アモキシシリンの効能・効果

アモキシシリンは病気の原因となる細菌を殺す薬です。

成分であるアモキシシリン水和物はペニシリン系抗生物質に分類され、ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、大腸菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌、ヘリコバクター・ピロリ、梅毒トレポネーマに対して効果があります。

皮ふ感染症、溶連菌感染症、咽頭・喉頭炎、扁桃炎・急性気管支炎、副鼻腔炎、膀胱炎、中耳炎、淋病や梅毒などの性器感染症、手術後や外傷への二次感染の予防、胃潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリの除菌など、さまざまな感染症に使用されます。また、歯周病などにも使用されるため、歯科で処方されることもあります。

さまざまな細菌に対して効果がありますが、クラミジアやニキビへの効果は認められていません。

風邪には効果がある?

以前は風邪や下痢症状に抗生物質が処方されていましたが、「一般的な風邪の原因となるウイルスに対しては抗生物質は効果がない」として、2017年3月に厚生労働省では風邪に対して抗生物質の使用は推奨しないとされました。

また、急性の下痢についても自然に治ることが多いことから、抗生物質はあまり使用しないようにとされました。

副鼻腔炎への効果

副鼻腔炎には急性のものと慢性のものがあり、アモキシシリンはどちらの症状にも使用されます。

16歳以上に対しては、医師に軽症と診断された急性副鼻腔炎に対しては、抗生物質を使用しないことが推奨されています。ただし、中等症または重症と診断された急性副鼻腔炎に対しては、アモキシシリン水和物が使用されます。

6歳〜14歳の子どもに対しては、急性副鼻腔炎に対しては、原則抗生物質を使用しないことが推奨されていますが、長引く場合や重症の場合にはアモキシシリン水和物が使用されます。

アモキシシリンの用法・用量

アモキシシリンは、使用する症状によって用量が異なります。

ヘリコバクター・ピロリ感染症以外の感染症では、成人には通常、1回250mg(力価)を1日3~4回使用します。

また、15歳未満の子どもには通常、体重1kgあたり1日20~40mg(力価)を3~4回にわけて使用します。

いずれの場合も、年齢や症状によって用量を調節して使用します。

◼︎ヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の場合

【アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン・プロトンポンプインヒビター併用の場合】

通常、成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、クラリスロマイシンとして1回200mg(力価)、プロトンポンプインヒビターの3薬を同時に1日2回、7日間使用します。

なお、クラリスロマイシンは必要に応じて増量しますが、1日の使用量は1回400mg(力価)を1日2回までとされています。

【アモキシシリン水和物・クラリスロマイシン・プロトンポンプインヒビター併用によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合】

通常、成人にはアモキシシリン水和物として1回750mg(力価)、メトロニダゾールとして1回250mg、プロトンポンプインヒビターの3薬を同時に1日2回、7日間使用します。

アモキシシリンの使用上の注意点

アモキシシリンを使用して呼吸困難やけいれんなどの重篤なアレルギー反応を起こしたことがある方、伝染性単核症の方はアモキシシリンを使用できません。

また、アモキシシリンやペニシリン系抗生物質を使用してじん麻疹などの過敏反応を起こしたことがある方は、医師の指示があるなど特別な場合を除き使用できません。

アモキシシリンをはじめ抗生物質が処方された場合は、薬への耐性を持った細菌が出現して薬が効かなくなるという状況を防ぐため、医師から指示された用量・期間を必ず守って使用してください。

妊娠・授乳中の使用

妊娠中や妊娠している可能性がある方は、胎児の発育に影響を及ぼす可能性があるため使用できません。ただし、医師が必要と判断した場合には使用するケースがあります。

また、授乳中の方がアモキシシリンを使用する場合は、薬が効いているとされる間の授乳は避けてください。

小児への使用

生後4週以後~15歳未満の子どもについては特筆すべき注意点はありません。医師の処方の通りに使用してください。

低出生体重児や生後4週未満の子供には使用した経験が少なく安全性が確立されていませんが、医師が必要と判断した場合には使用するケースがあります。

アモキシシリンの飲み合わせ

アモキシシリンとワルファリンを併用すると、ビタミンKが欠乏する可能性があります。また、経口避妊薬との併用では経口避妊薬の効果が弱まることが、プロベネシドとの併用ではアモキシシリンの作用が強くなることがあります。

現在使用している薬がある場合は、アモキシシリンを使用する前に必ず医師・薬剤師に伝えましょう。

また、アモキシシリンを使用中にお酒などアルコールを摂取すると副作用などが現れやすくなります。アモキシシリンを使用中は飲酒は控えてください。

アモキシシリンとロキソニンの併用は、薬の種類や成分が異なるので問題ありません。

アモキシシリンの副作用

アモキシシリンで起こりやすい副作用は下痢・軟便、食欲不振、発疹などの薬疹、吐き気・嘔吐などです。また、好酸球増多など臨床検査値の異常変動が起こることもあります。

とくに、抗生物質を使用するとお腹が緩くなりやすいのですが、腸内の細菌に対しても効果が働くために起こる症状なのでほとんど心配はありません。ただし、腹痛や血便、1日に5回以上の下痢が続くような場合は、重大な副作用の可能性もあるため医師に相談してください。

セフェム系抗生物質を使用してアレルギー反応を起こしたことがある方、本人や両親・兄弟が気管支喘息・発疹・蕁麻疹などのアレルギー症状を起こしやすい体質の方、高度の腎障害のある方、高齢者の方は、アモキシシリンの使用前に必ず医師に報告・相談してください。

重大な副作用

滅多に起こることはありませんが、ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、顆粒球減少、肝障害、急性腎不全などの重篤な腎障害、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎などの血便を伴う重篤な大腸炎、間質性肺炎、好酸球性肺炎、無菌性髄膜炎の副作用が報告されています。

不快感、口内異常感、ゼーゼーヒューヒューという呼吸音、めまい、耳鳴、発汗、発熱、頭痛、吐き気・嘔吐、関節痛、皮膚や粘膜異常、腹痛、血便、1日に5回以上の下痢などの症状が現れた場合は直ちにアモキシシリンの使用を中止し、医療機関を受診してください。

アモキシシリンの先発品とジェネリック

アモキシシリンを主成分とする薬の先発品は「サワシリン」や「パセトシン」などの名前で販売されています。剤型には錠剤、カプセル、細粒があり、年齢や症状によって使い分けられます。

アモキシシリンのジェネリック医薬品は2017年7月現在、アモキシシリンカプセル125mgやアモキシシリンカプセル250mgなどのカプセル剤が、タツミ、トーワなどの製薬会社から販売されています。

アモキシシリンのジェネリック医薬品は、若干ですが先発薬よりも安価になる可能性があります。ジェネリック医薬品の処方を希望する場合は、医師・薬剤師に相談しましょう。