ブスコパンはどんな薬?

ブスコパンは胃腸の過度な緊張やけいれんを抑えて痛みを緩和する処方薬です。

胃腸の運動を高ぶらせる副交感神経は、アセチルコリンという神経物質により強められます。ブスコパンの成分であるブチルスコポラミン臭化物は、アセチルコリンを抑えることで副交感神経を弱めます。その結果として胃腸の過剰な痙攣や痙攣からくる痛みを抑えます。

ブスコパンの用法・用量

通常成人には1回1~2錠(ブチルスコポラミン臭化物として10~20mg)を1日3~5回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。

ブスコパン錠10mg添付文書

ミナカラ薬辞典:ブスコパン錠10mg

なお、ブスコパンの成分は「ブチルスコポラミン臭化物」という名前のもので、ブスコパン以外のジェネリック医薬品としてブチルスコポラミン臭化物錠などが登場しており、こういった名称のものをご利用されている方も多いかと思います。

ブチルスコポラミン臭化物錠などのジェネリック医薬品も使用方法や気をつけるべきポイントや効き方・副作用などもブスコパンと同様になりますので、同じようにこちらの情報をご参考いただけます。

ちなみに、「臭化物」というのは、「臭素(しゅうそ)」という元素が含まれているという意味で、酸素や水素という元素があるように、臭素という元素があるというだけです。

ブスコパンやブチルスコポラミンに変な臭いがあったり害があるわけではないので、このあたりはご安心ください。

ブスコパンの効果

ブスコパンの効能・効果は以下のとおりです。

下記疾患における痙攣並びに運動機能亢進

胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、幽門痙攣、胃炎、腸炎、腸疝痛、痙攣性便秘、機能性下痢、胆のう・胆管炎、胆石症、胆道ジスキネジー、胆のう切除後の後遺症、尿路結石症、膀胱炎、月経困難症

ブスコパン錠10mg添付文書

ブスコパンが使える下痢

ブスコパンは下痢症状にも効果を発揮しますが、ブスコバンを使用できるのは「機能性下痢」だけです。

機能性下痢は、病気や細菌が原因ではなく生活習慣の乱れやストレスなどが原因となり起こります。腹痛や腹部の不快感をともなわない軟便(泥状便)や水様便が特徴で、慢性的に起こる下痢の一種です。

ブスコバンが使えない下痢

細菌の感染が原因で起こる下痢の場合、ブスコパンの使用は望ましくありません。

細菌に感染して起こる下痢では、細菌を体外に出そうとする体の防御反応として下痢が起こります。薬で下痢を止めてしまうことで、症状が悪化したり治療期間が長引いたりする恐れがあります。

特に、腸管出血性大腸炎(O157)や赤痢菌等が原因で起こる下痢にはブスコパンは使用できません。

ブスコパンは生理痛に使える?

ブスコパンは月経困難症、いわゆる生理痛にも効果が期待できます。

ブスコパンの成分であるブチルスコポラミンは、医療現場では主にバリウムを飲む前の筋肉注射に使われたり、胃痙攣を止めるなど内臓の動きを抑えるために用いられます。

生理痛も子宮の筋収縮によって発生する痛みなので、ブチルスコポラミンにより子宮の筋収縮を抑え、生理痛が緩和されるという仕組みです。

実際に病院では月経困難症の治療にブチルスコポラミンが処方されることがあります。

ブスコパンの副作用

ブスコパンは高い効果が期待できる薬ですが、その分副作用が起こる可能性も高くなっています。

ブスコパン錠10mgの添付文書によると、調査症例のうち副作用が報告された割合は19.82%にのぼるとの記載があります。

主な副作用

ブスコパンは副交感神経の働きを弱めることで鎮痙効果を得ていますが、副交感神経が弱まりすぎるとさまざまな副作用が起こります。

主な副作用 原因
口の渇き 唾液の分泌が抑えられるため
便秘、お腹が張る、ガスがたまる 腸の筋肉の動きが抑えられるため
目のかすみ、まぶしさを感じる 眼圧が上昇するため
排尿障害 膀胱の筋肉の動きが抑えられるため
動悸、心拍数増加、頭痛、めまい 副交感神経の働きが弱まり、交感神経の働きが強まるため

重大な副作用

発生頻度は低いですが、ブスコパンを服用後に重大な副作用を引き起こす可能性もあります。ブスコパン服用後に以下のような体調の変化が現れた場合は、服用を中止して医療機関を受診しましょう。

【ショック・アナフィラキシーの初期症状】

皮ふのかゆみ、じんま疹、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、冷や汗、息苦しさ、動悸、めまい、血の気が引く、息切れ、判断力の低下、意識の混濁など

ブスコパンの使用上の注意

ブスコパン服用後は車の運転を避けてください。副作用で目のかすみやまぶしさを感じることがあるため服用後の車や危険な機械の操作は控えましょう。。

なお、妊娠中の方や高齢者は病院を受診した際に医師や薬剤師に相談してください。

ブスコパンの使用に注意が必要な方

以下の方はブスコパンの使用に注意が必要です。該当する場合は病院を受診した際に医師に申告しましょう。

・前立腺肥大のある方
・うっ血性心不全のある方
・不整脈のある方
・潰瘍性大腸炎の方
・甲状腺機能亢進症の方
・高温環境にある方

ブスコパンを使用できない方

症状の悪化や重い副作用を起こす可能性があるので、以下の方はブスコパンを使用できません。

  理由
出血性大腸炎の方 腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがあるため
緑内障の方 眼内圧を高めることによる症状の悪化
前立腺肥大による排尿障害のある方 排尿障害の悪化による排尿困難
重篤な心疾患のある方 心拍数の増加による症状の悪化
麻痺性イレウスの方 消化管運動の抑制
ブチルスコポラミン臭化物に対し過敏症の既往歴のある方 過去にブチルスコラボミン臭化物に反応して何らかの症状を起こしたことのある人は、再び症状を引き起こすおそれがあるため

ブスコパンと他の薬の飲み合わせ

ブスコパンと他の薬を併用する場合、以下の薬には注意が必要です。

・抗コリン作用を有する薬剤(三環系抗うつ剤、フェノチアジン系薬剤、モノアミン酸化酵素阻害剤、抗ヒスタミン剤等)
・ドパミン拮抗剤(メトクロプラミド等)

ブスコパン錠10mg添付文書

【抗コリン作用を持つ薬剤の代表例】
ミナカラ薬辞典:トリプタノール錠10/コントミン糖衣錠12.5mg(処方薬)/エフピーOD錠2.5(処方薬)/ポララミン錠2mg(処方薬)

【ドーパミン拮抗剤の代表例】
ミナカラ薬辞典:プリンペラン錠5(処方薬)

「ロートエキス」が含まれる市販薬との併用に注意!

ロートエキスが含まれる市販の下痢止めや胃腸薬との併用には注意が必要です。

ロートエキスは植物由来の成分で、市販の胃腸薬に含まれることが多い成分です。ブスコパンと併用すると口の渇き、便秘、眼のかすみ、眼圧以上、眠気、排尿困難、動悸や不整脈などの副作用が出やすくなるおそれがあります。

なお、医師からブスコパンと一緒にロートエキスが含まれている薬が処方されることもありますが、適切な診断による処方なので問題ありません。薬の相互作用などが気になる場合は、医師や薬剤師に相談してから服用しましょう。

【ロートエキスが配合される市販薬の例】

・ ビオフェルミン止瀉薬
・ ストッパ下痢止めシリーズ
・ エクトール シリーズ
・ 新タントーゼA
・ スクラート胃腸薬(錠剤・顆粒)
・ 第一三共胃腸薬グリーン シリーズ
・ 第一三共胃腸薬コアブロック シリーズ
・ 正露丸(種類によりますが、ロートエキスが含まれていものがあります) 

ブスコパンの市販薬は?

処方薬ブスコパンと同じブチルスコポラミン臭化物を成分にしている市販薬として、エスエス製薬から「ブスコパンシリーズ」が販売されています。

「ブスコパンA錠」は、処方薬と同じくブチルスコポラミン臭化物のみの単一成分です。

「ブスコパンMカプセル」はブチルスコポラミン臭化物に加えてメタケイ酸アルミン酸マグネシウムを配合。メタケイ酸アルミン酸マグネシウムは出すぎた胃酸を中和する作用があります。

胃酸過多に対してブスコパンを使用したい場合はブスコパンMカプセルを使用するといいでしょう。

ブスコパンの市販薬の効果

ブスコパンシリーズの効能効果は処方薬のブスコパンとは異なります。処方薬のように下痢や生理痛には使用できないのでご注意ください。

効能・効果
胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛 < せんつう >、癪 < しゃく >)、胃酸過多、胸やけ

ブスコパンA錠/ブスコパンMカプセル製品情報

市販薬の使い方

「ブスコパンA錠」「ブスコパンMカプセル」は、15歳以上から服用可能です。15歳未満は使用できないためご注意ください。

次の1回量を1日3回を限度として、水又はぬるま湯で服用してください。
服用間隔は4時間以上おいてください。

・成人(15才以上)
1回 1錠/カプセル

ブスコパンA錠/ブスコパンMカプセル製品情報

ブスコパンMカプセル

おわりに

ブスコパンを服用する際は医師の指示をよく聞き、用法・用量を守って服用しましょう。ブスコパン使用後に体調に異変を感じたら早めに医療機関を受診してください。