ビラノアの特徴

ビラノアはアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹や皮膚炎などによるかゆみをおさえるために病院で処方される薬です。

大鵬薬品が製造販売している2016年11月に販売が開始された新しい薬で、ヒスタミンをブロックする抗ヒスタミン作用と、ヒスタミンがつくられるのをおさえる抗アレルギー作用を併せ持った第二世代の抗ヒスタミン薬です。

第二世代の抗ヒスタミン薬は、第一世代の抗ヒスタミン薬より副作用が少ないことが特徴で、ビラノアは抗ヒスタミン薬の中では比較的効果の強い薬になります。

ビラノアの効果

ビラノアは、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)にともなうかゆみの改善に効果があります。事前に飲んでおくことで、花粉症発生の予防に使うこともあります。

アレルギー性鼻炎(花粉症)への効果

アレルギー性鼻炎には、スギ、ヒノキなどの花粉が原因によって発症する季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と、ダニ、ほこり、カビ、ペットの毛などのハウスダストで発症する通年性アレルギー性鼻炎があります。

花粉やハウスダストなどの抗原(アレルゲン)が体内に侵入すると、体に反応(抗原抗体反応)が起こります。ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体と結合することで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状が発生します。

ビラノアに含まれる有効成分はビラスチンです。ビラスチンは抗ヒスタミン作用として、ヒスタミンがヒスタミン受容体と結合するのを阻害します。また、抗アレルギー作用として、ヒスタミンがつくられるのをおさえることでアレルギー性鼻炎に効果を発揮します。

じんましん(蕁麻疹)への効果

じんましんは皮膚が突然赤く腫れて盛り上がり、かゆみをともなう症状です。

じんましんが起きる原因は、食べ物、植物、感染症、ストレスなどさまざまな要因が考えられますが、原因がアレルギー性によるものであるなら、デザレックスによる効果も期待できます。

アレルギー性のじんましんの場合、ヒスタミンが大量に放出されることによって血管を拡張し、神経を刺激することでかゆみを起こします。ビラノアによる抗ヒスタミン作用や抗アレルギー作用によって、かゆみを抑える効果が期待できます。

ビラノアの副作用に眠気は?

ビラノアなどの第二世代の抗ヒスタミン薬は、第一世代にありがちな眠気などの副作用が少ない薬です。

第一世代の抗ヒスタミン薬は、薬が脳内にも入ることで脳でのヒスタミンの働きもおさえてしまい、眠気や集中力の低下などの副作用を多く起こしています。

しかし第二世代の抗ヒスタミン薬は、脳内に入りにくい性質である非鎮静性抗ヒスタミン薬のため、眠気などの症状が起こりにくいものとなっています。

ビラノアの製薬会社の国内で行われた臨床試験において、675例中に主な副作用として、眠気4例(0.6%)、口の渇きと頭痛が各2例(0.3%)という結果が出ています。

眠気がまったく出ないというわけではありませんが、ビラノアは抗ヒスタミン薬の中では眠気の心配もほとんどなく、副作用自体も非常に少ない薬だということがわかります。

ビラノアは空腹時に飲む薬

ビラノアは、通常1日1回20mg(1錠)を空腹時に飲みます。ほかの薬と違い、飲むタイミングが空腹時であることが特徴です。

症状の強いときの空腹時など、食事の1時間前から食後2時間を避けて飲んでください。胃の中に食べ物が入っていないときは、お腹がすいていなくても空腹時扱いになります。

ビラノアを食後に飲むと、空腹時に比べて最高血中濃度が約60%低下し、薬の吸収率や働きが低下するというデータを製薬会社が発表しています。ビラノアは食事の影響を受けやすい薬のため、正しい飲み方を理解して薬を使用してください。

飲んでから1時間で最高血中濃度に達し、血中濃度が半分になるのは10.54時間です。薬を飲んでから1時間程度で効果が強く現れ、1日1回の使用で24時間の十分な効果を期待できます。

飲み合わせに注意が必要な薬

ビラノアを使用するときは、マクロライド系抗生物質であるエリスロマイシン、カルシウム拮抗薬であるジルチアゼムとの飲み合わせには注意が必要です。一緒に使用することで、ビラノアの作用を強めてしまう可能性があります。

現在、飲んでいる薬がある方は医師などに確認をとり、飲み合わせには注意してください。

ビラノアは子ども・妊娠中にも使える?

15歳未満の子どもへの使用には医師の判断が必要となります。

妊婦・妊娠している可能性のある方への使用は、安全性を確立していません。治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用することとなっています。授乳中の方はビラノアの使用中は授乳を避けてください。

高齢者の方は生理機能が低下しているため、注意して使用してください。

また、中等度・重度の腎機能障害のある方は、ビラノアの血中濃度が上昇するおそれがあるため、医師の指示に従って慎重に使用してください。

ビラノアの強さとほかの抗ヒスタミン薬

ビラノアはいくつか種類がある抗ヒスタミン薬の中でも、比較的効果の強い薬になります。

効果が比較的強く現れる薬(第一世代抗ヒスタミン薬に多い)では、同時に眠気などの副作用が多くみられる傾向がありますが、ビラノアに眠気の副作用の心配はほとんどみられません。

最近では眠気が強く出るような薬は避けられています。とくに子どもでは、眠気が出ることによって勉強に支障が起きたりすることがあるためです。反対に眠気の副作用が現れる薬は、つらいアレルギー症状などで眠れない場合がある方などに使用されることがあります。

※効果持続時間や効き目の強さは弊社薬剤師の見解です。
※効果の感じ方には個人差があります。

デザレックスとの違いは?

ビラノアと同じ時期に発売された同じ第二世代の抗ヒスタミン薬で、デザレックスという処方薬があります。デザレックスの有効成分はデスロラタジンであり、ビラノアと適応する効果は同じです。副作用の眠気も少なく、自動車の運転などにも影響はありません。

デザレックスは12歳以上から使用できます。服用のタイミングはビラノアとは異なり、空腹時に限りません。食事の影響も受けない薬なので、使用したいときに使う薬としては便利です。ビラノアはデザレックスより速い効き目と強い効果が現れるとされているので、効果優先ならビラノアを選ぶと良いでしょう。

アレグラとの違いは?

抗ヒスタミン薬として有名な処方薬では2007年に販売が開始されたアレグラなどがあります。アレグラも第二世代の抗ヒスタミン薬であり、有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を含み、ビラノアと適応する効果は同じです。フェキソフェナジン塩酸塩を主成分としたジェネリック医薬品も多く流通しています。

アレグラは7歳以上から使用できます。ビラノアは1日1回の使用ですが、アレグラは1日2回使用する必要があります。

アレグラのメリットとしては、30mg錠、60mg錠、OD60mg錠(口腔内で崩壊する錠剤)ドライシロップ剤など剤型が多数あり、自分に合ったものを使用できることです。また、市販薬としてアレグラFXという名称でドラッグストアなどで販売されているので簡単に入手できて便利なことも特徴です。

ビラノアの薬価

ビラノアの薬価は2017年8月現在、1錠あたり79.70円です。

処方薬には、薬価の他にも薬学管理料や調剤料が加算されるためかかる費用は上記の金額通りではありませんが、保険適用の場合は自己負担額は合計の3割になります。

デザレックスは1錠あたり69.40円なので、ビラノアより少し安くなります。

また、アレグラは60mg錠1錠あたり64.90円ですが、1日に2回使用する必要があります。しかし、ジェネリック医薬品であれば半額近い薬価のものもあります。

おわりに

現在抗ヒスタミン薬は多くの種類があります。それぞれメリットやデメリットなどもあるため、自分の症状や気になることを医師に相談し、自分に合った薬を処方してもらいましょう。副作用や飲み合わせ、飲むタイミングなどに注意し、正しい薬の使い方を理解することが大切です。