近年のストレス社会で、老若男女を問わず不眠に悩む人が増加しています。
不眠の改善に用いられるのが睡眠薬。睡眠薬にも処方薬と市販薬がありますが、不眠をしっかり治療したい場合は病院で症状に合わせた睡眠薬を処方してもらうことが大切です。

ベルソムラは処方薬で、2014年に発売された比較的新しい睡眠薬です。
フランス語の「美しい眠り(belle=beautiful、som=sleep)」が名前に由来となっていて、往来の睡眠薬とは異なり自然な眠りを促すメカニズムを持っています。

この記事ではベルソムラの効果や副作用、効果が持続する時間などを詳しく解説します。

【目次】
1、ベルソムラの効果・効能
2、ベルソムラの作用時間
3、ベルソムラの副作用
4、服用時の注意

ベルソムラは新しいメカニズムを持つ睡眠薬

ベルソムラは往来の睡眠薬とは異なるメカニズムを持つ睡眠薬です。

従来の睡眠薬は、GABA受容体作動薬と呼ばれる、脳の興奮を抑えるGABA(ガンマアミノ酪酸)という神経伝達物質の働きを促すことで睡眠へと繋げるものが主流でした。
GABA受容体作動薬には、ベンゾジアゼピン系睡眠薬非ベンゾジアゼピン系睡眠薬などがあります。また、近年ではメラトニン受動体作用薬と呼ばれる、体内時計を介して眠りをもたらす薬も治療に使われています。

ベルソムラは、これらとは全く異なった側面から睡眠へアプローチします。

通常わたしたちの脳は、「睡眠」と「覚醒」の2つのモードの切り替えることによって、眠りをコントロールしています。この眠りのコントロールには、オレキシンという脳内の神経物質の量が関わっています。
オレキシンが多く分泌されると脳が覚醒して意識が活発になり、反対にオレキシンの分泌が抑えられると脳の活動が鎮静化され、眠気を感じるようになります。

ベルソムラは、オレキシンが脳に作用しないように、オレキシンの働きをブロックすることで眠りを促す世界初のオレキシン受容体拮抗薬なのです。

ベルソムラの効果と強さ

効果の感じ方には個人差がありますが、ベルソムラはこれまでの睡眠薬とほとんど変わらない効果が期待できます。

これまで主流の睡眠薬は、マイスリーなどのベンゾジアゼピン系、ハルシオンなどの非ベンゾジアゼピン系の薬剤でした。しかし、依存性が高いという課題があり、課題改善のため2010年にメラトニン受容体作動薬であるロゼレムが発売されています。
 

薬の系統 良い点 問題点

ベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系

・効果が感じられやすい
・重篤な副作用が少ない

・依存性が高い

メラトニン受容体作動薬

・依存性などの副作用がおさえられている

・効果が比較的弱い


ベルソムラは、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系とメラトニン受容体作動薬の良いところを併せ持った薬です。

ベルソムラの効果は次の通りです。

■ 入眠障害を改善させ、寝つきをよくする
■ 夜中に何度も起きてしまう中途覚醒を改善し、夜間の眠りを維持する

マイスリーなどのベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、脳の機能を落ち着かせて入眠させるため、比較的早く眠りにつくことができるとされていました。
ベルソムラは、脳を覚醒状態から睡眠状態に切り替える作用を持ち、自然に近い眠りに導くので、効果はマイスリーなどに比べるとゆるやかですが、入眠障害に効果があります。

薬の効果が継続する時間が6〜8時間と他の睡眠薬に比べて長いため、中途覚醒を改善するのにも適しています。夜中に途中で起きてしまっても、再び眠りにつきやすいことがベルソムラの特徴といえます。

しかしながら、うつ病や統合失調症などの身体的、精神的な原因などによる二次性の不眠症には効果は認められていません。不眠の原因が精神的なものに起因する場合は、医師によく相談するようにしましょう。
なお、ベルソムラは向精神薬に指定されていないため、服用できる日数に制限はありません。

ベルソムラの作用時間:食事に影響をうける

ベルソムラを飲んでから、身体の中で薬の濃度が最も強くなる最高血中濃度到達時間、薬の濃度が体内で半分になる半減期、薬の効果が有効といえる効果の持続時間は次の通りです。

 

最高血中濃度到達時間

半減期にかかる時間 効果の持続時間
空腹時

約1時間半

約10時間

6~8時間

食後

約3時間

約11時間

約10時間

ベルソムラの作用時間は、食事の影響をうけるため、食事の直後や食中に薬を飲んだ場合のほうが効き始めが遅くなります。

ベルソムラの添付文書では、就寝前の服用を指示しています。これは安全性の面から、一度薬を飲んだら薬の効果がでている間は就寝している状態が好ましいためです。就寝前、薬の効き始める時間が早い空腹時に薬を飲むようにしましょう。

また、薬の濃度が体内で半分になる時間となる半減期が、約10時間と比較的長いため、夜間の眠りを維持します。効果が見込める時間は6~8時間です。成人の睡眠時間としては十分な効果時間といえるでしょう。

半減期は長いですが、薬の作用が次の日まで持続する持ち越し効果が少ないとされているので、翌日まで薬の作用による眠気が続くことは少ないことも特徴のひとつです。

ベルソムラの副作用

ベルソムラの副作用には意識障害(傾眠)、頭痛、疲労、悪夢、ふらつき(浮動性めまい)などがあります。

薬の作用が次の日まで持続する持ち越し効果は少ないとされていますが、人によっては翌日になっても眠くなったり、注意力・集中力が低下する場合もあります。

服用した翌日の自動車運転や機械作業など、危険をともなう作業は控えましょう。

ナルコレプシーまたはカタプレキシー患者の方は慎重投与すること

突然眠ってしまったり全身の力が抜けてしまう病気のナルコレプシー、何らかのスイッチによって脱力感を覚えたり崩れ落ちて転倒してしまう病気のカタプレキシー患者のベルソムラ使用は注意が必要です。

これらの病気は、オレキシンが減少したり、欠乏することが原因とされています。

そのため、オレキシンを抑制してしまうベルソムラを飲んでしまうと、ナルコレプシー・カタプレキシーの症状を悪化させてしまう可能性があります。

ベルソムラの服用で気をつけること

用法・用量を守ること

1日1回、就寝前に飲むことを守ってください。睡眠途中で一時的に起床し、仕事などで活動する可能性があるときは服用しないようにしましょう。薬の睡眠誘発による思わぬ危険を招く可能性があります。

食中や食事直後の服用はしない

食事によってお腹が満たされている状態での服用は、効果の発現が遅くなるため入眠に影響を及ぼす可能性があります。

高齢者がベルソムラを飲む場合

高齢者は一般的に生理機能が低下している傾向があります。状態を見ながら慎重に投与するようにしましょう。

妊娠中・授乳中の方のベルソムラ使用について

妊娠中のベルソムラの使用の安全性は確立されていません。治療上の有益性が危険性を上回ると医師が判断した場合にのみ使用ができますが、できるだけ避けることが望ましいでしょう。
授乳中にやむをえずベルソムラを使用する場合は、授乳を中止してください。

睡眠薬は必ず医師の指示のもとで使用しましょう

睡眠薬には副作用や依存性の可能性があることを確認しておかなければなりません。用法・用量をまもり、必ず医師の指示に従って使用するようにしましょう。
不眠症の改善がみられたら、漫然と使用を継続しないように、薬の使用について改めて医師と相談することも大切です。

不眠症は薬に頼らないで改善できる場合もあります。詳しくは関連記事をごらんください。
関連記事:あなたはぐっすり眠れていますか?不眠症に悩む人への対処法!