アレグラ(成分名:フェキソフェナジン)やそのジェネにリック医薬品であるフェキソフェナジンは、花粉症などで現在非常によく使われる薬の一つです。

よく使われるが由にお酒やアルコールとの飲み合わせを心配する人も多いのではないでしょうか。

今回はアレグラやフェキソフェナジンとお酒、アルコール類との飲み合わせというテーマで解説していきたいと思います。

 

アレグラ・フェキソフェナジンはお酒、アルコールとも問題なし

アレグラ、フェキソフェナジンは各製薬会社からの公式の情報では、お酒、アルコールとの飲み合わせについて、特に注意喚起はされていません。

したがって、アレグラを飲んでいる時にお酒やアルコール類を飲むことは基本的には問題ないと言えるでしょう。

 

とはいえアレグラを飲むときはお酒、アルコールの飲む時間はなるべく空ける

とは言え、薬は一般的にお酒と一緒に飲むことはあまりいいとされていません。

それはアレグラについても例外ではなく、アレグラの使用期間中にお酒やアルコール類を飲む場合は、薬とアルコール類を飲む時間の間隔を空けることがより安全と言えるでしょう。

また、アレグラ、フェキソフェナジンの処方医の先生などから薬とお酒、アルコールのそれぞれ飲む時間の指示があった場合はそれに従うようにしましょう。

 

薬とお酒やアルコールを一緒に飲むことが推奨されていない理由は

そもそも薬とお酒、アルコール類を一緒に飲んでいけない理由は、一緒に飲むことによって薬の効果が出すぎてしまう可能性(もしくは効果が弱まってしまう可能性)があるためです。

これは薬やアルコール類の吸収や代謝が影響しており、その影響は薬によって様々で、アレグラは比較的影響は少ないと考えられているため、特別な注意喚起はされていません。

しかし、人によっては多少は影響を感じる可能性も否定できません。

また、アレグラは眠気がほとんど出ないと言われていますが、人によっては眠気を感じる人もおり、アルコールを飲むことによって眠気を強く感じるようになる可能性も否定できません。

このような理由からも、あまり極端な量のお酒は避けた方が安全といえるでしょう。

 

花粉症でクリニックに行くときはお酒を飲むことの相談も

基本的にはお酒、アルコールとの飲み合わせも問題ないアレグラですが、処方してもらう時に一言先生にも相談しておくのが、やはり最も安全と言えるでしょう。

相談の結果、薬やお酒を飲む時間や、どのくらいの量のお酒を飲んでいいかなどの目安のアドバイスをもらえるかもしれません。もし先生からアドアイスがあった場合はその内容に従うようにしましょう。

 

市販薬のアレグラFXは服用前後は飲酒できない

市販で買えるのアレグラFXは「してはいけないこと」の注意喚起で、「服用前後は飲酒しないでください」と注意喚起されています。

このような注意喚起がされている理由はやはり、一般的に薬をお酒やアルコールと飲むことが推奨されてないためと考えられます。

飲酒をする場合は、アレグラFXを使用する時間を調節することなどで対処をするようにしましょう。