カンジダの再発は市販薬・フェミニーナ膣カンジダ錠で治療

カンジダは一度かかると、ストレスや寝不足といった些細なきっかけで再発します。そのたび婦人科へ通うのは、正直なところ少し億劫です。

そんなカンジダ再発の治療には、市販薬での治療がおすすめ。代表的な薬に小林製薬が販売する、フェミニーナ膣カンジダ錠があります。

しかし膣錠の入れ方がよく分からず、四苦八苦する女性は少なくありません。奥まで入らない、入れても出てきた・・こんなとき、どうすればいいのでしょうか?

この記事では、膣錠タイプのカンジダの薬・フェミニーナ膣カンジダ錠の上手な入れ方について、解説します。

フェミニーナ膣カンジダ錠(膣錠)、入れ方のコツ

膣錠の入れ方にはタイミングや姿勢など、さまざまなポイントがあります。コツさえつかめば、スムーズに入れることができますよ。

ここからは、図解付きで膣錠の入れ方を解説します。

膣錠の入れ方①:入浴後・トイレ後・就寝前のタイミングで

フェミニーナ膣カンジダ錠の使用回数は、1日1回。おすすめのタイミングは入浴後、トイレの後、就寝時(布団の中)です。

理由は体がリラックスしていて、指が軽く湿っているため。特に就寝前は、横になるので膣錠が脱落しずらく、速やかに崩壊・分散ができるのでおすすめです。

膣錠の入れ方②:指先を残した指全体を濡らす

膣錠は人差し指と中指の先ではさむように持ちます。このとき指先を残した指全体を軽く濡らすと、薬を奥まで入れやすいです。
濡らすのは水道水で構いません。

指だけでなく、膣の入口も濡らすと入れやすくなります。トイレのビデを使うほか、潤滑ゼリーも有効です。

膣錠の入れ方③:楽な姿勢をとる

膣錠が上手く入らない原因の多くは、体が力んでしまうことです。自分にとって一番楽な姿勢を探しましょう。入れやすい姿勢の例は以下の通り。

・両膝を曲げた深い前傾姿勢
・浅く椅子に座る
・片足を高い台の上に置く

膣錠の入れ方④:斜め後ろの上方に向かって入れる

膣の入口は真上に向かって伸びていません。

その流れに逆らって膣錠を真上に入れると、奥まで入らなくなってしまいます。挿入時は、斜め後ろ方向の上方に向かって入れましょう。

こんな時はどうする?フェミニーナ膣カンジダ錠の疑問

フェミニーナ膣カンジダ錠の効果が出るまでの過ごし方や、思わぬトラブルなど、使用中に多くみられる疑問について、解説します。

薬が膣から出てきたけれど、大丈夫?

膣錠は、分散することで溶けて出てくることが、よくあります。しかし、薬は溶けると同時にカンジダ菌に直接作用するので、効果に問題はありません。

ただし、下着に溶け出た膣錠が残っているとムレの原因になるので、膣錠使用時はおりものシートを使うことをおすすめします。

生理のときに膣錠を使ってもいい?

生理中にフェミニーナ膣カンジダ錠を使うのは控えましょう。経血が薬の成分を押し流してしまうので、充分な効果が得られません。

使用中に整理期間を迎えてしまった場合は、使用を一時中断しましょう。

薬の効果が出るまで何日かかる?

フェミニーナ膣カンジダ錠は、使用から約2~3日で効果を発揮します。

ただし、症状が治まった後もカンジダ菌が潜伏している可能性があるので、必ず6日間連続で使用してください。また、6日経ってもカンジダが治らない場合は、医師の診察を受けましょう。

薬で治療中の間、避妊具を使えば性行為をしてもいい?

間接的な感染や、避妊具破損による感染のおそれがあるので、性行為は控えましょう。

似た症状の病気との見分け方は?

おりもの、かゆみの程度、においなどで見分けます。カンジダの特徴は以下の通りです。

・おりもの → 白くてポソポソしている(酒かす、ヨーグルト、カッテージチーズ状など)
・かゆみの程度 → 強い。
・におい → ほとんどありません。

フェミニーナ膣カンジダ錠は、医療用薬品から転用されたスイッチOTC薬

フェミニーナ膣カンジダ錠は、病院の薬から転用されたスイッチOTC薬です。

スイッチOTC薬とは、病院で診察を受けないと貰えなかった薬の成分の中で、使用実績があり副作用も比較的少なく、安全性が高い成分が配合された薬を指します。

「毎日忙しくて、通院は難しい」、「深夜でも薬を買えるようにしたい」、ライフスタイルが多様化する中で、自分の健康を自分で守るために役立つ薬です。

フェミニーナ膣カンジダ錠に含まれる有効成分・オキシコナゾール硝酸塩も医療用薬品と同じ成分です。オキシコナゾール硝酸塩は、カンジダ菌の細胞膜を破壊することで、カンジダ菌の増殖を抑制します。

効果はストレートで副作用は少ない、「イミダゾール系」と呼ばれる真菌薬のひとつです。

フェミニーナ膣カンジダ錠にはこの成分が、医療用薬品と同量の100mg含まれています。

フェミニーナ腟カンジダ錠

フェミニーナ膣カンジダ錠を使用上の注意点

フェミニーナ膣カンジダ錠を使用するにあたって、知っておくべき注意点もチェックしておきましょう。

・症状の改善がみられてても、必ず6日間連続して使用しましょう。
・3日間使用しても症状の改善がみられない、あるいは、6日間使用しても症状が消失しない場合は医師の診察を受けてください。
・以下の症状があらわれた場合は副作用の可能性があります。直ちに使用を中止して、医師・薬剤師などに相談してください。

[副作用の疑いがある症状]
膣の疼痛(ズキズキ痛む)、腫脹感(はれた感じ)、発赤、刺激感、かゆみ、熱感

詳細は関連記事をご確認ください。
関連記事:フェミニーナ膣カンジダ錠の副作用はなに?

カンジダの再発を予防するためのポイント

カンジダは一度発症すると、半数以上の人が再発するといわれています。市販薬による治療と一緒に、普段からできる再発予防の対策を身につけておきましょう。

膣を清潔に保とう

下着やタオルは清潔なものを使う、おりものシートはこまめに取り替えるなど、膣を清潔に保つようにしましょう。トイレのときは腸内からの感染を防ぐため、ティッシュで拭くときは前から後ろに拭くようにしてください。

膣の洗い方に注意

膣を清潔に保つためにゴシゴシと洗い過ぎると、カンジダ再発の原因になるので注意しましょう。石けんがやボディーソープを直接塗ると、刺激が強すぎるので、泡立てたもので優しく洗うようにしてください。

デリケートゾーン専用の石けんを使うのもおすすめです。

睡眠・食事はしっかりと!

睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活によって免疫力が低下すると、ガンジダ菌は増殖しやすくなります。規則正しい生活が、ガンジダ再発の予防のカギです。

さいごに:フェミニーナ膣カンジダ錠は、再発の人の限定のお薬

フェミニーナ膣カンジダ錠は、ガンジダを再発した人だけが使える市販薬です。

初めてガンジダの疑いがある症状が出た人は、類似疾患の可能性も考えて、必ず医師の診察を受けてください。

正しい薬の使い方でガンジダを治療したら、再発予防を心がけましょう。