マイスリー(ゾルピデム)が効かない原因・理由と対処方法について

睡眠薬マイスリー(成分名:ゾルピデム)は不眠症の人に多く処方されている薬です。薬を飲んでも眠れない、薬が効かないときの対処法や注意点を解説します。

マイスリー(ゾルピデム)を飲んでも眠れない時はどうすればいい?

日本人の成人の5人に1人が悩んでいるといわれる不眠。
多くの人が抱えている身近な悩みですが、一口に不眠といってもさまざまな原因やタイプがあるため、医師にきちんと診断してもらうことが大切です。

不眠治療のひとつに睡眠薬が処方されることあります。症状によってどの薬が良いか判断してもらえるのですが、中には医師の指示通りに服用しても、薬が効かない場合もあります。

もし処方された薬が効かないと感じた時は、どうすればよいのでしょうか。
今回は睡眠薬の代表的なお薬であるマイスリーが効かない理由と、その対処方法について解説します。

なお、マイスリーの成分は「ゾルピデム」という名前のもので、最近はマイスリーのジェネリック医薬品としてゾルピデム錠などが登場しており、こういった名称のものをご利用されている方も多いかと思います。

ゾルピデム錠などのジェネリック医薬品も使用方法や気をつけるべきポイントや効き方・副作用などもマイスリーと同様になりますので、ゾルピデムを使用されている方も同じようにこちらの情報をご参考いただけます。

マイスリーは入眠障害に効果的な睡眠薬

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、脳内の興奮を抑えて入眠をサポートします。
「超短時間型」と呼ばれる薬で、なかなか寝付けない入眠障害のタイプによく効く薬です。



マイスリーは入眠作用に特化した薬で、即効性に優れ、服用してから1時間未満で効果が最大に達します。効き目は早いのですが、服用後2時間程度経つと効果が半減し、5~6時間前後にはほとんどの量が消滅します。そのため、翌朝まで眠気が残るなどの副作用が少ないのも特徴です。
これにより、マイスリーは寝つきが悪い入眠障害には有効ですが、夜中に起きてしまう中途覚醒や、早朝に起きてしまう早朝覚醒の人には向いていません。

マイスリーについて詳しくは関連記事をごらんください。
関連記事:マイスリーが効くまでの時間、持続する時間とその効能効果とは?

マイスリーが効かない原因・理由

入眠障害に効果があると期待して服用しても、なかなか寝付けずマイスリーが効かないという人もいます。
マイスリーを飲んでも眠れない理由には、以下があげられています。

イライラや不安などの精神的要素が起因している

睡眠薬にはベンゾジアゼピン系の薬と非ベンゾジアゼピン系の薬があり、マイスリーは非ベンゾジアゼピン系の薬です。
ベンゾジアゼピン系は、睡眠作用の他に、抗不安作用や筋弛緩作用などもあるため、精神的な不安や緊張による不眠やうつ病などの治療にも使われています。
対して非ベンゾジアゼピン系は、睡眠作用に特化した薬で、抗不安作用と筋弛緩作用にはなるべく反応しないように改良された、比較的新しい睡眠薬です。

不眠は精神的要素が関係していることがよく見られますが、マイスリーはあくまでも入眠をサポートする睡眠薬のため、ストレス自体を解消してくれるものではありません。
精神的ストレスや不安などが原因で眠れない場合は、抗不安作用があるベンゾジアゼピン系の睡眠薬(ハルシオンなど)の方がよい場合があります。不眠の原因によって処方する薬も異なってくるため、マイスリーが効かないと感じたら、必ず医師に相談しましょう。

薬が体質に合っていない

同じ薬を服用しても、全ての人が同じ効果的を得られるとは限りません。薬の効果や副作用の出方は、それぞれ体質により異なることがあります。
不眠のタイプが入眠障害の場合、基本的には超短時間型の薬が処方されますが、マイスリー以外にも同類の薬には、ハルシオンアモバンルネスタなどもあります。
もしマイスリーが効かないなら、お薬を変更してみるのも1つの方法です。
効果がないのに漫然と飲むことはせず、主治医によく相談し、自分に合っているかどうか判断してもらいましょう。

長期服用していると薬に耐性ができてくる

睡眠薬を飲み続けていると、体が慣れて効かなくなる「耐性」ができてきます。マイスリーは睡眠薬の中では耐性が低い薬とされていますが、長期間の服用により耐性が生じることもあります。
睡眠薬はあくまで睡眠をサポートする補助であり対症療法のため、根本的に不眠を解消できるわけではありません。
睡眠障害は不安などの精神的な要素だけでなく、病気による影響や環境など、さまざまな要因があるため睡眠薬と並行して根本的な治療が必要です。
睡眠薬だけに頼り、長期服用すると効かなくなることがあるため注意が必要です。

薬が効かないからといってやってはいけないこと

睡眠薬を服用しているのになかなか眠れない時、ついやってしまう危険な行為があります。
薬が効かないからといって、以下のことは絶対にしないようにしましょう。

服用量を増やす

本来、睡眠薬は眠れるようになってきたら薬の量を徐々に減らしていき、薬を止めることが目的です。
ところがマイスリーは比較的安全性が高い薬とされているため、眠れない不安から安易に飲み過ぎてしまうケースがあります。
睡眠薬は過剰摂取すると、より耐性が高まりどんどん量が増え、依存症になってしまうことがあります。それに伴い副作用も出やすくなります。効かないからといって勝手に服用量を増やすことは絶対にしないことです。

薬と一緒にアルコールを飲む

睡眠薬とアルコールとの併用は絶対にしてはいけません。
不眠に悩んでいる人の中には、寝酒を習慣にしている人も多く見られます。睡眠薬もアルコールも睡眠作用があるため、一緒に飲むと良く眠れるのではないかと勘違いしやすいのですが、これは非常に危険です。

マイスリーとアルコールを併用する危険性について詳しくは関連記事をごらんください。
関連記事:睡眠薬マイスリーと酒・アルコールとの飲み合わせについて

服薬を勝手に止める

睡眠薬は、過剰摂取をしてはいけませんが、勝手に止めると「離脱症状」がおきることがあります。離脱症状は、体に薬があることが当たり前の状態から急になくなることで、不安が強くなり以前より不眠がひどくなったりすることです。
睡眠薬の用法用量は必ず医師の指示に従いましょう。
また減薬や断薬についても自己判断はせず、必ず医師に相談し計画的に行うことが大切です。

さいごに:他の薬を併用する時は医師に相談を

睡眠薬を服用している時は、他の薬との飲み合わせには十分な注意が必要です。
市販薬にも眠気を起こす作用の薬があり、併用すると、重篤な副作用が出ることがあります。
睡眠薬を飲んでいる時は、医師から指示されたお薬以外のものを一緒に飲むことは、絶対に避けましょう。
もし市販薬をはじめ、他の薬を使う際は、事前に必ず医師に相談しましょう。

ミナカラおくすり辞典
マイスリー錠5mgマイスリー錠10mg

マイスリーのお役立ち情報

マイスリーに関連するQA