プランルカストの花粉症や気管支喘息への効果

プランルカストはアレルギー性鼻炎に効果あり

プランルカストはアレルギー性鼻炎に効果があります。

鼻水や鼻づまり、くしゃみなど鼻粘膜のアレルギー症状だけでなく、花粉によってアレルギー性の症状を引き起こす花粉症の症状の緩和にも使用されます。

プランルカストはロイコトリエン拮抗薬という種類に分類され、アレルギー反応を引き起こすロイコトリエンという体内物質のはたらきをおさえる新しいタイプの「抗アレルギー薬」です。

同じくアレルギー反応を引き起こすヒスタミンという物質の働きをおさえる「抗ヒスタミン薬」とは別の働きをします。

プランルカストは咳や喘息にも効果あり

プランルカストはアレルギー性鼻炎や花粉症以外にも、咳や気管支喘息といった症状にも効果があります。

プランルカストが喘息に深くかかわるロイコトリエンという体内物質を強力におさえ、症状を改善します。

プランルカストの副作用

医師の指示通りに正しく使用すれば、プランルカストは副作用はでにくい比較的に安全な薬とされていますが、人によっては胸やけ、吐き気、腹痛、胃部の不快感、口内炎、下痢、発疹、頭痛などの副作用が現れる場合があります。

発疹、蕁麻疹、多形滲出性紅斑、かゆみ、頭痛、眠気、けいれん、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、胃部不快感、四肢痛、乳房腫脹・硬結、乳房痛、女性化乳房

めったにないですが、症状が重い副作用として、アナフィラキシー・ショック、肝機能障害などを引き起こす場合があります。薬を使用した後に副作用と考えられる体調の変化が現れた場合は早めに医師か薬剤師に相談してください。

眠気は出る?

プランルカストでは、眠気の副作用も報告されています。

ただしプランルカストは抗アレルギー薬であり、抗ヒスタミン薬と比較すると眠気の副作用は少ないといえます。

そのため、仕事中や勉強中、車の運転の前でも使用できます。

抗ヒスタミン薬の効果と眠気の強さについて、詳しくは関連記事をごらんください。

プランルカストの飲み合わせ

プランルカストを使用する際、飲み合わせに注意するべき薬があります。

睡眠導入薬として知られている「ハルシオン」や「トリアゾラム」、抗不安薬「サイレース」、「ロヒプノール」、片頭痛の治療薬クリアミン」、「カフェルゴット」などがあげられます。

その他ホルモン剤などもプランルカストとの飲み合わせに注意が必要です。

他にも使用している薬がある場合や、プランルカストを使用中に病院を受診する場合は、必ず医師や薬剤師に申告しましょう。

風邪薬との飲み合わせは?

風邪薬には抗ヒスタミン成分が配合されているものが多く、花粉症の治療で抗ヒスタミン薬を使用している場合は成分が重複するため同時に使用することはできません。

同じ花粉症の薬であるプランルカストは抗アレルギー薬であり抗ヒスタミン成分は含まれていないため、風邪薬と併用できる場合もあります。

ただし、自己判断で薬は使用せず、必ず医師・薬剤師に相談してください。

プランルカストの種類

プランルカストには「プランルカスト錠112.5」、「プランルカスト錠225」、「プランルカストDS」とさまざまな種類があります。

プランルカスト錠112.5とプランルカスト錠225の違い

「プランルカスト錠112.5」、「プランルカスト錠225」の違いは、薬1錠中に含まれる有効成分量の違いです。有効成分量には112.5mgと225mgがあります。

症状などによって、医師の判断によりどちらの薬を処方されるか異なります。

「プランルカストDS」とは?

プランルカストのドライシロップ(DS)のことです。

ドライシロップは粉状の薬で、薬自体に甘い味や香りがついていて、水に溶かしてシロップ状にして飲む薬であり、子どもに飲ませやすいことが特徴です。

錠剤・カプセルの違い

プランルカストには錠剤とカプセルがあります。プランルカストだけではなく薬全体にいえることですが、錠剤もカプセルも効果は基本的に同じです。

錠剤やカプセルの飲みやすさは人によって違いがあります。

一般的に、錠剤の場合は飲んでからすぐに溶け始めるので効果を早く感じられ、カプセルの場合は飲んでから効き始めるまで少し時間がかかります。

プランルカストの用法・用量

プランルカストの用法・用量はどれも年齢や症状によって調整されるため、医師または薬剤師の指示を守って正しく使用してください。

プランルカスト錠112.5mgの場合

15歳以上の成人は1回2錠を1日2回(計4錠)を朝食後および夕食後に使用します。

プランルカスト錠225mgの場合

15歳以上の成人は1回1錠を1日2回(計2錠)を朝食後および夕食後に使用します。

プランルカストDS10%の場合

主に小児が使用する場合、1回35mg/kgを1日2回(計70mg/kg)を朝食後および夕食後に、コップ一杯程度の水に溶かして使用します。なお、プランルカストDS10%の1日の最大の使用量は100mgです。

プランルカストの使用に注意する人

乳幼児・小児

小児にプランルカストを使用する場合は一般的に液体状のプランルカストDSをコップ一杯程度の水に溶かして使用します。プランルカストは小児喘息にも効果があります。

また、1歳未満の乳幼児にプランルカストを使用しても安全性に問題はないとされますが、プランルカストの用法・用量は必ず医師の指示にしたがって使用してください。

妊娠中・授乳中

妊娠中、授乳中はプランルカストの使用には注意が必要です。プランルカストの使用時期は医師の指示にしたがって使用してください。

プランルカストを使用した場合の副作用などのリスクよりも、症状の治療をおこなった際のメリットのほうが高いと判断した時に使用するというのが原則となっています。

オノンのジェネリック・プランルカストの薬価

プランルカストは「オノン」のジェネリック医薬品です。

開発費がかからないため、プランルカストは先発薬であるオノンよりも安く手に入れることができます。

プランルカストはさまざまな製薬会社から販売されており、薬価は製品によって異なります。

なお、錠剤タイプの薬はオノンにはなく、プランルカストのみです。

プランルカスト錠112.5mg 23.7円〜25.4円
プランルカスト錠225mg 45.9円
プランルカストカプセル112.5mg 23.7円〜24.4円
プランルカストカプセル225mg 45.9円
プランルカストドライシロップ10% 32.0円〜35.4円

※2018年4月現在の薬価

おわりに

なかなか治らないアレルギー性の鼻炎や喘息などの症状に効果的なプランルカストは花粉症にも効果を発揮してくれる薬です。

錠剤、カプセル、粉状とさまざまな種類があり小児から大人まで幅広く対応できるプランルカストですが、使用する際は必ず医師の指示にしたがい、用法・用量を守って使用してください。