フルコートfの効果と副作用をわかりやすく解説|使用できる部位は?

湿疹やかぶれ、あせもなどに使用できるフルコートfの効果と副作用、有効成分のはたらきや効き目などについてわかりやすく解説します。また、フルコートfの正しい使用方法も紹介します。

フルコートfはどんな薬? 

フルコートfは、さまざまな湿疹やかぶれ、あせもなどのさまざまな皮膚トラブルに使用できるステロイド配合の塗り薬です。

市販のステロイド成分の中では最も優れた効果を発揮する成分を使用しており、また、抗生物質が配合されていることによって患部で細菌が繁殖するのを防ぐ効果もあります。

軟膏タイプの塗り薬で皮膚を保護する作用もあるため、カサカサした肌荒れ・ジュクジュクした肌荒れのどちらにも使用することができます。

効能・効果

◎化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん
◎化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎)

フルコートf 添付文書

フルコートfの有効成分のはたらき

フルコートfには、「フルオシノロンアセトニド」と「フラジオマイシン硫酸塩」の2種類の有効成分が配合されています。

ステロイド成分|フルオシノロンアセトニド

フルコートfに配合されている「フルオシノロンアセトニド」は、市販薬の中では最も効果の優れたステロイド成分です。

かゆみや炎症のもととなる「プロスタグランジン」という物質の生成をおさえることで、炎症をおさえて症状を鎮めます。

ステロイドの強さは5段階に分けることができ、市販薬に使用できるのは「ストロング」までと定められています。フルオシノロンアセトニドは、ストロングに分類されます。

【ステロイドの強さ分類】

ストロンゲスト 最も強い 処方薬のみ
ベリーストロング 非常に強い
ストロング 強い 市販薬あり
ミディアム 穏やか
ウィーク 弱い

抗生物質|フラジオマイシン硫酸塩

皮膚が炎症を起こすと、多くの人がかきむしってしまいます。この時に皮膚のバリア機能が破壊され、傷口か雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

「フラジオマイシン硫酸塩」は、雑菌の繁殖を防ぐことで症状の悪化を防いだり、ジュクジュクと化膿した皮膚炎を緩和します。

また、ステロイド剤は免疫力を抑制する作用もあり、化膿部分に使用できないことがありますが、フラジオマイシン硫酸塩が配合されていることによって化膿した皮膚炎にも使用が可能です。

使用方法

使用回数と塗り方

フルコートfは、1日数回患部に塗って使用します。基本的には1日2回が目安ですが、症状がひどい場合は1日3回使用しましょう。

症状が改善されてきたら回数を減らしていきます。

使用量は、第一関節にまっすぐ薬剤を出した分量(約0.5g)で成人の手のひら2枚分の広さに広げるのを目安に、患部の範囲によって分量を調整して使用してください。

患部に刺激を与えると悪化させてしまうおそれがあるため、できるだけやさしく患部を乗せるように塗りましょう。

5〜6日間使用して改善が見られない場合は使用を中止して、皮膚科を受診するようにしましょう。

保湿剤と併用する場合

肌が乾燥のために保湿剤と併用されたい場合は、まず保湿剤を先に塗ってから、フルコートfは患部のみ使用するようにしてください。

妊娠中の場合

妊娠中は皮膚が非常に敏感になっています。使用する前に必ず担当の医師に相談するようにしてください。

顔面に使用する場合

顔面の皮膚は手のひらや足に比べると薬の成分が吸収しやすい箇所で副作用も出やすいです。そのため、顔面に使用する際は、患部のみに使用しかゆみや発疹などの副作用が出た場合は、使用を中止して医師もしくは薬剤師に相談するようにしてください。

また、目の周辺には使用を避けるようにしてください。眼圧亢進、緑内障、白内障を誘発する恐れがあります。万が一目に入った場合は、すぐに水またはぬるま湯で洗い流すようにしてください。

長期連用はしないように

比較的効果の強いフルコートfでは、続けて使用すると副作用が起こりやすくなることがあります。フルコートfの場合、5〜6日使用しても改善しない場合、または悪化した場合は、皮膚科を受診してするようにしてください。

密封して使用しないこと

ラップなどによる密封法での使用は避けましょう。密閉によって成分が皮膚から吸収されやすくなり、副作用が起こりやすくなることがあります。おむつかぶれで使用する場合、おむつも密閉法と同様の作用があり効果が強くでる恐れがあるので注意するようにしましょう。

使用してはいけない疾患

水疱瘡、水虫、たむし等の細菌、ウイルス、真菌などの感染疾患には使用しないようにしてください。配合されているステロイド成分は皮膚の抵抗力を低下させて、炎症をおさえる働きがあるため、感染疾患の症状を悪化させる恐れがあります。

フルコートfの副作用

フルコートfはステロイド成分を使用した薬ですが、症状の出ている部分にのみ作用するように作られているため、飲み薬などに比べて副作用が出づらくなっています。

しかし、全く副作用が出ないということはありません。

フルコートfを使用した部分に赤みやかゆみ、ただれが現れたり、膿み、刺激感などの症状が現れた場合は副作用のおそれがあります。すぐに使用を中止して、皮膚科を受診してください。

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,ただれ
皮膚(患部):みずむし,たむし等の白癬,にきび,化膿症状,持続的な刺激感,白くなる

フルコートf 添付文書

おわりに

フルコートfは比較的効果の強いステロイド成分が含まれているため、副作用が気になりがちですが、正しく使用すれば副作用のリスクを最小限におさえることができます。

正しい使用法を理解して、つらい皮膚炎の症状を1日でも早く改善しましょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

フルコートf

dメニュー