ミオナールの効果

ミオナールは筋肉の血流を良くする薬です。腰痛や肩こりなど、筋肉のこりを改善するのに使用されます。

また、脳血管障害・痙性脊髄麻痺などの脳脊髄の病気により、筋肉がつっぱったまま動かなくなった場合、筋肉を緊張させている神経を鎮めて凝りをほぐしたり痛みを緩和させる効果があります。

ミオナールの添付文書によると、効能・効果は以下のとおりです。

効能又は効果
下記疾患による筋緊張状態の改善
頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、腰痛症

下記疾患による痙性麻痺
脳血管障害、痙性脊髄麻痺、頸部脊椎症、術後後遺症(脳・脊髄腫瘍を含む)、外傷後遺症(脊髄損傷、頭部外傷)、筋萎縮性側索硬化症、脳性小児麻痺、脊髄小脳変性症、脊髄血管障害、スモン(SMON)、その他の脳脊髄疾患

ミオナール錠50mg/ミオナール顆粒10% 添付文書

ミオナールは肩こりや頭痛に効果あり

ミオナールは筋肉のこりや緊張している神経を鎮める作用があることから、肩こりにも効果を発揮する薬です。重度の肩こりなどで病院を受診するとよくミオナールが処方されます。

ストレスや緊張によって首や肩の筋肉がこり、血行障害などをおこすことであらわれる頭痛を緊張型頭痛といいますが、緊張型頭痛にもミオナールは有効です。

首や肩の筋肉のこりを改善することで血行障害がやわらぎ、緊張型頭痛も改善されます。なお、ミオナールは緊張型頭痛以外の頭痛には有効ではありません。

ミオナールの用法・用量

ミオナールは、エペリゾン塩酸塩が成分の薬です。剤形は錠剤(ミオナール錠50mg)と顆粒(ミオナール顆粒10%)の2種類があります。

使用量について目安はありますが、年齢や症状によって医師が調整します。医師の指示をまもって使用してください。

【ミオナール錠50mg】
通常、1錠(エペリゾン塩酸塩として50mg)を毎食後・1日3回使用します。

【ミオナール顆粒10%】
通常、0.5g(エペリゾン塩酸塩として50mg)を毎食後・1日3回使用します。

ミオナールの副作用

副作用として、発疹、眠気、不眠、頭痛、悪心・嘔吐、腹痛、下痢、便秘、口の渇き、食欲不振、全身倦怠感、ほてりなどがあらわれます。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

また、以下のような症状は、重大な副作用の初期症状である可能性があります。これらの症状があらわれた場合はミオナールの使用をやめ、医療機関を受診してください。

【重大な副作用の初期症状】
・発赤
・じんま疹
・かゆみ
・呼吸困難
・発熱
・平らな赤い発疹や水疱
・眼の充血

ミオナールは副作用の心配が少ない薬

ミオナールの添付文書によると、副作用があらわれたのは使用者全体の約3.5%であったと記述されています。

発疹や眠気がなどがあらわれる可能性もあるミオナールですが、頻度は少ない薬です。使用において過度に心配することはありません。

ただし、副作用がまったくないとは言い切れません。薬を使用した後、心配なことがおこった場合は医師や薬剤師に相談してください。

ミオナールを使用してはいけない・慎重に使用すべき方

ミオナールの成分であるエペリゾン塩酸塩に対して過敏反応をおこしたことがある方はミオナールを使用できません。重大な副作用があらわれる危険性があります。

エペリゾン塩酸塩に限らず、薬物に対して過敏反応をおこしたことがある方は副作用があらわれる可能性があり、肝障害のある方はミオナールを使用することで肝機能を悪化させる可能性があります。慎重に使用してください。

ミオナールの飲み合わせ

成分にメトカルバモールを使用している薬との併用には注意が必要です。眼の調節障害があらわれたとの実例が報告されています。メトカルバモールを使用している薬には、ミオナールと同類の骨格筋弛緩剤・骨格筋痙攣弛緩剤であるロバキシン顆粒90%などがあります。

また、薬とアルコールの飲み合わせはよく注意をされますが、ミオナールの添付文書ではアルコールとの飲み合わせに関して特に注意をしていません。

しかし、アルコールを飲むと薬の吸収・代謝・効果などに影響がでることがあります。ミオナールにおいてもアルコールとの併用は注意してください。

ミオナールとロキソニンの飲み合わせ

ミオナールが処方されるとき、ロキソニンが同時に処方されるケースがあります。

この2つの薬の働き方には違いがあり、働き方が違う2つの薬を合わせて使用することで、より高い効果が期待できる場合があります。

また、部位によっては、ミオナールは筋肉のこわばりに作用するのに対し、ロキソニンは筋肉の痛みの原因に作用して症状を改善します。

なお、ミオナールの成分であるエペリゾン塩酸塩とロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムは、お互いの作用を邪魔することなく、併用に対する危険性も基本的にはありません。

ミオナールとデパスの飲み合わせ

デパスは不安や緊張感をやわらげ、リラックスをさせる精神安定剤ですが、緊張や不安が原因となる筋緊張・筋肉のこりをやわらげる効果もあります。

緊張や不安が原因となる肩や首のこりは、緊張型頭痛をまねく場合もあるため、デパスを使用することで改善が期待できます。

デパスとミオナールは筋肉のこりをほぐす薬ですが、その働き方は異なります。働きの異なる薬を併用することで、緊張型の肩こりや頭痛の改善を期待して処方されることがあります。

なお、ミオナールの成分であるエペリゾン塩酸塩とデパスの成分であるエチゾラムの併用に対する危険性は基本的にありません。

ミオナールのジェネリック医薬品

ミオナール錠には、効果が同じとされているジェネック医薬品の販売もされています。

ミオナール錠50mg・1錠分の薬価は17.1円ですが、ジェネリック医薬品は5.6〜7.3円となっています。そのためジェネリック医薬品を選択した場合、9.8〜11.5円安く購入することが可能です。

なお、ミオナール顆粒のジェネリック医薬品、ミオナールと同成分の市販薬は販売されておりません。

ミオナール錠50mgのジェネリック医薬品
名称 薬価(円)
エペソ錠50mg 5.6
サンバゾン錠50mg
ミオナベース錠50mg
ミオリラーク錠50mg
エペリゾン塩酸塩錠50mg「◯◯」
(エペリゾン塩酸塩錠50mg「日医工」など)
5.6〜7.3
アチネス錠50 7.3

(いずれの薬価も2017年8月時点)

おわりに

ミオナールは肩こりや腰痛など、私たちに比較的身近な症状改善のために処方されることも多い薬です。また、単剤で使用するばかりでなく、他の薬と一緒に使用することもあります。

いくつかの薬を同時に使用した時に副作用がおこった場合、どの薬が原因かわかりづらいこともあります。ミオナールは副作用があらわれる可能性が低い薬ですが、ミオナールが副作用の原因となりうる場合もあります。

薬の使用や使用後に不安がうまれた場合は、医師・薬剤師に指示をあおいでください。正しく薬を使用することで最適な治療ができるといいですね。

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ