコスルファートの作用時間と使用時間

ピコスルファートの効果が現れるまでには、7〜12時間かかります。

そのため便秘症の治療では寝る前に、大腸検査の場合には検査予定時間の10〜15時間前に薬を使用します。

ピコスルファートは妊娠中でも使える?

妊婦または妊娠している可能性のある方には、とくに必要とする場合にピコスルファートが処方されることがあります。

ただし、子宮の収縮を刺激し早流産を起こすおそれがあるため、慎重に使用し大量に飲まないようにしてください。使用の際は医師の指示にしたがいましょう。

市販薬に関しては、購入・使用の前に薬剤師や登録販売者に相談してください。

ピコスルファートの市販薬

ピコスルファートが配合された市販薬には次のようなものがあります。いずれの薬もピコスルファートの1日量が処方薬と同量の7.5mgとなっています。

なお、内用液の市販薬はありません。

  ビオフェルミン便秘薬 ビューラック・ソフト ピコラックス
ピコスルファートの分量(1日量) 7.5mg/5錠 7.5mg/3錠 7.5mg/3錠
ピコスルファート以外の有効成分 ビフィズス菌
ラクトミン(乳酸菌)
1回量 15歳以上 3~5錠
11~14歳 2~3錠
2〜3錠 2〜3錠
使用可能な年齢 11歳以上 15歳以上 15歳以上

 

ビオフェルミン便秘薬

 

ビューラック・ソフト

 

おわりに

ピコスルファートは穏やかな作用のある下剤です。大腸刺激性下剤の中では耐性が生まれにくいですが、連用すると自然排便が難しくなります。下剤はあくまで自然な便通を助ける手段として使用しましょう。