花粉症のシーズンになると大活躍する薬がアレグラです。

アレグラは花粉症などのアレルギー症状に使われる薬で、高い効果が期待できるうえに副作用の眠気がでにくいという画期的な特徴を持っています。

また、アレグラは処方薬だけではなく同じ成分の市販薬「アレグラFX」も販売されており、花粉症のシーズンにはとても多くの人に使用されている薬です。

しかし、ここ最近アレグラの効果がなかなか実感できないと感じる人も少なくないようです。

この記事では、アレグラの効果が感じられない場合に考えられる原因、効かない時の対処法、アレグラの代わりに使える処方薬・市販薬を現役薬剤師が解説します!

アレグラが花粉症に効かない理由は?

薬の効果の出方にはもちろん個人差はありますが、薬の本来の効果を正しく得られていない場合もあります。

1日2回使用していない

アレグラは朝と夕方の1日2回使用する薬です。

近年は1日1回の使用で効果は一日中続くとする薬が増えているため、同じ要領でアレグラを1日1回だけ使用すると、当然薬の効き目も弱くなります。

アレグラの効果は短期間では感じにくい

アレグラは基本的には花粉シーズンを通して服用を続けることが推奨されます。そのため、飲み始めの数日は強い効果を感じられないこともあります。

処方薬の場合は医師から処方された用法用量を正しく守って、症状の変化を観察しましょう。なお、市販薬のアレグラFXを1週間服用しても症状の改善が見られない場合は、医師や薬剤師に相談してください。

アレグラは効果が比較的弱い

アレグラは決して効果が強い薬ではありません。

近年使用される花粉症の薬の中では、比較的効果は弱い薬に分類されるため、重度の花粉症の症状には効果が感じられないこともあります。ただし、効果が強くないといっても軽度〜中等度の花粉症には十分に効果が期待できます。

アレグラが効かないときにまずはやっておきたい対処法!

アレグラが効かないと感じた時にまずは確認しておきたいことや、日常でもできる対処法をいくつか紹介していきたいと思います。

使用方法を確認!

アレグラが効かないと感じた時にまず確認して欲しいことは、正しい用法用量で使用できているかということです。

アレグラは処方薬・市販薬にかかわらず1日2回使用する薬です。

もし1日1回しか服用していなかったり、不規則な飲み方をしている場合は、正しい使用方法を確認し指示通りに使用しましょう。

薬以外の花粉症対策!

花粉症は日常生活でもできる対策がたくさんあります。薬にプラスして対策を行うことで、症状の緩和につながります。

◼︎外出する時間帯を選ぶ

天気や地域によっても異なりますが、花粉が最も飛散する時間帯は、昼前から15時くらいまでです。花粉が飛散している時間帯は極力外出を控えたり、洗濯物を外に干さないように注意しましょう。

◼︎帽子・メガネ・マスクの着用

花粉を身体に付着させない、体内にとりいれないことも大切です。外出時の習慣にしましょう。

◼︎室内に入ったらうがい・手洗い

外から室内に入ったら、うがい、手洗いで付着した花粉を落としましょう。自宅などで可能であれば洗顔も有効です。花粉症対策だけではなく風邪予防にもつながるので実施しましょう。

自己判断で薬の量を増やさない!

アレグラが効かないなら、1回の量や飲む回数を増やせば良いのでは?と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、薬の効果を感じられないからといって自己判断で薬の量や回数を増やすことは絶対にやめましょう。

アレグラを1回2錠に増やしたり、1日3回飲んだからといって、必ずしも効果が増すわけではありません。何よりも、薬を増やすことで眠気をはじめとした副作用のリスクが高くなります。

※医師から1回2錠飲むように指示されている場合や、アレグラ30mgの規格を使用している場合は1回2錠使用するケースがあります。

アレグラの代わりに使える処方薬は?

日常の範囲でできる対策を行ってもアレグラが効かない場合は、薬を変えるのも一つの有効な手段です。

アレグラ以外にも花粉症の処方薬は数多くあるので、どうしても効き目が感じられずつらい場合は、薬を処方した医師に相談しましょう。

今回はアレグラの代わりになるような薬をいくつか紹介します。

なお、紹介する薬はあくまで一例であり、必ずしも全員の症状に当てはまるわけではありません。処方薬は、最終的には医師が患者の症状に最も適した薬を選ぶため、医師の指示に従いましょう。

《代表的な薬を比較》

  眠気 効果
アレグラ ★★★ ★★★
クラリチン ★★★★ ★★★
タリオン ★★ ★★★★

※薬の眠気や効果の感じ方には個人差があります。

眠気を抑えたい:クラリチンやディレグラ

アレグラの最大の特徴は眠気が出にくいという点です。アレグラと同じように眠気が出にくい薬では、クラリチン、ディレグラが選択肢になります。

クラリチンはアレグラと同じグループに属する薬の中でもほとんど眠気が出ないといわれています。

花粉症の薬は添付文書でも車の運転などが注意喚起されている薬がほとんどですが、アレグラとクラリチンは車の運転などの注意事項はありません。

ただし、花粉症に対する効果の強さもアレグラとあまり変わりないといわれています。薬の効果の出方は身体との相性もあるので、アレグラは効かなかったけどクラリチンは効いたということもありえるので、試してみる価値はありそうです。

ディレグラも眠くなりにくい花粉症薬の一つです。

ディレグラは二つの成分が含まれている薬であり、その一つはアレグラと同じフェキソフェナジンという成分、もう一つは眠気とはあまり関係がない塩酸プソイドエフェドリンという成分です。そのため眠気の出やすさは基本的にアレグラとほとんど変わらないと考えらます。

ディレグラは特に鼻づまりの症状に対して効果が高いとされており、鼻づまりが気になるような場合はディレグラなら高い効果が実感出来る可能性があります。ただし、ディレグラは長期には使用できないためご注意ください。

なお、クラリチン、ディレグラとも、アレグラと同様に全く眠気が出ないといえるわけではありません。薬の使用開始直後は特に注意しましょう。

より効果が強い薬:タリオンやアレジオン

アレグラが効かない場合は、より効果が強いとされている薬を試してみましょう。

「タリオン」はアレグラよりもやや効果が強いと言われている薬の一つです。アレグラよりも眠気が出やすいという報告もありますが、眠気の出やすさも個人差によるものが大きいです。

「アレジオン20」は市販薬でも同じ名前で販売されており、アレグラと同じくらい非常に有名な薬ですが、アレジオンも一般的にアレグラよりも効果が強いと考えられています。

眠気もアレグラよりは強く出てしまうと言われていますが、アレジオンの特徴として1日1回の使用で効果が現れるため、寝る前に飲んでしまえば眠気の出やすさも大きなデメリットにはなりません。

とにかく効果が強い薬:ザイザル・ジルテック・アレロック

現在花粉症などで使われる薬の中でも効果が強い部類に入るのが「ザイザル」、「ジルテック」、「アレロック」です。

ジルテックやアレロックは、副作用の眠気はでやすいとされているものの、強い効果が期待できます。眠気の出やすさは個人差が大きく中には気にならない人もいるので、効果が強い薬を求める場合は良い選択肢になりますね。

ザイザルはジルテックの成分を改良したものであり、効果は強いものの、眠気も比較的出にくくなった薬です。いいとこ取りの特徴から、ザイザルも近年は非常によく使われるようになった薬の一つです。

アレグラの代わりに使える市販薬

アレグラの処方薬をもともと使っていた方は、他の薬に変える場合も医師の適切な診察のもと、別の処方薬に変えてもらうのが最も安全で効果的と考えられます。

しかし、時間がない場合や処方薬が切れて一時的に花粉症症状をしのぎたい場合などは市販薬も有効な選択肢といえます。

もともと市販のアレグラFXを使っていたけれど別の薬に変えたい、といったケースも以下の内容を参考にしていただければと思います。

眠くなりにくい薬:クラリチンEX

アレグラと同じグループに分類される薬の中では、処方薬のクラリチンと同じ成分を使用している「クラリチンEX」があります。

クラリチンEXもアレグラと同じくらい眠気が出にくいとされています。

なお、クラリチンEXは要指導医薬品に指定されているため、購入の際には使用上の安全性などについて薬剤師から説明を受ける必要があります。

クラリチンEXは薬剤師がいる薬局やドラッグストアで購入が可能です。インターネット通販などで購入することはできません。

市販薬でもとにかく強い薬を!という場合

とにかく効果が強い薬が欲しい!というときには、「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」をお勧めします。

コンタック鼻炎ZとストナリニZはどちらもセチリジンという成分を含んでいる市販薬です。

眠気も比較的出やすいと言われていますが、これらも1日1回の使用ですむため、寝る前に使用すれば眠気も気になりにくいでしょう。

ザジテンAL鼻炎カプセルも花粉症などに対する効果はかなり強いと言われています。その分眠気には注意が必要となりますが、人によってザジテンの成分が最も効果的というケースもあるので、試してみたい市販薬のひとつです。

おわりに

アレグラの効き目の感じ方や副作用にはあくまで個人差があります。また、薬との相性も個人によって異なります。

用法用量を守って使用していても、効き目が感じられない場合は、我慢しすぎずに医師や薬剤師に相談しましょう。