マイスリーを個人で購入することは可能か?

「夜になると身体は疲れているのに何故か寝付けない」といった、不眠の症状に悩む人は多いかと思います。
ある調査によれば、なんと日本人の5人に1人が不眠症に悩んでいるとのこと。

不眠の症状を緩和させるために、よく使用されるのが睡眠薬ですね。
数ある睡眠薬の中でも割と世に知られているのが、マイスリーというお薬です。

不眠の症状を今すぐ何とかしたいが、病院へ行く時間がない!という人にとって、マイスリーが個人的に購入できたら便利でしょう。
そこで今回は、マイスリーは薬局やインターネットで個人購入することが可能なのか、解説します!

 

マイスリーってどんな睡眠薬?

はじめに、そもそもマイスリーとはどの様な睡眠薬なのか解説しましょう。

マイスリーは、非ベンゾジアゼピン系という種類に分類される睡眠薬です。
睡眠薬はさらに、作用する時間によって種類が細かく分類されるのですが、マイスリーは超短時間型といって、即効性があるお薬として知られています。

平均的にお薬を服用してから1時間未満で効果が最大に達し、2時間程度経つと効果が切れてきます。

そのため、なかなか寝付けない入眠障害に悩む人に有効です。
反対に、夜中に起きてしまう中途覚醒や、早朝に起きてしまう早朝覚醒の人にはマイスリーは向いていません。

 

マイスリーに市販薬はありません!

睡眠薬は欲しいけど、病院へ行く時間が無いという人にとって、薬局やインターネットで睡眠薬を手にいれることができれば嬉しいですよね。

しかし、残念ながらマイスリーに市販薬はありません
さらに残念なことに、マイスリーと同じ成分を含む市販薬も存在しません

そもそも薬局で販売されているドリエルなどのお薬は、睡眠薬ではなく睡眠改善薬であり、マイスリーなどの睡眠薬とは全く別物です。

睡眠薬と睡眠改善薬は何が違うの?

睡眠薬と睡眠改善薬は成分や作用など違いは様々ありますが、大きな違いは以下の点です。

・睡眠薬→不眠症状に有効
・睡眠改善薬→一時的な不眠症を緩和するお薬

睡眠改善薬は、慢性的な不眠症状に効果はなく、あくまで一時的な不眠症状に使用されるものです。1週間以上つづく不眠は慢性的な不眠と言えるため、市販の睡眠改善薬による症状の緩和はあまり見込めません。

時差ボケで眠れなかったり、不規則な生活リズムで一時的な不眠に悩んでいる、という方であれば、睡眠改善薬でも効果が得られる可能性があります。
上記に該当する方は、睡眠薬を服用する前に、まずは睡眠改善薬を服用してみるのも1つの手でしょう。

ペネロッピー錠 270錠

錠剤になっているので漢方独特の苦味が苦手な方でも飲みやすくなっています。漢方の酸棗仁湯を抽出したペネロッピー錠は、疲れや不安、ストレスなどからくる不眠に効果が期待できます。

東洋医学では血流が乱れると不安や疲れが悪化し不眠につながるとされています。酸棗仁湯は血の巡りを改善し、不安や疲れからくる不眠をやわらげます。

また、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師へ無料相談することが可能です。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談ができるので、安心して薬を使用することができます。

マイスリーの個人購入・個人輸入は法律違反!

マイスリーには市販薬は無いといっても、個人輸入の通販サイトでマイスリーが販売されているのを見たことがある、という人がいるかと思います。

しかし!インターネット通販でマイスリーを購入することは絶対にやめてください!
なぜなら、マイスリーを個人購入・個人輸入することは法律違反だからです。

お薬は種類によって、個人での輸入が禁止されているものがあります。

「麻薬及び向精神薬取締法」の規定により、医療用の麻薬又は向精神薬を、医師から処方された本人が携帯して入国する場合を除いて、一般の個人が輸入することは禁止されており、違反した場合には処罰されます。

厚生労働省ホームページ

上記を読んで頂くと、向精神薬の個人輸入が禁止されていることが分かりますが、実はマイスリーは向精神薬に分類されます

マイスリーを個人的に輸入すると、5年以下の懲役、営利目的での輸入に対しては7年以下の懲役(200万円以下の罰金併科あり)の罰則が科されます。

万が一、マイスリーを個人輸入できるインターネットサイトを見つけても、購入することは絶対にやめましょう。

 

睡眠薬が欲しい場合は医師の診察を絶対受けましょう

マイスリーを手にいれるためには、医師の診察と処方箋が絶対に必要であることがお分かり頂けたかと思います。

睡眠薬には様々な種類があり、どのお薬が合っているかは医師の診察を受けないとわかりません。
また、睡眠薬には副作用がつきものですので、必ず医師の診察を受けたうえで、正しい用法用量を守って使用をしましょう。