風邪などの時に処方される薬のなかでアレルギーの薬として有名なアレグラが出ることがあります。今回はそのアレグラの風邪の際の鼻水に対する効果について解説していきます。

アレグラの基本的な効能・効果については別記していますのでそちらをご覧ください。

参考:アレグラの効能・効果について

 

アレグラは風邪の鼻水にも効く!?

大半の人がアレグラと聞くと花粉症などアレルギーに効く薬というイメージを持っていると思います。

それはその通りでして、アレグラはアレルギー症状の原因となるヒスタミンを抑える作用があり、眠気などの副作用は少なからずありますが鼻水の症状を抑えるのには有効な薬です。

 

そして問題の風邪のときの鼻水に効くのかということですが、結論から言うと効きます。

しかし風邪による鼻水とアレルギーによる鼻水は異なるものですので一定の効き目は期待できますがそこまで期待できないかもしれません。

また、風邪の際に出る鼻水は細菌やウィルスを排出する役割も兼ねているのでむやみやたらと鼻水を止めてしまうのはあまりよくないです。しかし医師から処方していただいている場合は根拠があって処方されていますので医師の指示を守ってしっかりとお飲みください。

ただ風邪で鼻水が出ているときなどに花粉症でアレグラを出してもらって余っているからとりあえず飲もうという感じで飲むのはおすすめできません。風邪をひいた際は病院へ行き医師にしっかりと診てもらい的確なお薬を処方してもらいましょう。

 

アレグラ服用時の注意

妊婦・妊娠している可能性のある方は基本的には服用しません。医師の判断で必要とされた場合にのみ処方されます。

授乳婦の方はアレグラ服用中には授乳を避けることとありますので授乳中の方は医師と相談しましょう。

また他のアレルギー薬(タリオンアレジオンアレロックなどの抗ヒスタミン成分含有の薬)を飲んでいる方は一緒に飲むと眠気などの副作用が出やすくなってしまいますので、必ず医師に相談しましょう。ただ治療上必要であれば複数種類を飲むこともあります。

 

終わりに

アレルギー症状を抑えるのによく使われるアレグラですが、風邪の際にもあまり頻度は高くないですが処方されることもあり幅広く使われています。

また副作用はあまり出ないですが、眠気など出ることもありますので用法用量を守って服用しましょう。

その他にも何か気になることあれば医師・薬剤師に相談しましょう。