睡眠薬ベルソムラが効かないときはどうすればよい?

ベルソムラは、入眠障害や中途覚醒に効果的な比較的新しい睡眠薬です。従来の睡眠薬より依存性が少ない特徴がありますが、効果を実感できない場合もあります。この記事ではベルソムラが効かない原因を紹介しています。

ベルソムラは、2014年に発売開始された比較的新しい睡眠薬です。
なかなか寝付けないという入眠障害や、夜中に何度も起きてしまい熟睡ができない熟眠障害に効果を発揮します。

ベルソムラの特徴は、ゆっくりと自然に近い眠りに導く作用です。従来の睡眠薬に比べると入眠するまでの時間が若干短縮され、睡眠の総時間数も増えたとされています。眠りを維持する効果時間が長いため、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒の症状にも効果的です。
また、副作用の依存性が抑えられていることもベルソムラの大きな特徴です。

睡眠薬の効果の感じ方には個人差があり、人によっては効果を感じにくいことがあります。
この記事では、ベルソムラが効かないときに考えられる理由や、効かないときにやってはいけないことを解説します。また、ベルソムラが効果を発揮しやすい方もご紹介します。

ベルソムラが効かない理由とは

不眠の原因には個人差がある

ベルソムラは往来の睡眠薬とは異なり、脳の活動を活発化させるオレキシンという物質を抑制することで眠りを促す薬です。しかし、私たちの睡眠を左右しているのは、オレキシンの量だけではありません。
オレキシン以外にも睡眠に関わる物質は多数あります。オレキシンの分泌量以外に睡眠を妨げる原因がある場合は、ベルソムラを使用してもあまり効果がないのです。

ベルソムラは中途覚醒に効果的な薬

ベルソムラは薬の効果が長く続くため、夜中に何度も起きてしまう中途覚醒の改善に向いています。夜間に起きてしまったとしても、またすぐに眠りにつきやすくします。
しかし、なかなか眠れない入眠障害に対しては他の睡眠薬と比較すると効果は高くありません。入眠効果に強い睡眠薬には、マイスリーアモバンハルシオンなどがあります。

いらいらや不安などの精神的要因が原因

ベルソムラには不安な気持ちを和らげる抗不安作用が含まれていません。
眠れない原因が不安障害などの精神的なことにある場合、ハルシンオンなど、抗不安作用を持つベンゾジアゼピン系薬剤の処方を医師に相談してみるのもひとつの選択肢です。

薬が体質に合っていない

薬との相性、効果や副作用の出方などは個人の体質も大きく関わります。
ベルソムラを一定期間服用しても効果がみられなかった場合は、医師に相談して薬の変更を相談してみるのもよいでしょう。

薬が効かないからといってやってはいけないこと

睡眠薬が効かないときに自己判断で服用量を増やすことは大変危険です。
一時的に薬が効きすぎることで起きあがれなかったり、起きてからもボーっとして頭が働かないなど、日中に悪影響を及ぼす可能性があります。また、重篤な副作用に悩まされたり、不眠とは関係ない別の症状につながる危険性もあります。

医師の指示通りの​用法・用量を必ず守りましょう。
薬の効果が感じられない場合は、医師に相談して薬の変更などを検討してください。

ベルソムラのアルコールや他の薬との飲み合わせ

ベルソムラの服用中は飲酒は避けましょう。アルコールによって、傾眠(眠気)や頭痛などの副作用を強めてしまう恐れがあります。
また、お茶類やコーヒーといったカフェイン類との併用もベルソムラの効果に影響を及ぼす可能性があるのでおすすめできません。

ベルソムラと他の睡眠薬は、安全性の問題から同時に処方されることは基本的にありません。ただし、他の睡眠薬からベルソムラへ薬を切り替える場合、一時的に併用し、ベルソムラへ完全に切り替えるという段階をふむ場合もあります。

ベルソムラの服用前に別の睡眠薬を飲んでいる場合は、必ず医師に申告してください。自己判断での薬の併用は危険を伴うので絶対にしないように注意しましょう。

ベルソムラが向いている人

夜間の睡眠を維持したい方

ベルソムラは夜中の眠りを維持することに高い効果が見込める薬です。夜中に何度も起きてしまう中途覚醒の症状に悩んでいる方には、ベルソムラの使用が向いているといえます。

依存性の少ない睡眠薬をしている方

ベルソムラは他の睡眠薬に比べると依存性が少ない薬です。不眠症が改善された時には、薬離れもしやすい薬であるともいえるでしょう。

他の睡眠薬を使用していない方

すでに他の睡眠薬を使用している方がベルソムラに薬を切り替えた場合、効果を感じにくい場合があります。
副作用が少ないなどの理由からベルソムラに変更を希望する方もいますが、入眠作用に関しては穏やかに効く薬です。他の睡眠薬からベルソムラに変更し効果が感じられない場合は、医師に相談しましょう。

睡眠薬は医師の指示をまもって使用しましょう

睡眠薬は用法用量を守って正しく使用しなければ、かえって不眠に悩まされたり副作用を招いたりすることがあります。
必ず医師の説明や指示をよく聞き、正しく使用するようにしましょう。

薬の効果で眠れるようになったからといって自己判断で薬の服用をやめてしまうと、再び睡眠薬を使用する必要ができたときに効果を感じにくくなる場合もあります。薬の服用をやめるときも、医師の指示をあおいで影響の出にくい方法を選びましょう。

不眠症は薬に頼らないで改善できる場合もあります。詳しくは関連記事をごらんください。
関連記事:あなたはぐっすり眠れていますか?不眠症に悩む人への対処法!

ベルソムラのお役立ち情報

関連するお薬のブランド

ピックアップ特集