睡眠薬マイスリーと酒・アルコールとの飲み合わせについて

不眠によく処方されるマイスリーは睡眠薬の中でも安全性が高いといわれていますが、同じ睡眠作用のあるアルコールと併用してもいいのでしょうか。マイスリーとアルコールの飲み合わせについて解説します。

不眠に悩む日本人は非常に多く、疲れているのに眠れないなど、何らかの睡眠障害を訴える人は、成人の約20%にのぼるといわれています。

そこで、不眠解消のために身近な方法として最もよくみられるのが「寝酒」です。
確かに適度な量のアルコールは緊張をほぐし、眠気をもたらす場合がありますが、寝酒に頼ることは弊害が多く、根本的な不眠解消にはならないといわれています。
不眠に悩んでいる場合は、まず医師に相談し、適切な睡眠薬による治療が必要です。

睡眠薬にもさまざまな種類があり、比較的安全性が高く副作用も少ないとされ多く処方されているのがマイスリーです。
マイスリーは、即効性があり、寝つきが悪い人に良く効く薬として知られています。
マイスリーについて詳しくは薬辞典をごらんください。
マイスリー錠5mg/マイスリー錠10mg

マイスリーとアルコールを一緒に飲むことは避けるべきだとされていますが、なぜ避けるべきなのか?どのような影響があるのか?
マイスリーとアルコールとの飲み合わせについて解説します。

マイスリーとお酒の併用はなぜいけない?

寝酒が習慣になっていてもなかなか眠れない場合、合わせて睡眠薬を飲めばより効果的では・・と思いがちです。しかし、マイスリーの添付文書にはアルコール(飲酒)について以下の記載があります。


精神機能・知覚・運動機能等の低下が増強することがあるので、できるだけ飲酒を控えさせること。

併用により相互に中枢神経抑制作用を増強することがある。

マイスリー添付文書


添付文書上は、「できるだけ飲酒を控える」となっているため、飲酒は絶対にいけないとはされていませんが、基本的には避けるべきです。
そもそもどんな薬でも、アルコールとの併用を推奨するものはありませんが、マイスリーはアルコールと併用することによって、精神や運動機能への影響が強く出ることがあります。
実際にほとんどの医師は薬を処方する際に、お酒との併用を禁じるよう伝えています。

マイスリーとお酒を併用すると生じる危険性

マイスリーとお酒を併用した場合、以下のような問題が指摘されています。

脳の機能が低下し過ぎる

マイスリーとアルコールには、どちらも脳の活動を抑える鎮静作用と睡眠作用があるため、両者を併用すると必要以上に脳の機能が低下します。
本来マイスリーは、寝つきを良くする「超短時間型」といわれる薬で、速く効き、早く体から抜けていくため、翌朝まで睡眠薬の効果が残りにくいのが特徴です。
ところが両者を併用すると、肝臓での分解に時間がかかり、薬はアルコールよりも後に分解されるため、薬が体内に長時間とどまることになり、朝になっても睡眠作用が残ってしまいます。
その結果、起きても眠く、意識がもうろうとしたり、集中力や判断力が低下するなど、日常生活にさまざまな支障を起こしてしまいます。

相互の依存性が増す

睡眠薬もアルコールも依存性が認められています。依存症とは、体がそれを欲し、それがないといられなくなる状態です。
アルコール依存症は、抜け出すには困難だということは広く知られていますが、睡眠薬とアルコールを併用することにより、両方の依存性が高まります。

毎日寝酒をしていると体が慣れてしまい、少しの量では眠気が訪れず飲酒量が増えていきます。これを耐性といいますが、睡眠薬も同様に摂取量が多くなると耐性ができ、より多く摂取しないといられなくなるのです。
もともと睡眠作用がある両者を併用すると、依存性と耐制が相互に作用してしまいます。これにより血中濃度を高めてしまうため、適切な薬の量が分からなくなり治療にも支障が生じます。
精神的な依存にもつながり悪循環となるため、睡眠薬マイスリーとアルコールの併用はしないことが大切です。

副作用が強くでる

マイスリーの主な副作用として、発疹、そう痒感、ふらつき、眠気、頭痛、倦怠感、残眠感、悪心などが報告されています。
通常、用法容量を守れば比較的副作用は起きにくいとされていますが、アルコールとの併用により、もうろう状態、幻覚、一過性前向性健忘(入眠前・中途覚醒時の出来事を思い出せない)や、全身倦怠感、食欲不振、呼吸抑制、肝機能障害など、重篤な副作用が出やすくなります。

このように、副作用は眠気が強く出るだけでなく、依存症をはじめさまざまな症状を引き起こします。時に自分の意思とは無関係な異常行動をしたり、ケガや事故など二次的な問題にもつながります。
睡眠薬とアルコールの併用は、このような危険性やリスクがあることを知っておきましょう。

お酒を飲んでしまった・どうしても飲みたい時はどうする?

睡眠薬とアルコールとの併用は、絶対に避けなければなりませんが、仕事や付き合いなどで、どうしてもお酒を飲まなければならない日もあるかと思います。また、寝酒をしないと眠れないと思うこともあるのではないでしょうか。
そんな時は、以下のポイントを守りましょう。

どちらかを我慢する

睡眠薬とお酒の併用がいかに危険であるかを心のとめることが大切。
もし医師に黙って睡眠薬とアルコールの服用を続けていると、正しい治療にならず、相互の依存症をはじめとする、重大な副作用に苦しむことになります。
お酒を飲んだら睡眠薬を飲まない、睡眠薬を飲んだらお酒は飲まないを守りましょう。

ノンアルコールで代用

どうしてもお酒が飲みたい時は、ノンアルコールビールなどを飲むようにしましょう。ノンアルコールであれば肝臓への負担も少なく、脳の活動が抑制されることもありません。寝酒の習慣を止めることがベストですが、すぐに止められない場合はこのような工夫をしてみましょう。

医師に相談

飲酒からある程度時間が経っていれば、睡眠薬を服用しても問題ない場合はありますが、その場合はどれくらい時間を空けるべきなのか、必ず医師に相談しましょう。
また、睡眠薬を飲んでいなくてもアルコール依存に陥って寝酒が辞められない…どんどん飲酒量が増えている…という場合も、医師に必ず相談しましょう。

さいごに:睡眠薬はあくまでも補助的に活用

睡眠薬を正しく服用しても、なかなか不眠が改善しないこともあります。
服用している薬が合っていないということもありますが、不眠は不安など精神的要素の他にも、生活習慣、病気の影響、環境などさまざまな要因があり、それぞれに治療法が異なります。
睡眠薬を服用し続けても改善しない長期の不眠に対しては、睡眠薬以外の根本的な治療が必要です。睡眠薬は、あくまでも睡眠をサポートする補助であり、不眠治療の全てではありません。
決して依存したり、アルコールとの併用などをはじめとする乱用はせず、必ず自分の状況を医師に相談することが大切です。

マイスリーのお役立ち情報

マイスリーに関連するQA

ピックアップ特集